ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
温泉を満喫しました  只今、旅行中

30分入浴、1時間昼食、30分入浴、風呂上がりの一杯(ここで3杯目ですが)15分と、2時間あまりを「きぬの湯」で過ごして、帰路に着きます。

正直、期待はさほどしないで行ったのですが、いい温泉でいい施設でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉

入浴後の一杯  只今、旅行中

きぬの湯に入館したのが、11時半少し前で、30分ほどゆっくり温泉に入って出るとお昼時です。

食事処で昼ご飯を食べることにします。

が、まずは生ビールとなすの一本漬を頼んでしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日から読んでいる松田先生の本に、風呂上がりの冷たいビールは×、自分の健康には、いい歳になったら責任を持ちなさい、と書いてあるのを読んだばかりですが、やはりやめられません。

値段設定が高めのためか、天気のせいかわかりませんが、お風呂も食事処も比較的空いていて、そんな雰囲気の中で湯上がりビールを飲む至福の時は、やめられません。

食事は、ねばりがち蕎麦を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

納豆、とろろ、生卵、しらすなどがのったおそばです。

少し茨城県っぽいメニューにしてみたつもりでしたが、納豆入りの蕎麦は、初めて食べたような気がしますが、意外といける味でした。
0
タグ: 温泉

温泉に着きました  只今、旅行中

小絹駅から20分ほど歩いて、目的の温泉に到着しました。

気温は高くないはずですが、しっかり歩くと汗ばむ感じになります。

茨城県では、数少ない源泉掛け流しの温泉とのことで、私的に茨城県5ヶ所目ですが、初めての源泉掛け流し施設となります。

1200円と高めの入浴料ですので、ゆっくり入ってみようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉

やはり家の中にはいられず  只今、旅行中

台風14号は、予想とは微妙に外れ、関東、東北には上陸しないで千葉の沖合を過ぎ、熱帯低気圧になるようです。

上陸せず、大きな被害が出なかったのは、まず良いことでした。

とても小さな個人的なことでは、台風を見越して、山形行きを急遽中止したのが結果としては、失敗でした。

結果云々より、なんでこんな時期に、こんな時に、台風が来るのかということに腹が立ちますが、相手が台風ではどうしようもないので今日は、軽く温泉旅気分を味わいに行くことにしました。

亀有から、がらすきの常磐線に乗り、江戸川を渡り、千葉県に入り松戸で降ります。

これまた空いている快速電車に乗り換え、我孫子でホームの向かいにこれまた客がほとんど乗っていない成田行きの電車に一瞬乗り換えようかと思いながらも、乗ったまま利根川を渡り、茨城県に入り、取手駅まで乗ります。

途中渡った江戸川、利根川とも水量が増している感じではありませんでした。

さて取手からは、関東鉄道常総線に乗り換えました。

クリックすると元のサイズで表示します

1両のディーゼルカーがゆっくり走っているのは、旅気分になります。

ただ車窓は、新興住宅地の中を走るので趣はありませんが、あくまでリズムがのんびりして、いい感じです。

25分ゆっくり揺られて、小絹駅で降ります。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛らしい駅舎が静かに佇んでいます。

これから、温泉に向かいます。
0
タグ: 温泉

台風が来ている土曜日  徒然記

12時間たっぷり眠り、10時に起きると雨は降っていますが、風はそれほど吹いていません。
本来なら、かみのやま温泉、赤湯温泉の共同浴場を廻り終えて、鉄道大学の時間がまもなく始まるところだったかと、少しまた後悔してからネットを見始めます。

年内の計画を立てようと思い、見始めていましたが、ふと気になって今年行った温泉を都道府県ごとにいくつ行ったのか確認してみました。

すると、こんな感じでした。

1位 長野県 26か所

2位 新潟県 23か所

3位 群馬県 10か所

4位 東京都 神奈川県 山梨県 島根県 8か所

8位 埼玉県 6か所

9位 鳥取県 4か所

10位 福島県 3か所

11位 茨城県 静岡県 2か所

13位 千葉県 1か所

昨年2009年は、16都県84か所に入浴し、

1位 長野県 21か所

2位 福島県 12か所

3位 群馬県 青森県 8か所

5位 山梨県 7か所

6位 秋田県 6か所

7位 千葉県 5か所

8位 埼玉県 静岡県 4か所

10位 東京都 新潟県 2か所

12位 岩手県 茨城県 栃木県 神奈川県 富山県 1か所

となっていました。

昨年、今年と長野県の首位は変わらず、群馬、山梨県が上位に来ているのは変わっていません。

一方、昨年と大きな違いが出ているのは、

@新潟県の温泉入浴数が飛躍的に増大(昨年に限らずそれまでほとんど行ったことがなかった。)

A昨年は東北4県で27か所も入浴できたのに、今年は福島県だけで3か所にとどまっている。

こうやって改めて確認すると、昨年は東北、今年は新潟が、温泉におけるマイブームのようです。(定番が、長野、群馬、山梨ということですかね。)

自分でも不思議なのは、この2年間、なぜか栃木県の温泉にほとんど行っていないことです。

栃木は来月おやじ3人旅で那須を中心に行き、東北は年末山形に行く予定ですが、なぜか足が向かないときは、向かないのですね。

そして、かみさんの気が変わらないうちにのリサーチをしているのが、新潟県の温泉地ですが、ここ数年行っていない岐阜県にしてみようかな、などと考え始めて、台風の日の土曜日は1日家の中で過ごしています。
0




AutoPage最新お知らせ