ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
三浦海岸駅  只今、旅行中

土曜日休めたためか、朝三時半に目覚めてしまいました。
こんなに早く起きるつもりではありませんでしたが、出かけるつもりでしたから悪くはありません。

京浜急行の特急電車に乗り込みました。

今月、温泉銭湯に行くのに下車した雑色駅など片っ端から駅を通過していきます。

特急といっても料金はかかりませんが、乗った電車はクロスシートでしたので、何だか旅気分を味わえました。

クリックすると元のサイズで表示します

三浦半島の突端の三浦海岸駅で下車しました。

クリックすると元のサイズで表示します

学生時代以来ですので、全く初めて来た場所という感じです。

それでは、湯巡りを始めます。
0

千葉県犬吠崎温泉・犬吠崎観光ホテル  その他関東の温泉

2006年1月、2012年2月に立ち寄り湯しました。

犬吠崎灯台と海を望む大きなホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します

犬吠崎周辺にはいくつかホテルがあり、しかも温泉があります。

「犬吠崎京成ホテル」の『黒潮の湯』という源泉が他のホテルに配湯されているのですが、こちらは自家源泉『潮の湯』を使用しています。

玄関の

クリックすると元のサイズで表示します

前には足湯がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入り、フロントの前の自販機で入浴券を購入します。

クリックすると元のサイズで表示します

海が見えるロビーには沢山の椅子がありますが、ロビーから奥に入ったお風呂の前にも休息スペースがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、浴室に入ると大きめの浴槽があります。

やや緑いろっぽい濁りのあるお湯です。

加温循環されていますが、悪くないお湯です。

ここの売り物はやはり露天風呂です。

右に少し小さめな檜の浴槽、左に大きめな岩風呂があります。

目の前に波が打ち寄せるのが見えて、180度海が広がっています。

10人以上入っていて写真は撮れなかったので、ホテルのパンフの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーから見たのと同じ眺めで、左手に犬吠崎灯台が見えて、

クリックすると元のサイズで表示します

あとは海が広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

海を見ながらの温泉は、本当に気分がいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.inubou.co.jp/index.html
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH7.9 28.5℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜19:00(平日は18:00まで)
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

(おまけ)銚子電鉄

JR総武本線の終着駅銚子駅から、更に太平洋へ伸びる6.4キロの小さなローカル線です。

JR銚子駅のホームの先端に、

クリックすると元のサイズで表示します

乗り場があります。

走っているのは、元々地下鉄銀座線で走っていた車両や、

クリックすると元のサイズで表示します

京王線で走っていた車両が、

クリックすると元のサイズで表示します

第二の人生を送りながら走っています。

何度か廃線の話があったようですが、醤油工場の中にある仲の町駅では『ぬれせんべい』、観音駅で『たい焼き』を販売したりして、がんばっています。

終点の一つ手前の犬吠駅までは観光利用もあるようですが、終点の外川駅は漁港の近くの古びた駅舎があるだけの駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

犬吠崎観光ホテルへは、犬吠よりも外川駅の方が近いようですが、車で多くの人が来ていた観光ホテルへ、外川駅から歩いて行ったのは私ただ一人でした。

車窓からほとんど海が見えるわけでもなく、景色は平凡ですが途中駅の佇まいや車両が昔なつかしい感じがするほのぼのとしたローカル線でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

本日は静養日  徒然記

昨日は夕方から夜のイベント立会いの後、お客様と飲み会で帰宅は午前様。

のんきな温泉おやじ返上のハードな一週間でした。

ですので今日は起きると正午を過ぎていました。

おとといも書いた通り、来週もハードですがそんなことに負けないよう作戦を考えました?

明日は寝坊しなければ、温泉では全く足を踏み入れたことがないエリアに日帰り、月曜日からは温泉に4泊して仕事するという予定を作り上げました。

とりあえず明日は海を見ながらの湯めぐりのつもりですが、2週間前に犬吠崎に行ったのがはるか前のことのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

0

またまたしても帰りの通勤電車の中にて  徒然記

本日も残業にて、温泉記事を書く気力、体力がありません。

明日まで働くと、この土日は静養。

来週も忙しく、夜間作業で宿泊しての仕事が2日あります。

更にその土日は出勤です。

もっというとその翌週土曜日も出勤。

日頃、働いていないばかりか、休みというと温泉に行ってばかりでしたから、少しは働けということでしょうか?

ぼやきばかりで面白い話もできずという状態です
1

ビジホの朝  徒然記

昨夜は深夜まで作業、24時近くに「スーパーホテル」なるチェーン系のビジネスホテルに投宿。

温泉無しの宿宿泊は久々です。

さすが人気のビジホだけあって、きれいで合流的なシステムです。

朝、温泉がないのがとにかく残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ