ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
本日は結婚式に出席しました。  徒然記

今日は、千葉県浦安市に行き、結婚式に出席しました。

新郎は、5年ほど前、私のお客様の会社の社員、しかも新入社員で、担当者として私の商談相手でした。

とても前向きな性格で、こちらの法螺のような提案にも、「やりましょう!」と受けていただいて、楽しい仕事ができました。

ところが、ある日個人的に相談がありますとのことで聞くと、会社を辞めて、独立してコンビニを始めるとのことです。

くしくも、私の家から歩いて15分ほどの場所のコンビニでしたので見に行くと、お店に活気がなく、陳列も乱れている状態でした。

コンビニは、1日の売り上げが50万円ないと経営が厳しいと言われますが、彼が引き継ぐ前は35万円程度の売り上げしかないとのことで、彼の周辺ではうまくいくか疑問視する人が多かったようです。

ただ、私の仕事のカテゴリー商品だけを見ても、売り上げを2倍以上にできる自信があったので、彼から改めて相談を受けた時に、やる価値はあると思うと言いました。

私の会社の営業は来ているのかと聞くと、売り上げが低いためか、あまり来ないということだったので、やる価値はあると思うと言った手前、品そろえ、露出の売場手直しを手伝ったり、販促についてアドバイスをしました。
すると、みるみる売り上げは本当に2倍となり、とてもうれしく感じたものです。

その後、彼の事業は拡大していきましたが、彼の会社の会議に出させてもらったり、彼の事業拡大相談に乗ったり、仕事ではないのですが、とても楽しい仕事状態です。

彼とは、株式会社エフエムネクス代表取締役の菊地涼君です。

エフエムネクスのHP

http://www.fmnex.co.jp/home

私より一回り以上、若いのですが、勇気を持って、切り開いていく生き方は、本当に尊敬できます。

そんな彼の結婚式なので、今日から一泊の予定であった箱根温泉おやじ3人旅をずらしてでも、出席させてもらった次第です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

彼の会社の創業時メンバー5人と久々に会いましたが、皆さん成長し、それなりの雰囲気が出ているのを見て、とてもうれしく感じました。

お祝いのあいさつで、べたな会社の宣伝しか中身がないとんでもない挨拶をいまだにする人が、いるのかあという他山の石みたいなのも含め、出席して良かった結婚式でした。
0

式が始まりました。  徒然記

明るい雰囲気の式です。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 温泉

新浦安に来ました。  徒然記

昨日一緒に飲んだS先輩は、箱根に日帰り温泉旅、のび先生も長野県の温泉に向かっているようです。

そんな中、こちらは海の近く千葉県新浦安駅に夕方近くなって到着です。

近くに、大江戸温泉物語の系列の日帰り温泉施設などがありますが、2000円を越える入浴料なので、さすがにふらっと温泉という気には、なれません。

まっすぐ結婚式場に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉

静岡県飛図温泉  静岡県の温泉

2007年から2008年の年末年始に2泊しました。

JR身延線稲子駅から山の中に入った一軒宿です。

私たちは、稲子駅に宿の車で送迎してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山の中に、結構大きな施設が現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

館内には、ダンスホールや卓球場などがありますが、歓楽型の施設と言うよりは、湯治場的な客層、雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

廊下は研修所みたいな感じで、風情があるとはいえません。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は、簡素な和室です。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は男女別に、内湯+露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのお風呂は、やはり露天風呂の方がいいということになると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

廻り一面が山に囲まれていて、野趣あふれる景色です。

クリックすると元のサイズで表示します

お湯は冷鉱泉の沸かし湯で、ホウ酸が主成分とのことでさっぱりしたやさしいお湯ですが、若干何の臭いかわからない香りが少しするだけで大きな特徴はありません。

正月の寒い季節にいったのですが、加温もそれほどしていないのでぬるめですし、周辺の山も冬枯れ状態だったので、季節的には冬はあまり良くないかもしれません。

食事処も大食堂という感じですが、何年も通っている方のお話を聞いたり、ざっくばらんな雰囲気でした。
ただ、味は料金を考えれば妥当な感じでした。

お湯質重視の方、部屋、施設にこだわる方や食事を楽しみにする方にはお勧めできないかもしれませんが、山の中の気さくな湯治場的な雰囲気、解放感ある露天風呂は満喫できました。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.asahi-net.or.jp/~GQ6M-TKUC/index.html
【泉質】 冷鉱泉    
【PH・泉温】 PH8.9  16.8℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜16:00
【立ち寄り料金】 600円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
3




AutoPage最新お知らせ