ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
温泉一人旅終了  只今、旅行中

優雅な時間は、あっというまに過ぎ、宿に一番乗りです。

仲居さんの説明を聞き、打ち合わせをしました。

幹事の仕事半分終了し、大浴場でのんびり入浴です。

同じ鶴巻温泉ですが、お湯は一番とろーりしています。

クリックすると元のサイズで表示します

このあとは、第3回忘年会に突入するので、本日の更新はないかと思われます。
0
タグ: 温泉

一人忘年会で出来上がり  只今、旅行中

老舗旅館陣屋での部屋休息、懐石料理コースでした。

3時間いて、食事時間が半分です。

生ビール3杯、宿オリジナルの日本酒まで1合飲んで、もうすでにほろ酔いを越えています。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉は、加熱循環は弘法の里湯と変わりませんが、塩素の臭いはなく満足です。
雰囲気も老舗らしく、これまた満足です。

クリックすると元のサイズで表示します

一人でこの調子で、夜まで持つのでしょうか?
0
タグ: 温泉

まだ宿に着いていませんが  只今、旅行中

紅葉がまだ残る庭を抜けて、

クリックすると元のサイズで表示します

仲居さんに部屋に案内していただき、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂と内湯にゆっくり入浴後、部屋で食事です。

お料理を一品ずつ、2人の仲居さんが持ってきてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり温泉宿滞在気分ですが、まだ立ち寄り湯の途中です。
1
タグ: 温泉

1つ目の温泉  只今、旅行中

鶴巻温泉駅のすぐそば、マンションに囲まれている「弘法の里湯」という秦野市営の日帰り施設にて、入浴しました。

クリックすると元のサイズで表示します

平日で2時間で800円(休日は1000円)と高めです。

秦野市民は600円で、近所のマンションに住んでいれば、今の私にとっての大谷田温泉状態になるかもしれませんが、平日の朝ということもあり、地元の方とおぼしき人が10人ほど入っています。
カルシウム含有量が国内1、2の温泉ということですが、塩素臭がそれなりにあり、湯上がり後、体が痒い状態で、残念ながら私には温泉の良さを感じることはできませんでした。

どうも塩素温泉に入ると、こうなることが多いです。

ただ施設は、全面床が木のフローリングで、明るく清潔で、落ち着ける造りで、いいと思いました。

中々、お湯も施設も両方いいというふうには、いかないようです。

クリックすると元のサイズで表示します

湯上がりビールは飲まず、次の温泉に向かいます。
0
タグ: 温泉

鶴巻温泉駅に到着  只今、旅行中

4時に足が攣って、目が覚めてからそのまま起きてしまいました。

出かけに、かみさんに、温泉に行くなると嬉しくて早く起きるなんて、子供みたいと言われましたが、本当にその通りです。

もっとも、夕方からは会社の延長戦ではあるのですが、3時まで、温泉一人旅気分が味わえるのが嬉しいという感じです。

いつも会社に行くのと、同じ電車に乗り、約2時間半かけて鶴巻温泉駅に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します

忘年会は各自集合になったので、朝10時に既に現地に来て、これから湯巡りします。

駅名に温泉がついていますが、駅前は郊外の住宅地の雰囲気です。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉




AutoPage最新お知らせ