ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
神奈川県綱島温泉・東京園  その他関東の温泉

2011年1月に立ち寄り湯しました。
10数年前にも1度立ち寄り湯したのですが、まったくお風呂の記憶はなく実質初めての入浴と言った感じでした。

東急東横線綱島駅から徒歩2分、綱島街道沿いにある日帰り施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

外壁が派手めで目立ちます。

中に入り、900円の入浴料を支払うと、こんな券を渡されます。

クリックすると元のサイズで表示します

裏には入館時刻が印字されていて、1時間半以内で退館すると400円が返金される仕組みです。(10:30〜17:00の間、16:00以降は450円の銭湯料金となるそうです。)

派手な外観と打って変わって、館内は昭和の雰囲気となります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マンションが林立する綱島駅から徒歩2分の場所とは思えない、広い庭です。

クリックすると元のサイズで表示します

奥の大広間では、カラオケが大音量で流れ、踊っているおじいさん、おばあさんで大賑わいです。
変な言い方ですが、老人ホームに入りこんでしまった感じであり、規模の大きな湯治場に来ているような感じもします。

お風呂は男女別に各1つあります。入口がいきなり派手な原色系な色使いです。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室内は、ホタテ貝の殻のような形の湯船が中央にあり、

クリックすると元のサイズで表示します

隅に源泉かけ流しの小さめな水風呂の浴槽があります。

クリックすると元のサイズで表示します

壁のタイルもなぜか派手な色合いです。
黒いお湯はさっぱりした浴感で、加熱されたホタテ浴槽でもいいお湯に感じました。

寒い時期なので、水風呂には入れませんでしたが、夏なら気持ちのいいかけ流し風呂かもしれません。

ちなみに天井には、

クリックすると元のサイズで表示します

やや意味不明な男性マークがあったり、不思議な雰囲気のお風呂ですが、清潔感はあるし、お湯使いもいいと言える温泉でした。

綱島温泉は1914年に掘削され、1926年に東横線が開通し綱島温泉駅ができてから、戦時中は衰退したものの昭和40年頃までは、70〜80軒の温泉宿が並ぶ芸子さんが闊歩する歓楽型温泉地として栄えたそうです。

交通網の発達により、歓楽温泉場としての役割が熱海に奪われ、宅地化の波の中、温泉宿はマンションに姿を変え、現在では昭和21年創業(当初は温泉宿だったそうですが)の東京園だけが、日帰り施設として残るのみです。

周辺を歩くと、

クリックすると元のサイズで表示します

東京園の横にある旅館新水は、駐車場になっていますが、旅館時代の塀が残っていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

廃業した旅館の建物がひっそり残っていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

岡山と並んで桃の産地だった名残で桃園がひっそりと残っていたりしました。

東京園にはいつまでも最後の綱島温泉として、残ってもらいたいものです。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.tsunashima.com/shops/tokyoen/index.html
【泉質】 ナトリウムー炭酸水素泉   
【PH・泉温】 PH7.9  18℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜20:45
【立ち寄り料金】 900円(16:00以降450円)
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
2

飲み会シリーズはおしまい?  徒然記

今年に入り、22日会社に行きましたが、そのうち飲み会がなんと12日ありました。

元々新年会と称した飲み会が多いのですが、こんなに多いのは転勤のせいです。

オフィシャルな飲み会で、基本的に飲み代が掛からないのが4回ありましたが、そのあとに飲みに行ったのが3回。

個人的な飲み会を入れると11回飲みに行き、それにかかった経費は、ざっと試算すると(なにせ酔っているので正確は期せません)大好きな長野県大塩温泉旭館に5泊6日で行けるほど、計上されるようです。

しかも、このブログの下書きを書き終えて、せっかく終電で帰るつもりが、寝過ごし、池袋からタクシーで帰るはめに。

ブログの下書きをやめたのが秋葉原、乗り換えが上野では悔やみ切れません。

ですので、飲み代というか、タクシー代金が馬鹿になりません。今年4回目、本当に惜しい出費です。

しかもたいてい、気分が悪い態度の人が多いし。(今、このブログを書いているタクシーもそうですが)

何はともあれ、来週から新任地で、温泉主体の生活に早く帰りたいものです。

それにしても今日の飲み会と、もっと言うと始まる前はシビアでした。

サラリーマン的には、詳細は書くことが出来ませんが。
0
タグ: 温泉




AutoPage最新お知らせ