ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
どうしても入りたい!日本の名湯&秘湯ベスト20  徒然記

久々にテレビを三時間も集中して?見てしまいました。

ドラマは大したことがないのを複雑、小難しげにしているのが嫌だし(まあ、見ているこちらが単細胞なもんで)、お笑いは芸だなあと思えるものがないし、ニュースは上っ面を流しているだけで(裏をきっちり取っているんですかね)、本当に腹が立つしで、テレビは本当に見なくなりました。

「どうしても入りたい!日本の名湯&秘湯ベスト20」でも、?と首が横にぽっきり折れてしまうこともありましたが、見ていて行きたいところがいくつかありました。

山形県広河原温泉、宮城県吹上温泉『峯雲閣』、秋田県鶴の湯温泉、大分県壁湯温泉、鹿児島地獄温泉、大分県別府温泉といったころが惹かれました。

ある意味メジャーな場所が取り上げられているわけですが、やはり東北、九州の温泉はいいですよね。

こういう番組を見ていて改めて思うのは、昨日の大和の湯でも1人いましたが、掛け湯もせずタオルを腰に巻いたまま、温泉に入るのは、もしかしてこういうテレビの影響なのでしょうか。

まあ、大の大人ですから(子供なら知らないからそうするかもしれないが)、そういう人はテレビの影響というより常識の問題なのでしょうが・・・

0

温泉ソムリエ協会トピックス  徒然記

昨日、初の温泉ソムリエ監修の本!!!「女性温泉ソムリエが薦める日本の名湯」が発売されました。

昨日は、地元の亀有と松戸、今日は仕事先の大手町と神田の4軒の本屋で探しましたが、見当たりません。

大手町の本屋では、替わりに2冊も別の本を買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、そのうち見つかることでしょう。

あと、11月16日に温泉ソムリエステップアップセミナーが東京であるようです。

温泉ソムリエ協会には、ソムリエにも格付けがあり、

★無 温泉ソムリエ(つまり私)がまずあり、

更にステップアップとして、

1つ★ 温泉ソムリエマスター

1つ★ 温泉ソムリエアンバサダー

1つ★ 温泉ソムリエインストラクター

があり、上記の内2つのライセンスを取得すると、「★★2つ星温泉ソムリエ」となり、

上記すべてのライセンスを取得すると「★★★カリスマ温泉ソムリエ」となるそうです。

11月16日のセミナーは、「温泉ソムリエ温泉分析書マスター」ということで、
受講すれば、1つ★温泉ソムリエマスターになるということのようです。

まあ、★の数は気にしないのですが、講師が、遠間家元と温泉ビューティー研究家にして★★★カリスマ温泉ソムリエ(第2回ソムリエ認定ツアー受講者だそうです)の石井宏子さんとのことらしく、また温泉分析書はもう少しきちんとわかりたいと思うので、受講してみようかなあと思っています。

丸の内朝大学という社会人向けの講座の中に、石井さんが講師を務める旅学部「温泉トラベルプランナー 基礎クラス」というのがここ1年くらい(3か月で1サイクル)あります。
受講したいのですが、約毎10週間遅刻もしくは休暇というわけにはいかず、泣く泣く受講できていないので、この機会に石井さんの話を聞いてみたい気がしています。

今日はこれから、その石井さんも監修に加わっているテレビ東京の3時間番組で「どうしても入りたい!日本の名湯&秘湯ベスト20」をノンアルコールビールを飲みながら見ます。


0




AutoPage最新お知らせ