ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
茨城県長者ケ津温泉・山田屋旅館  その他関東の温泉

2010年12月に立ち寄り湯しました。

ひたちなか海浜鉄道金上駅から徒歩10分ほどの住宅地の中にある温泉宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

現在は、デイサービスもやっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代から続く歴史ある温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

看板が出ている道から入っていくと、建物が現われますが、温泉旅館ではなく、デイサービスの建物です。

温泉は建物の左側から裏に回り込んで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

公衆トイレを連想させる(失礼)造りの浴室棟があり、受付はその奥でします。

クリックすると元のサイズで表示します

ドアを開けると、民宿風というか、普通の家のような玄関です。

クリックすると元のサイズで表示します

入浴料を支払い、浴室に向かいます。男女別に内湯があります。

クリックすると元のサイズで表示します

ドアを開けると、簡易な脱衣所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

壁には、2009年時点の温泉分析書がきちんと掲出されています。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室内は、シンプルな浴槽が鎮座し、シャワーカランもきちんとあります。

クリックすると元のサイズで表示します

泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物泉、溶存物質1680mg、硫化水素イオン1.5mg、遊離硫化水素1.0mgの立派な硫黄泉ですが、泉温20.6℃で加温はいたしかたないのですが、湧出量が、毎分1.6Lと極めて少ないため、完全循環式となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

湯船のお湯があふれ出すことはなく、塩素臭がかなりして、硫黄泉の面影は全く感じられません。

湯量を考えれば、当然のことではあります。

でも、温泉利用状況の情報は開示しているし、入浴しているときに長年通っている常連のおじいちゃん、おばあちゃんがいらしていたので、宿の姿勢には見るべき点はあるのだと思います。

歴史ある温泉が滅び行くのを見るようでつらい感じもしますが、近所のお年寄りの方の身近な温泉として、がんばってほしいです。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉    
【PH・泉温】 PH7.2  20.6℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜16:00
【立ち寄り料金】 600円
【宿泊】 不明(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆
【備考】
0

那珂湊焼きそば食べ歩き  国内旅行

また、2009年7月には、那珂湊焼きそばのれん会が発足しました。

クリックすると元のサイズで表示します

2010年1月1日の読売新聞の記事より

かつての那珂湊名物「焼きそば」を復活させようと、地元の茨城県ひたちなか市那珂湊地区に那珂湊焼きそばのれん会」が発足した。
関係者は「焼きそばで有名な秋田県横手市、静岡県富士宮市超えを目指す」と意気込んでいる。
約半世紀前に製めん会社「わたなべ製麺所」の初代社長が、東京・浅草の屋台で食べた焼きそばに感動。めんの太さや調理法などを調べて地元に持ち帰り、取引先の飲食店にメニューとして出すよう持ちかけたのが那珂湊焼きそばのルーツとされる。「手延べせいろ蒸しめん」と呼ばれる太くてモチモチ感のあるめんが特徴で、ピーク時には那珂湊に40軒以上も提供する店があったという。
しかし、後継者不足などから、提供する店は次第に減り、那珂湊焼きそばを知る人も少なくなった。これに対し、各地では「B級グルメ」ブームが起き、地域色豊かな焼きそば、ラーメンにスポットが当たり、街おこしにつながった事例もある。同社の3代目社長の渡辺栄作さん(50)は「那珂湊でも子どもの頃の思い出の焼きそばを復活させたい」と思い立った。
渡辺さんはめんの取引がある店を中心に、のれん会への加入を呼びかけ、7月、7店が参加したのれん会設立にこぎ着けた。
材料に何を使ってもよいため、各店で出される焼きそばは、常陸牛を使った高級な焼きそば、上海風の焼きそば、ボリューム満点の焼きそばなどバラエティーに富んでいる。「違う焼きそばを提供することで、各店の味を食べ比べてほしい」という狙いだ。加盟店舗は10店舗まで増え、うわさを聞きつけた焼きそば目当ての客も少しずつ増えているという。和食店を経営し、会の会長を務める高安泰二さん(51)は「常連客が懐かしいと言って注文してくれる」と手応えを語り、渡辺さんは「焼きそばの町を定着させて、町を歩き回ってもらえれば」と期待を込める。問い合わせ先は、のれん会(029・263・1565)。加盟店は店頭に赤いのぼり旗を立てている。


(以上、抜粋)

加盟店は12店になっているようです。
駅にあったちらしを持って、2010年12月第1回食べ歩きをしてみました。

深作冷菓店

クリックすると元のサイズで表示します

アイスクリーム屋が本業のようですが、焼きそばも出します。

おじいちゃんとおばあちゃんの二人で一生懸命やっています。

クリックすると元のサイズで表示します

中盛450円ですが、ボリュームはあります。

さっと火を通しただけなので、ソース、塩コショウを自分の好みでかけて味を調整して食べるようになっています。

チェリー食堂

クリックすると元のサイズで表示します

食堂の名の通り、焼きそば以外にもメニューは色々ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

きくらげ、肉の入った上海風焼きそばです。

街の食堂で食べる標準的な味でした。

2店でも味が全く違っていて、今後の食べ歩きが楽しみです。

2011年11月に食べたのが、那珂湊駅からすぐの場所にある、

中華料理 龍園

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメンなどの中華料理のメニューの中にちゃんと、焼きそばもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルで素朴な味わいで、結構気に入りました。

1

ひたちなか海浜鉄道に乗って温泉へ(1)  ローカル線に乗って、温泉へ

2010年12月5日に、ひたちなか海浜鉄道に乗って温泉に出かけた旅の模様です。

勝田駅で原則土日限定販売の1日乗車券を購入します。

クリックすると元のサイズで表示します

1日乗車券と一緒に、沿線さんぽなるガイド冊子もいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

カラー印刷で中身も充実しています。

クリックすると元のサイズで表示します

勝田12:00→金上12:04

アニマルトレインと名付けられた、動物のイラストがペイントされた1両編成のディーゼルカーに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2駅4分乗った金上駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

駅から徒歩10分ほどで長者ケ津温泉山田屋旅館に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代から約400年の歴史を持つ温泉に立ち寄り湯しました。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉のルポは下記を見てください。

茨城県長者ケ津温泉・山田屋旅館 

金上13:20→那珂湊13:30

再びアニマルトレインに乗り、那珂湊駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

地元ボランティアの方に、街歩きマップと一緒にいただきました。
海浜鉄道を応援する店で、見せると色々な特典があります。

クリックすると元のサイズで表示します

駅を後に、焼きそばを2軒で食べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全部で12軒あるので、今後も何回かに分けて、すべて廻ってみたいものです。

一軒ではお皿をいただき、

クリックすると元のサイズで表示します

もう一軒では、紋処で5%割引の特典を受けました。

那珂湊焼きそば食べ歩き 

おさかな市場は焼きそばで満腹になったのと、市場に向かう来るまで渋滞がすごく混んでいそうなのと、かみさんが生魚がダメなので今回は行きませんでした。

駅に戻り、今回のグッズ購入は、

クリックすると元のサイズで表示します

2010年12月から2012年1月まで14カ月分ある、2011年ひたちなか海浜鉄道卓上カレンダー(1000円)と、「勝田から金上」の縁起切符(150円)を購入しました。

那珂湊14:54→磯崎15:03

みたびアニマルトレインで今度は磯崎駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩10分、今年8月に次いで2度目の「ホテルニュー白亜紀」で立ち寄り湯します。

クリックすると元のサイズで表示します

15:30〜18:00が清掃タイムで15分くらいのあわただしい入浴でしたが、誰もいない露天風呂から見る海は最高でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーで湯あがりビールを飲んで、磯崎駅に戻ります。

磯崎15:59→勝田16:24

クリックすると元のサイズで表示します

この列車はアニマルトレインではなく、廃線になってしまった三木鉄道から来たボックスシートの車両でした。

クリックすると元のサイズで表示します

夕日が差し込む車内でのんびり過ごす時は、小さな幸福感が味わえます。

そういえば、今回も那珂湊駅の猫のおさむ駅長を見ることはできませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、次回以降の楽しみということですね。

勝田駅から4時間半ほどの小さな旅でしたが、温泉、焼きそば食べ歩き、のどかな車窓と小旅行を満喫できました。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ