ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
今週の一山目終了  只今、旅行中

昨夜は通常勤務を終えて、宿に戻ったのが21時。

部屋に荷物を置いて、夕食を食べに蒲田の街をうろつきますが、飲み屋に惹かれる店が多く、飲めない飲んべえにはとてもつまらない状態で、適当な店でそそくさと夕食を済ませました。

再び宿に戻ると、猫たちがお出迎え?

クリックすると元のサイズで表示します

24;30〜27:30で作業をして、雪降り出す中を宿に戻り、寝たのが4時半頃。

10時半に起きると割と雪が積もっています。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の窓から見えるのが、東急の駅では風情もありませんが・・

今日はこれから仕事で、業務終了が24時頃の予定です。
1

老神温泉・東明館  群馬県の温泉

2012年2月に立ち寄り湯しました。

老神温泉は、沼田から東へ車で50分ほど行った片品川沿いに約20軒の旅館がある温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り入浴受付を多くの旅館で行なっているそうですが、数ある中で東明館を選んだのは、お湯の評判がよさそうなことと、「ぎょうざの満州」という餃子チェーン店が旅館を居抜きで買い取り経営していて興味があったからです。

クリックすると元のサイズで表示します

ぱっと見は普通の温泉旅館という外観ですが、玄関に近づき、

クリックすると元のサイズで表示します

玄関の前の看板を見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉と餃子の宣伝が半々になっています。

館内に入って驚いたのは、とても新しい感じできれいなことです。

クリックすると元のサイズで表示します

2009年に閉館、2010年から「ぎょうざの満州」が経営していますがきちんとリニューアルしていたのでした。

フロント左が餃子屋、右に進んでいくと温泉です。

まずは温泉に入ってみることにしました。

きれいな廊下を歩いて行った

クリックすると元のサイズで表示します

奥に浴室はありました。

クリックすると元のサイズで表示します
脱衣所もきれいで

クリックすると元のサイズで表示します

オープンしたての施設のようでした。

内湯は、以前の施設を知らないので何とも言えませんが、きれいであることには変わりないのですが、少し大きめな温泉旅館にありがちな造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

少し灰色がかった濁り湯で、ほのかに硫黄の香りがします。

クリックすると元のサイズで表示します

冷えた体に染み入るようないいお湯を堪能できました。

内湯から続いて行ける露天風呂は、岩風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

渓谷になっている川のそばの露天風呂ですが、対岸に大きな建物の旅館が立ち並んでいるので、塀があって眺望はありませんが、庭園風の雰囲気を感じることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

訪れた日は時折雪が舞う寒い日でしたので、湯温はややぬるい感じでしたが逆にゆっくり漬かっていることができて、単純硫黄泉を堪能することができました。

長野県上山田温泉の日帰り施設「瑞祥」のお湯に似ているような気がしました。

入浴後は、ギョーザ屋に来ているので、渓谷を見下ろせるロビーの奥にあるきれいな食堂で食べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

『ぎょうざの満州』というチェーンがあることは知っていましたが、食べるのは初めてでした。

クリックすると元のサイズで表示します

いい温泉に入った後だけに、格別です。

餃子ともども温泉もこのまま大切にしてほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.mansyu.co.jp/oigami/toumeikan.html
【泉質】 単純硫黄泉    
【PH・泉温】 PH7.8 50.8℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜16;00
【立ち寄り料金】 600円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
4




AutoPage最新お知らせ