ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
いよいよ一週間の始まり  只今、旅行中

死のロードの始まりです。

が、

月曜日深夜作業→火曜日深夜作業

木曜日深夜作業→金曜日深夜作業

に急遽変更。

月曜日(つまり今日)と木曜日は本来は宿泊しなくていい上(でも予約しちゃったんですよね)に、家に帰るのは土曜日の朝!

水曜日と金曜日がスーパーハードになりそうですが、今日と木曜日は温泉旅気分で充電ということにします。(昨日も充電してますが・・)

ということで、下の写真の部屋で四泊します。

クリックすると元のサイズで表示します

情緒も何もない簡素なビジネスホテルの部屋ですが、先週宿泊した「スーパーホテル」の部屋よりも確実にぼろいですが、なんといっても温泉大浴場があるのが素晴らしい!

20時半過ぎにチェックインして、さっそく温泉へ。

そして部屋で湯上りビールで、充電開始です。

さて、どんな一週間になってしまうのでしょうか。

0

本日最後の温泉  只今、旅行中

4湯目にして最後の温泉は、計画では「佐野温泉・のぼり雲」の予定でしたが、湯楽の里のいも洗いでスーパー銭湯系の混雑の恐ろしさにびびって、計画変更。

金沢文庫で降りて、道に迷いながらやって来たのは「能見堂赤井温泉」という温泉銭湯です。

周辺は住宅が結構あるのですが、雰囲気はなぜか山中の一軒宿風。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は結構混んでいましたが、常連さんの多い温泉銭湯だけあってゆっくりと譲り合いながら入浴でき、満足の内に本日の湯巡りは終了です。
0

馬掘海岸  只今、旅行中

野比温泉を出て、目の前のバス停からバスに乗り京急久里浜駅へ出て、馬掘海岸駅で下車。

10分ほど歩くと海が広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

この海を一望できる露天風呂がある「横須賀温泉・湯楽の里」に来たのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の混み具合の通り、大混雑。

久々のいも洗い状態でした。

入館料金1200円はもったいないのですが、早々に退散しました。

日曜日ではなく、平日に来るべきでした。
0

のび温泉  只今、旅行中

シーズンオフと思っていたのに、観光客で賑わう三浦海岸駅から戻り降りたのが、

クリックすると元のサイズで表示します

野比の前のYRPの意味がよくわかりません。

駅から『尻こすり坂』という、これまた変わった名前のついた道を15分ほど歩くと「野比温泉」なるB級感あふれる外観の温泉に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

『のび』という名前に惹かれて来たわけではなく、お湯に期待してやって来ました。

入ってみると、ぬるすべする素晴らしい重曹泉です。

おそらく今日一番の温泉となるでしょう。

しかし、近いのにめったに行かない三浦半島ですので、更に次の温泉を目指します。

0

本日の一湯目  只今、旅行中

駅から歩いて五分ほどの場所に建っている巨大なリゾートホテル「三浦マホロバ・マインズ」に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

館内、お風呂も賑わっています。

温泉はとろみがある柔らかいお湯でしたが、このような施設にしては悪くないという感じでしょうか。

次からが本番です。
0




AutoPage最新お知らせ