ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
大阪で反省会?  只今、旅行中

三日間で400キロのドライブを無事終えて、和歌山でレンタカーを返却し、和歌山市駅から南海電鉄の特急サザンで、なんばに出ました。

行きは500円奮発してのリクライニングシートの指定席でしたが、今日は乗車券だけで乗れるロングシートの普通車に乗りました。

なんばから梅田に出て、大阪駅前のビルの中の串焼屋で夕食兼反省会です。

場所柄安くはありませんが、味や雰囲気は大阪風です。

クリックすると元のサイズで表示します

初めての和歌山温泉旅で、宿泊2ヵ所、立ち寄り9ヵ所の合計11ヵ所の温泉に入り、昨日今日と五人の温泉ソムリエの方々と一緒に温泉に入りました。

ネームバリューでは、世界遺産認定湯の峰温泉「つぼ湯」であったり、白浜温泉「崎の湯」でしょうが、白浜温泉でおそらく有名ではない?宿泊した「磯時計」や、立ち寄りした「長生の湯」、和歌山市内の日帰り施設(宿泊もできますが)である「花山温泉」、トロッコ列車で行った「湯ノ口温泉」が特に印象に残った温泉といえるようです。

また、有田鉄道、紀州鉄道、和歌山電鉄とローカル私鉄や、大手私鉄ですが南海電鉄の雰囲気もまた、旅情を掻き立てるものでした。

まあ、反省点は団体行動が大嫌いな性格のまま、好き勝手に相変わらず行動しているのと、車で廻るのは便利でよかったのですが、湯上がりビールが運転している関係で飲めなかったことでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しかった思いをみやげに、心地よい疲れの状態で、のぞみで帰ります。
0

たま駅長をちらっと見て  只今、旅行中

温泉旅の最後のおまけに、和歌山電鉄でこ鉄と思いきや、時間の関係で終着駅喜志駅に立ち寄るだけになりました。

いちご電車とおもちゃ電車が見れたので、とりあえずはよかった。

あとは本当に帰るだけです。


クリックすると元のサイズで表示します
0

締めの温泉?  只今、旅行中

この旅九ヶ所目、シンプルな「川湯温泉公衆浴場」で多分最後の温泉です。

温泉ソムリエの方々の素晴らしいガイドのおかげで、充実の温泉巡りができました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

トロッコ列車で温泉へ  只今、旅行中

トロッコに10分揺られ、湯ノ口温泉に来ました。

温泉もいいし、最高です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

台風の被害  只今、旅行中

湯の峰温泉を後に、三重県の方に向かい始めました。

途中の国道が片側通行となり、20分ほど待たされます。

静かな川からは想像できません。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ