ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
高雄温泉・おおるり山荘  栃木県の温泉

2010年11月に立ち寄り湯しました。

那須七湯の一つで一軒宿です。
那須湯本から山道を10分ほど登ったところにあります。

かつてあった旅館が廃業し、その跡地にマニアには人気スポットとなっていた野天湯がありましたが、格安温泉ホテルをチェーン展開するおおるりグループが買い取り、現在おおるり山荘として営業しています。

きれいで大きな建物がどんと建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日の午後に行ったのですが、中々繁盛の様子です。大広間のカラオケの声が漏れてきていて、小規模団体さんが多そうな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

500円の入浴料金ですが、おおるりグループ手ぬぐいがついています。
伊東園グループもそうですが、こういったサービスはしっかりしています。

まずは、大露天風呂に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目の風情はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

お湯は、ややぬるめですが、青白い色の湯の中に、びっしり湯の華が舞ういい温泉です。

ちょうど入った時に、プチ団体旅行のおじさん達と一緒でしたので落ち着かない感じでした。

館内には内湯+露天風呂もありますが、混んでいたので入浴はしませんでした。

平日静かな時に、ふらりと入ってみたい露天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂の横の小川?です。硫黄分で青白くなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.ohruri.com/nasu_ohrurisansou.html
【泉質】 含硫黄カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉   
【PH・泉温】 PH6.1  40.1℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜19:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】


2

那須大丸ガーデン  栃木県の温泉

2010年11月に立ち寄り湯しました。

クリックすると元のサイズで表示します

大丸温泉旅館に立ち寄り湯した後、昼食を食べようと寄りました。
お土産屋兼食堂です。

クリックすると元のサイズで表示します

まいたけご飯定食を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが店内に温泉分析書が掲出されています。

クリックすると元のサイズで表示します

単純温泉の大丸旅館のそばにありながら、硫黄泉掛け流しとは何だろうということで、入浴してみることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯には、窓が全開になっていても硫黄の香りが漂っています。

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂は囲いに中にあり、眺望はありません。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり熱めの少しぴりっとするお湯でした。
遊離硫化水素(H2S)が26.2mgありますが、源泉が奥の沢噴気泉1〜5号の混合泉ということなのか、さっぱりした浴感でした。

私的には、お土産屋さんで思いがけず見つけた温泉でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www2a.biglobe.ne.jp/~nasu/suv/oomaru/index.html#onsen
【泉質】 単純硫黄温泉    
【PH・泉温】 PH4.17  65.4℃
【立ち寄り営業時間】 7:00〜17:00
【立ち寄り料金】 630円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

大丸温泉旅館  栃木県の温泉

2010年11月に立ち寄り湯しました。

那須七湯の一つで、地図的には山に上がっていった奥の位置にありますが、周辺は結構開けた感じですし、日本秘湯を守る会の宿として有名な旅館ですので、訪れる人も多いようです。土曜日の午前に行ったときは、駐車場に20台以上の車がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関前の橋の下を流れる川から湯けむりが上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーはとても上品な造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーの中に、大丸温泉を常宿にしていた乃木希典将軍の記念コーナーが設けられていました。将軍愛用のスリッパなども展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室に向かう途中に飲泉所が設けてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、お風呂は温泉が流れる川が混浴になっていて、その川をはさむ形で男女別の浴室があります。

クリックすると元のサイズで表示します

フロントで1000円入浴料を支払った際に、宿の手ぬぐいと緑のバスタオルが渡されます。

緑のバスタオルは、混浴露天風呂に出る際は必ず巻いてくださいとのことです。

一緒に行ったS先輩は以前2度ほど来ていたのですが、仕組みが変わったようで、女性から落ち着いて入れないとの意見があり、宿の方曰く試行錯誤しながらやっています、とのことでした。

有名な混浴風呂ならではの悩みということになるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

白樺からあじさい、あざみと川を上がっていく感じですが、バスタオルを巻いていると歩きにくく、入っていても落ち着かない感じで(タオルを巻いて入ることはほとんどなく慣れていないためでしょうが)、お湯やお風呂の風情がいいだけに少し残念でした。

多分一部のマナーの悪い人のために、このような形になったのは理解できますが、個人的にはかえって落ち着かない入浴となりました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.omaru.co.jp/
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH未確認  78.6℃
【立ち寄り営業時間】 11:30〜15:00
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

北温泉旅館  栃木県の温泉

2010年11月に立ち寄り湯しました。

栃木県の代表的温泉地、那須湯本温泉を中心とした那須七湯の一つで山の中の一軒宿です。

県道から山道を走り駐車場に着きますが、駐車場から更に山道を15分ほど歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

行きは下りですが、帰りは登りですので駐車場と温泉の間で結構いい運動になります。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやくたどり着くと、山の中にひっそり立つ古びた建物がいい味を出しています。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関に入ると江戸時代か明治時代かというような雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな時代劇の雰囲気の中、入浴券は自販機で購入して帳場で渡します。

館内は薄暗く不気味に感じる方もいるかもしれませんが、古い建物好きとしてはたまらない風情です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は、大きく4か所あり、内1か所は女性専用の「芽の湯」ですので、3か所に入浴しました。

「相の湯」+「泳ぎ場」

玄関の手前右側にあります。

「相の湯」は男女別の湯小屋で、「泳ぎ場」の脱衣所も兼ねた小さなお風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

「泳ぎ場」とは、その名前のとおり本当に広い野天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

滑り台があったり、うきわが置いてあったりしますが、温泉プールではなく野天風呂です。
ただ、囲いがいっさいなく道から丸見え状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

本当に解放感あるいいお風呂です。

「天狗の湯」+「打たせ湯」+「家族風呂(ぬる湯)」

「泳ぎ場」と並んで、北温泉の名物風呂が「天狗の湯」です。

浴槽と脱衣所が一体のタイプで混浴なので、女性の方は入りにくいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の投入量の多さ、どばどば感は一番あったお風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

子宝の湯ということで、外には絵馬が奉納してありました。

「天狗の湯」の外に「打たせ湯」と宿のHPではぬる湯と紹介されている「家族風呂」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

打たせ湯の写真は撮れませんでした。

「河原の湯」

川沿いにある男女別の露天風呂で、旅館の中で唯一といっていい新しい施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の泉質は、溶存物質679mgと1000mgに満たないので単純温泉ですが、もし1000mgに達していれば、ナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉・炭酸水素泉となる泉質です。
また、遊離炭酸(CO2)が679mgあり、二酸化炭素泉という泉質名が着く基準(1000mg)には、到達していませんが、それなりの量が含まれています。

入浴中はつるすべ感があり、湯あがりはさっぱり感があるいいお湯です。

3か所廻って1時間近くいましたが、今度はぜひ宿泊してみたい宿です。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www9.ocn.ne.jp/~kitanoyu/mokuj.htm
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH6.2  56℃
【立ち寄り営業時間】 8:30〜20:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆☆
【備考】

0

神奈川県溝口温泉・喜楽里  その他関東の温泉

2010年11月に立ち寄り湯しました。

JR南武線武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線溝の口駅(微妙に駅名は違いますが、同じ場所にあります)の北口バスターミナル8番から出る、東急バス溝22系統蟹ケ谷行きの路線バスで約15分乗った橘小学校バス停の前に立つ日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな看板が立っていますが、建物の外観は、嫌味ではない和のテイストです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下駄箱に靴を入れ、受付に行くとアームキーを渡されます。館内の飲食等の利用はこれで行ない、退館時に入館料ともども精算する仕組みでした。

入ってすぐ食事処が広がり、左にマッサージや休息所があり、お風呂はその奥の階段を上がった2階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂の入口には、こんな温泉案内が掛けられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

私の乏しい知識では少し、?のような温泉効果説明のような気がしますが、丁寧に説明しようとしている姿勢は好感が持てます。

お風呂は、内風呂と露天風呂からなります。
内風呂は、源泉加温循環の浴槽以外は、温泉ではないので体を洗うと、どのお風呂にも入らずに露天風呂に向かいました。

露天風呂は、大きめな岩風呂が仕切られ、右が上の湯、左が下の湯となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

上の湯が源泉かけ流し、下の湯は加温循環となっています。
ただし、上の湯は冬季は加温するとのことで、この日も大分冷えていたので、加温されていました。
個人的な好みでは、元々加温されている下の湯よりも熱く加温しすぎのような気がしました。

湯は紅茶色のなめらか、すべすべするとてもいい肌触りのお湯です。
湯あがりすぐは、深度掘削の塩化物泉的なべたつき感がありますが、すぐにさっぱりした感触になり、入っているときも、出てからも気持ちのいい温泉でした。

クリックすると元のサイズで表示します

行ったのが、平日の午前中ですいていたのでゆっくり入れましたが、土日はそれなりに混雑するようです。

施設、温泉とも満足できた日帰り施設でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.kirari-net.jp/mizonokuchi_top.html
【泉質】 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉    
【PH・泉温】 PH7.98  41.3℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜24:00
【立ち寄り料金】 平日750円 土日祝日950円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】

0




AutoPage最新お知らせ