ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
三重県湯ノ口温泉・湯元山荘湯ノ口温泉  その他中部地方の温泉

2011年10月に立ち寄り湯しました。

和歌山県との県境の山中にある一軒宿の温泉宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の前まで車で行くことができますが、瀞流荘一軒宿の入鹿温泉の駐車場に車を止めて、湯ノ口温泉までの間1キロを結ぶトロッコ列車で温泉に向かわれるのをお勧めします。

往復のトロッコ乗車を含め、600円の料金で立ち寄り湯ができます。

瀞流荘駅

クリックすると元のサイズで表示します

バッテリー充電式機関車がけん引する5両の小振りなトロッコ列車に乗り込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

遊園地の子供用の豆汽車のような小さな車両です。

クリックすると元のサイズで表示します

機関車に運転士が乗り込み発車となります。

クリックすると元のサイズで表示します

1キロを10分かけて走るので、スピードは歩いているのと変わらない速度ですし、途中はほとんどトンネルですので絶景を走るわけではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

トロッコならではの、ごつごつした快適とは言えない乗り心地がなんともいえない雰囲気です。

トンネルを抜けると、湯ノ口温泉駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

トンネルに挟まれた山中にひっそりたたずみ、川の上にホームがある駅の雰囲気はいい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

このトロッコは元々紀州鉱山で使用されたものが、現在は二つの温泉宿を結ぶ観光用になっています。

いつまでも走り続けてほしいものです。

さて、温泉ですが案内板が出ていて、

クリックすると元のサイズで表示します

古い歴史があるようですが、鉱山の本格稼働とともに枯渇したものの、閉山後のボーリングで再び湧出するようになったそうです。

お風呂は山小屋風の本館の建物の奥にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気のある内風呂と

クリックすると元のサイズで表示します

内風呂からそのまま行ける露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

湯治場風の浴室の雰囲気も良く、少し濁った温泉が掛け流されています。

とても満足することができた、いい温泉でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.ztv.ne.jp/irukaspa/yumotosansou/index.html
【泉質】 ナトリウム・カルシウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH8.0 45.7℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜21:00
【立ち寄り料金】 400円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

神奈川県箱根大平台温泉・姫の湯  その他関東の温泉

2011年10月に立ち寄り湯しました。

箱根登山鉄道大平台駅から

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩10分ほどの場所にある共同浴場です。

共同浴場ですが、建物の造りは大きめで新しい感じのきれいな建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

下駄箱に靴を入れ、券売機で入浴券を購入して受付で渡して中に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

左奥に男女別の浴室があります。

クリックすると元のサイズで表示します

外観、館内はこぎれいな感じですが、浴室はタイル貼りで中央に円形の浴槽があるだけの簡素な共同浴場的なシンプルな造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

高温の温泉とのことで加水されているとのことでしたが、とても熱いお湯です。
熱すぎて、ほとんど入っていられませんでした。

常連らしき人の話では、今日はいつもより熱いとのことでしたが・・

こちらもイモ洗い状態にはなりそうもなく、ちょっとした穴場ということにはなりそうです。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.himenoyu.net/
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 不明
【立ち寄り営業時間】 9:00〜21:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
1

神奈川県箱根底倉温泉・函嶺  その他関東の温泉

2011年10月に立ち寄り湯しました。

2005年4月に立ち寄り、11月には一泊しましたがおそらくそれ以来の訪問です。

箱根登山鉄道宮の下駅から徒歩10分、木賀温泉入口バス停すぐそば、

クリックすると元のサイズで表示します

富士屋ホテル、大型日帰り施設「ての湯」のそばにひっそりとたたずむ日帰り施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

門を抜け、少し下ると古びた洋館が現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

建物に入り、すぐ右にある受付で入浴料を支払います。

お風呂は建物の奥の内風呂と、露天風呂が2か所あるはずですが、この日は露天風呂1か所しか使用していないとのことでした。

露天風呂へは建物を出て、建物の右側を降りて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

竹林の中に小振りな石風呂があるだけの簡素な露天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

無色透明、大きな特徴がある温泉が掛け流されていて、静かな環境と相まってゆっくり入浴できます。

もう一か所ある露天風呂は今は完全に使用されていないようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

商売っ気は感じられず、大正時代に建てられたという洋館は不気味に見えたり、愛想のない接客に嫌気がさす方もいるかもしれませんが、雰囲気全般は古いもの好きの私には好きな雰囲気で、温泉も特徴は感じられませんが、訪れる人もまばらで静かにゆったりと入れるので穴場ではないかなあと思います。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉    
【PH・泉温】 PH7.2 67.6℃
【立ち寄り営業時間】9:00〜18:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 不明(2005年には素泊まりで宿泊しましたが)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

神奈川県箱根仙石原温泉・かま家  その他関東の温泉

2011年10月に3度目の立ち寄り湯をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋号の通り、写真の看板のとおり、釜めし屋さんです。

立ち寄り湯だけの利用ができるかわかりませんが、釜めしはおいしいので食事がてら、お風呂にも入るというのがいいと思います。

釜めしを注文すると席で炊き始め、出来上がりまで30〜40分かかるので、その待ち時間に入浴します。

お風呂に入りたいというと、お店の奥のお風呂場に案内されます。

クリックすると元のサイズで表示します

男女別にこじんまりした浴室があります。

クリックすると元のサイズで表示します

大涌谷温泉からの引き湯ですが、源泉かけ流しで少し熱めの白濁硫黄泉が味わえます。

温泉を満喫の後、湯上がりビールを飲み、釜めしをいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

いい温泉とおいしい釜めしを味わえる穴場です。

昼時に行ったので、食事のお客さんは結構いましたが見ていると温泉に入る人はそれほどはいないようでした。

箱根の日帰り施設は、どうしても混むところが多いのですが今回を含めて3回ともゆっくりお風呂を独り占め状態できましたので、これからも箱根に行く時には立ち寄ることになりそうです。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 酸性ーナトリウム・カルシウム・マグネシウムー硫酸塩泉   
【PH・泉温】 PH2.6 67.9℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜20:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

静岡県伊東温泉・陽気館  静岡県の温泉

2011年9月に一泊しました。

JR伊東駅から徒歩15分ほどの山裾にある敷地自体は割と大きな旅館です。

クリックすると元のサイズで表示します

門から玄関まで少し歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると、落ち着いた和の雰囲気のロビーが現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

敷地が広いのですが、離れの部屋を含め19室しかありません。

私達が宿泊したのはロビーの上の本館の2階の部屋でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

静かにくつろげる広いお部屋でした。

お風呂は3か所あります。

本館ロビーの奥に時間制で男女入れ替えとなる内風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

一つは割と大きな浴室で、

クリックすると元のサイズで表示します

もうひとつは小振りな浴室です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室の造り自体はごく普通ですし、泉質も単純温泉です。

泉温39.0℃、PH8.1の岡165号泉が掛け流しで、少しぬるいのですが柔らかいしっとりしたいい温泉です。

かみさんはお湯自体はこちらのお湯の方が気に入ったと言っていましたし、宿の女将さんもお風呂はごく平凡な造りですが、お湯はいいと思っていますがとのことで、私もお湯自体はとても気に入りました。

もう一か所は宿の看板温泉、登山電車でいく露天風呂です。

ロビーから右奥に進むと登山電車の乗り場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターのようですが、扉が開くと座席があるケーブルカーのような造りになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

運転士がいるわけではなく、エレベーターと同じようにボタンを押すと度が閉まり、上に登り始めます。

クリックすると元のサイズで表示します

登り始めると、眼下に伊東の温泉街と遠くに海が見えます。
1分ほどの乗車で到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

外から見ると中々趣のある登山電車です。

さて、登山電車降りて、少し階段を上がると露天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

女性専用時間以外は混浴ですが、脱衣所は一か所ですので混浴時間帯に女性が入るのはかなり厳しそうです。

お風呂からは伊東の町並みと、遠くに初島がかすんで見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

写真では全くわかりませんが、まあ絶景ではありませんが眺望はあります。
開放的すぎて落ち着かないというタイプの露天風呂もありますが、こちらは全体的に林の中の落ち着いた雰囲気でした。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの温泉は、53.8℃、PH7.5のカルシウム・ナトリウムー塩化物泉の岡160号泉が、かけ流しで使用されています。

内風呂と露天風呂で源泉を使い分けていて、趣も全く違うお風呂ですのでこの宿に宿泊して正解という感じでした。

食事は部屋食でした。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

伊東だけあってお魚はとても美味しかったのですが、かみさんは魚が食べられないので予約の段階でその旨伝えていたところ、

クリックすると元のサイズで表示します

きちんとした肉料理が出てきていました。

朝食

クリックすると元のサイズで表示します

料理は品数、味とも満足いくものでした。

おかみさんや従業員の方たちの接客も良く、全体的にいい印象が残りました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.yokikan.co.jp/index.html
【泉質】【PH・泉温】
 露天風呂ー岡160号泉、内風呂ー岡165号泉
 詳細は本文中に記載
【立ち寄り営業時間】 11:00〜15:00
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ