ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
今朝の積翠寺温泉  只今、旅行中

甲府の中心部から5キロほどの場所とは思えない静かな山の中で朝を迎えました。

クリックすると元のサイズで表示します

天気予報に反して、部屋の窓から見る甲府盆地は霞んではいますがまずはいいお天気です。

外に出て少しだけ散歩してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

美しい花を見ていると、心が洗われる感じです、

クリックすると元のサイズで表示します

これから温泉に入って、朝食です。
0

積翠寺温泉へ向かいます  只今、旅行中

高速渋滞で15分、石和あたりの一般道で更に5分ほど遅れが増して、甲府には20分遅れで到着しました。

勝沼で中央道を降りてから、桃の花がまだまだ鮮やかでした。

クリックすると元のサイズで表示します

(写真では相変わらず上手く伝わりませんが)

既に1時を過ぎたので、早速昼食ということで、千代田にほうとうを食べに向かうと、

クリックすると元のサイズで表示します

またしても休み。

クリックすると元のサイズで表示します

これで何回目のお休み遭遇でしょうか。

やむなく有名なチェーン店「小作」に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

生ビールに馬刺し、

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんは、ほうとうで、

クリックすると元のサイズで表示します

私は、おざらを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくり昼食を食べ、武田信玄公のお見送りをいただき?、

クリックすると元のサイズで表示します

宿の送迎車で、

クリックすると元のサイズで表示します

宿に向かいます。

甲府市の中心甲府駅から北へ5Kmほどの所にある要害山の中腹にある温泉が、積翠寺温泉です。

昨年3月に一人で宿泊した「ホテル要害」と今回と2軒の宿が離れて存在します。

昨年、「ホテル要害」の近くの積翠寺あたりから見た甲府盆地です。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ春には遠い景色でした。

今年は、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じでした。

これからゆっくり山の中で過ごします。

0

高速バスに乗りました  只今、旅行中

新宿から甲府に向かいます。

JR特急スーパーあずさ    1時間28分

JR特急かいじ        1時間37分
(停車駅がスーパーあずさより6つ多い)

各駅停車(新宿-高尾は特別快速)約2時間40分

運賃が2210円、特急料金は自由席で1300円(指定席だと更に510円プラス)となります。

2週間前の鈍行旅は、青春18きっぷでの日帰りでしたので往復2300円ということで、お得な旅と言えるわけですが、今回は1泊2日で普通運賃より割高でかつ、そもそも青春18きっぷは使えないので(4月10日まで)、JRでお得な切符はないといえます。

一方京王、山梨交通、富士急行の3社共同運行で、新宿ー甲府間で高速バスが運行されています。

所要時間は2時間10分で、JRの特急より30分ほど余計にかかりますが、鈍行より30分ほど早いという具合です。

運賃は1950円と、JRの鈍行より260円、特急より1560円安くなっています。

今まで甲府には何回も往復していますが、JRのみの利用だったので乗ったことがなかった高速バスで甲府に向かうことにしました。

ということで、新宿駅西口高速バスターミナルに9:45に到着し、

クリックすると元のサイズで表示します

10:00発の甲府行に乗ろうとしたところ、

クリックすると元のサイズで表示します

満席キャンセル待ちなので、次の10:45発の甲府行バスの席を予約しました。

クリックすると元のサイズで表示します

発車まで1時間近くあるので、バスターミナルのそばのバーガーキングでお茶を飲み時間つぶしです。

クリックすると元のサイズで表示します

時間をつぶしてバスターミナルに戻ると、風林火山の絵が入った車体の山梨交通バスがやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やはり狭く感じる車内に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ満席状態で出発し、初台から首都高速に入るとさっそく渋滞の洗礼

クリックすると元のサイズで表示します

とはいっても高井戸を過ぎ、中央道に入ると普通に走るようになりました。

順調にいけば2時間のバスの旅となります。

1

今月2度目の山梨へ出発します  只今、旅行中

4月、6月とお互いの誕生日の4回の記念日と、その年の温泉納め?として12月、あと温泉か海外かでもめる夏休みと年末年始休暇が、私たち夫婦で温泉に泊りに行く定番のパターンです。

ここ5年ほどで一人旅も含め温泉に行くことが急増しましたが、本来は年5〜6回ほどのお出かけだったわけでした。

ということ?で、記念日当日に大谷田温泉に行っているものの、今日明日と温泉旅行に出かけます。

ちなみに過去5年を振り返ると、

2006年 山梨県湯村温泉「旅館明治」

2007年 栃木県板室温泉「山喜荘」&那須温泉「旅館山快」

2008年 山梨県裂石温泉「雲峰荘」

2009年 なし

2010年 静岡県梅が島温泉「湯の島館」

となっています。

この5年間で2回、そして2週間前にも日帰りでおやじ4人で行きましたが、山梨県に行きます。

3〜4月は山梨に行っての楽しみは、桃桜の花が甲府盆地を彩っている美しい景色です。

とはいっても2005年に以来、その後は大げさに言うと甲府盆地がピンク一色のような美しい光景に出会えていません。

2週間前も

クリックすると元のサイズで表示します

甲府盆地を見下ろす勝沼「天空の湯」からの眺めはこんな感じでした。

さて、今回はどんなかんじなのでしょうか。

2週間前はおやじ4人の「青春18きっぷ」の旅ということで、鈍行での旅でしたが今回は全くのノープラン。

行きあたりばったりで行ってみます。
0

桜吹雪  徒然記

クリックすると元のサイズで表示します

会社の近くの桜は1週間ほどで散り始めました。来週会社に行く朝には葉桜になっているのでしょうか。

今日午前中は会社の健康診断でした。

詳しい結果はまだ先ですが、体重は昨年と変わらず、視力はアップし(両目とも1.5!)、腹囲は減り、どうやら脂肪肝でもないようで、この1年会社がストレスといい続け、飲んだくれ状態ながら、またしても健康優良児(昨年の結果も)の結果になってしまうのでしょうか?

もし、そうなら温泉効果以外に要因はありません。

本日もひどい目にあいましたが、一昨日の大谷田温泉の応急処置?と明日からの温泉ニンジンで乗り切れました。

桜の花を散り落とすような風は、本当に吹いてほしくないものですね。
0
タグ: 温泉




AutoPage最新お知らせ