ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
別所温泉・あいそめの湯  長野県の温泉

2009年11月に立ち寄り湯しました。

上田から11キロ、上田電鉄別所線で約30分の場所にある、日本三大随筆「枕草子」に登場する「ななくりの湯」が、別所温泉であるとされるほどの歴史ある温泉地です。

現在も多くの旅館があり、訪れる人も多い温泉地です。
老舗の高級旅館が、大型ホテル化せず、和風旅館として上品に健在している、いい雰囲気がある温泉街です。

上田電鉄別所線別所温泉駅前に、2008年にオープンした日帰り施設です。

別所温泉駅のすぐそばに2009年5月にオープンしたセンター系の入浴施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場も建物も浴室も(露天風呂も)広くして、多くの人が別所温泉のお湯を楽しめるようにということで作られたのでしょうが、お湯は循環の、案の定ひどいお湯でした。

別所温泉で立ち寄り湯するならやはり共同浴場に限ると思います。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/sys/20091103000001254.html
【泉質】 単純硫黄泉    
【PH・泉温】 PH8.9  50.9℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜22:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆
【備考】 


(おまけ)上田電鉄 別所温泉駅

上田駅から別所温泉駅の11.6kmを約30分で結ぶローカル私鉄の終着駅です。

駅の造りは、大正時代から昭和初期に流行した造りだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

駅のそばには、「丸窓電車」として昭和50年代まで走っていた電車が保存されています。丸い窓は、大正時代のカフェなどで流行し、その影響を受けているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

往年の「丸窓電車」をモチーフに、東急線で走っていた車両を改造して「まるまどドリーム号」が走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

別所温泉に行くときは、できれば乗ってあげてください。
2
タグ: 温泉




AutoPage最新お知らせ