ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
本当に夏休みが終わりました  徒然記

4泊5日の山陰温泉旅行、ひたちなか海浜鉄道日帰り温泉、丹沢周辺日帰り温泉旅行、そして先週の温泉ソムリエツアー2泊3日と、こう列挙すると充実の夏休みのはずですが、なんとなく物足りなさがあり、そして終わってしまった寂しさを感じます。

温泉計画も秋バージョンに完全になり、土曜日は、上野で計画の打ち合わせをのび先生夫婦と行い、今日は、北千住で秋のおやじ3人旅の打ち合わせです。

それに今週末くらいからは、体育の日3連休も検討しなくてはなりません。

今年の温泉での2つの目標、ブログを始める。温泉ソムリエになるは達成できましたが、体が温泉を欲してやまないので、秋もいい温泉にどんどん入りたいものです。

9月の敬老の日3連休は、温泉ソムリエ同期生のぱとさんに教わった、蝿が沢山いる(その頃にもいるのか?)汚い施設だが極上湯の宿に行くので、その際に、ぱとさんに会えるかもしれず、当面はそれを楽しみに、浮世を生きていくことにします。
0
タグ: 温泉

本日は実家の手伝いです。  徒然記

とてつもない炎天下のもと、市原市の物置小屋の荷物搬入の手伝いです。

クーラーないし、草刈りを今年2回やっても雑草は生え、そこに虫がいっぱい生息するので、結構つらい環境です。

まあ、たまには親孝行しないといけませんからね。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉

戸倉駅→上野駅のんびりお帰り旅  只今、旅行中

新幹線経由より4時間余計にかけての在来線での旅です。

戸倉駅10:57発のしなの鉄道小諸行きでスタートします。

クリックすると元のサイズで表示します

1998年の長野新幹線開業により、在来線がJRから第3セクターとなり誕生した鉄道会社です。
国鉄・JR時代は特急列車での通過客が多数いましたが、新幹線開業後は地元客がメインとなり苦しい経営が強いられています。
3両しかない電車ですが、上田まで混んでいたものの、小諸に着いたときは閑散としていました。

小諸から始発の軽井沢行きに乗り換えとなります。

クリックすると元のサイズで表示します

今年8月から増発による乗客増を狙っての試験的な列車ですが、空いていました。

軽井沢駅周辺は、人通りがさすがに多かったです。

乗り継ぎ時間が50分ほどあったので、旧軽井沢駅記念資料館に200円払って入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

旧1番線ホームには、新幹線開業により廃止された横川―軽井沢間の碓氷峠越えに活躍した機関車が置かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

旧待合室の中が資料館となっていて、色々な資料が展示されていましたが、一番興味をひかれたのは、大正14年から昭和37年の間、営業していた草軽電鉄の資料でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車に乗って、草津温泉に行けるなら、渋川から吾妻線で行くのではなく、軽井沢から乗っていくでしょうね。

2階には貴賓室が再現されていました。椅子に座ってみましたが、たしかに座り心地はよさそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、資料館を見て時間をつぶし、長野新幹線開業と引き換えに廃線になった横川―軽井沢を走るJRバスに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

座席が、ほぼ埋まるくらいの乗車率でした。
通常、碓氷バイパスをバスは走るのですが、このバスは7〜11月期間限定で旧道を走りました。バイパス経由より8分ほど時間がかかるし、狭い道のカーブが多いので乗り心地は悪いのですが、眼鏡橋という鉄道遺産をまじかに見たり、峠の湯にも寄ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

峠の湯は、横川駅前の碓氷峠鉄道文化むらから、廃線跡を走るトロッコ列車で行くこともできます。
5、6年前にトロッコに乗って、入浴しましたが、私には耐えられない塩素臭で、おそらく私の数少ない入浴歴の中で入浴最短時間記録を保持している施設です。

横川駅で、定番峠の釜めしを購入し、各駅停車で高崎に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

新幹線開業後も、JRとして残るだけあり、駅ごとに人が乗ってきて、高崎に着くころは、立つ人が出るほどです。(しなの鉄道より1両多い4両編成でしたが)

高崎からは、上野行き各駅停車に乗りました。
750円余計に払ってのグリーン車です。
今回は、荷物があるので2階建てではなく、平屋の部分に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

軽井沢地ビール3本セットを飲みながら帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

上野駅でのび先生夫婦と落ち合い、ビールを飲んで温泉ソムリエ意見交換会をして、のび先生夫婦は、東北新幹線で帰り、私たちは寝台特急北斗星のお見送りをして家に帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

0

戸倉駅からゆっくり帰ります。  只今、旅行中

温泉ソムリエになるべく、赤倉温泉、関温泉に入浴し、温泉ソムリエになったあと、上山田温泉に宿泊した2泊3日の旅も、あとは家に帰るのみです。

急いで帰る必要もなく、温泉も堪能できたので無理矢理立ち寄りもせず、経費節減も兼ねて、鈍行でゆっくり帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します

どのくらいゆっくりかというと、新幹線より4時間余計にかけて帰ります。

経費節減はというと、新幹線より2190円お得ということになります。

まあ、とにかく帰るだけです。
0
タグ: 温泉

温泉ソムリエとなって最初の温泉  只今、旅行中

温泉ソムリエとなって、最初の温泉は長野県上山田温泉です。

本日、温泉ソムリエに認定された私たち含め21名のうち、今日も温泉に宿泊するのが、

不明者が12人いますが(全員わかるわけもありませんが)法師温泉2名、大塚温泉1名、岩手県のどこか2名、これから決める1名と私たちを含めて8名いるようです。1人温泉に泊まらず帰る人がいて、本当に温泉好きが多いわけです。
(今日は帰る人も、来週青森方面旅行に行くそうです。)

私たちの宿泊する宿は、大型ホテルタイプの温泉旅館ですが、お風呂には大満足です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ