ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
静岡県伊東温泉・大東館  静岡県の温泉

2011年9月に立ち寄り湯しました。

伊東駅から15分ほど歩いた小山の麓にある中規模温泉ホテルといった感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーも広いのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

一泊朝食付きを基本としている宿なので、妙な派手さはありません。

お風呂好きの宿を謳うだけあり、源泉かけ流しで5つのお風呂があります。

大浴場2つが時間制で男女入れ替えのほか、3つの貸切風呂があります。
空いていれば自由に入れる仕組みで、廊下で空き情報がわかるようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

写真が下手でわかりにくいのですが、使用しているとランプがついているので、ついていないお風呂が使えることになります。

貸切露天風呂、貸切五右衛門風呂、貸切寝風呂と3つある内、私達が入れたのは「貸切寝風呂」でした。

防空壕であった地下壕を少し歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

貸切五右衛門風呂と並んでいる「貸切寝風呂」に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

中は真っ暗といっていい洞窟風呂風?です。

クリックすると元のサイズで表示します

天井に地元の高校生たちが描いた星空という趣向らしいのですが、よく見えません。

お風呂も底に砂利がひかれた浅い風呂ということしかわかりません。

早々に退散して、夫婦分かれて大浴場に向かいました。

伺った時間は、「京の湯」が男湯でした。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯のみですが、適度な解放感と落ち着きのある雰囲気のお風呂でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにこの時間の女湯は「流れ湯」で、内湯と

クリックすると元のサイズで表示します

浴室からそのまま行ける露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、立ち寄り湯なら「流れ湯」の方が人気があるのでしょう。

自家源泉を4本もっていて、お湯の鮮度はあるのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

割と安い値段で色々なお風呂を楽しめる宿です。

若い男女のグループがチェックインするのと入れ違いで、宿を後にしました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.daitokan.jp/
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH8.4  44.7℃
【立ち寄り営業時間】 14:00〜22:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

祝?300湯アップ記念?  只今、旅行中

と勝手に一人お祝い会で、午後休みを取り、近所の湯治場「大谷田温泉・明神の湯」にやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は代わり映えしませんが。

本当は、先週今週と大異動(私は残留でしたが)の影響で、妙な落ち着かない雰囲気で疲れたので小休止というところでしょうか。

本日は、源泉かけ流し日でゆっくり温泉を楽しんだあと、マッサージをしてもらおうとしましたが、一時間待ちとのことで、いつものように湯上がりビールと、今日は秋の味覚銀杏を食べてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

飲んでいると、興奮がちに大谷田温泉はいいよと友人だか彼女に電話している若者がいたりします。

いい気休めになります。
0

300か所アップしました!  温泉雑記帳

昨日の伊東温泉「東海館」で300か所目の温泉施設アップとなりました。

(過去300か所一覧は、こちら

昨年4月8日にブログを始めて、最初に書いたのが神奈川県「有馬療養温泉旅館」でした。

昨年8月1日に、群馬県四万温泉「つばたや旅館」で100か所目、

今年2月27日に、長野県上山田温泉「有田屋旅館」で200か所目とアップしてきました。

節目?の時は少し自分で勝手に意識して、自分が本当に好きな温泉を取り上げるようにしていましたが、何回か訪れこれからも行くことになりそうな好きな宿ですが、少しマイナー?な宿をアップしていました。

今回は流れ的なものもありますが、いい印象が強かった「東海館」で節目の300か所目です。

テレビ、雑誌で出るような有名旅館や、逆に温泉マニアが行くような通好みもほとんどありませんが、当面の目標500か所アップを目指して、拙い文章、写真ではありますがこつこつ書いていきたいと思います。
1




AutoPage最新お知らせ