ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
中三依温泉センター男鹿の湯  栃木県の温泉

2011年11月に立ち寄り湯しました。

野岩鉄道会津鬼怒川線中三依温泉駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩3分くらいの場所にある「なかみより体験村」というキャンプ場の中にある

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると正面に食事処が目に入りますが、右手すぐのフロントで入浴料を支払い、右側の階段を下りて行くと、お風呂場です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室は内湯のみの、大きな窓がとられたシンプルな造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

壁には、

クリックすると元のサイズで表示します

大きく貼り紙されていますが、加温循環されていて、少しだけ塩素臭もします。

しかし、平日の水曜日の10時過ぎに行ったためか入館者は私一人で山の中の秘湯気分のようなものを味わうことができて、結構いい気分で入浴できました。

湯上がりに上に上がると、施設のおかみさんがゆっくりしていきなさいよと、声をかけていただいたのですが、次に行きたいところがあるのでというと、水を飲んで行きなさい、とわざわざ水を飲ませてくれます。

おいしいよとのことですが、本当においしく、3杯くらい立て続けに飲んだら、ご丁寧に空のペットボトルを引っ張り出してくれて、それに水を詰めておみやに持たせてもらいました。

そんな親切も含めて、満足のいく一浴となりました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www29.atwiki.jp/ojikayu/
【泉質】 カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉    
【PH・泉温】 PH8.9 23.3℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜19:30
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無(別に貸切キャビンはありますが)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

和歌山県湯の峰温泉・民宿瀧よし  近畿地方の温泉

2011年10月に宿泊しました。

湯の峰温泉の入口にあたる場所に建つ宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

4階建てで、2階と3階に展望風呂があり、湯の峰温泉で唯一のエレベーターがある宿で、民宿ですが、湯の峰温泉では一番立派な新しい建物であることに間違いありません。

2階と3階にある展望風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

湯の峰温泉のくすり湯源泉がかけ流しで使用されていて温泉は気持ちいいです。

ただ、造りにほとんど大差はなく、どちらかというと私の好みでいうとあまり好きではない造りです。

部屋も新しくきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

おそらく、私が湯の峰温泉で宿を探したのならば、宿泊しなかった宿です。

この時は温泉ソムリエ4組8人で貸切で宿泊しました。
そして、Yさんがその手配をしていただきました。

そして結論から言うと宿泊して大正解の宿でした

1階は居酒屋の造りで、そこで食事をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

そこでいただいた食事がとても美味しいのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食時は温泉ソムリエの宴でしたので、酔うほどに後から出てくる料理の写真を全く撮っておらず、この2枚しかなく申し訳ない・・

朝食は

クリックすると元のサイズで表示します

ありがちなメニューですが、和歌山県岳に梅干しはやはり美味しいし、

クリックすると元のサイズで表示します

なんといっても、大きめな鍋で

クリックすると元のサイズで表示します

出てきた温泉粥がとても美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

チェックアウト時に渡された、めはりすし(写真撮り忘れました)もおいしかったし・・

美味しい食事に、飾らない宿のご夫婦の人柄といい、とてもいい宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.za.ztv.ne.jp/takiyosi/takiyositop0918/top.html
【泉質】 含硫黄ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉    
【PH・泉温】 PH7.8  89.6℃
【立ち寄り営業時間】 要確認
【立ち寄り料金】 要確認
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0
タグ: 温泉

和歌山県湯の峰温泉・旅館あづまや  近畿地方の温泉

2011年10月に立ち寄り湯しました。

湯の峰温泉の代表的な温泉旅館で、日本秘湯を守る会会員宿でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると一昔前の旅館の風情です。

クリックすると元のサイズで表示します

帳場で入浴料を支払い、浴室に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは内湯に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

木がふんだんに使われた浴室の雰囲気は、最高です。

浴槽は2つあります。

大きめな浴槽は90℃くらいある源泉に加水して温度調整がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

一方小さな浴槽は、湯量の調整で温度調整された「さまし湯」です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室の雰囲気も相まって、どちらのも素晴らしいのですがこの時の私には「さまし湯」の方が、香り、感触がより良く感じられました。

と自信がないのは翌朝入った同じ源泉を使用している共同浴場でも同じような2種類のお風呂があったのですが、その時は加水された浴槽の方が良く感じたからです。

内湯とはつながっていませんが露天風呂もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも入浴しましたが、眺望があるわけでもなく、浴室内に漂う湯の香りもなく、私としては内湯だけで大満足という感じでした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.adumaya.co.jp/index.html
【泉質】 含硫黄ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉    
【PH・泉温】 PH7.8  89.6℃
【立ち寄り営業時間】 13:00〜15:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】


0
タグ: 温泉




AutoPage最新お知らせ