ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
埼玉県羽生温泉・華のゆ  その他関東の温泉

クリックすると元のサイズで表示します

風呂あがりのビールを飲んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年3月以来3度目の入浴湯です。今日もそうですが家から1時間半かかるので、好きなお湯ですが、中々足が向かない感じです。

2004年に地下1500Mから湧出した温泉は、ナトリウム炭酸水素塩塩化物泉です。
44度という温度なので、内風呂に大きめのひのき浴槽で、露天風呂も二つ加水加温なしのかけながし浴槽が、あります。
黄緑色をした軟らかいいいお湯です。ほのかにモール泉の臭いがします。

ただ一つ気になったのは、
温泉法改正により、ガス抜きが義務付けられたのでガスを抜いています、
との張り紙があったことです。
炭酸水素泉で、それは本当に温泉が変わらないということになるのでしょうか?

あと土日は1300円と高めの値段設定です。館内着とバスタオル、ハンドタオルが付いていますが、それがなくていいので安くしてくれればと思います。

もっともその為か土曜日とは思えない空き方です、それはいいことなのですが。

昨年行った時は、貸切風呂にも入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.route-inn.co.jp/hananoyu/
【泉質】 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物温泉   
【PH・泉温】 PH8.1  泉温44℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜24:30
【立ち寄り料金】 900円
【宿泊】 有(立ち寄り湯しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】宿泊は隣接するホテルルートイングランディア羽生
0
タグ: 温泉

北千住駅から  徒然記

昨夜の飲み会は、ブログをアップするぞという決意のもと誘惑を跳ね退け、一次会で帰りました。

今日も飲み会です。お隣り北千住周辺で温泉計画打ち合わせ会?です。

なのでブログと、計画の予習をしようと思っていましたが、長野県4ヶ所分を書いたら猛然と温泉に入りたくなったので、北千住駅から東武線の下り急行電車に乗り久喜駅にやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉

上諏訪まるみつ温泉なごみの湯  長野県の温泉

下諏訪駅の一つとなり上諏訪駅前のデパート「まるみつ百貨店」の最上階5階にある温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

私が20年近く前諏訪で勤務していたころは、地元でそれなりの扱いがあるデパートでしたが、昨今の厳しい状況の中でで営業を継続しているようです。
当時から温泉があるのは知っていましたが未入浴でした。

2009年7月電車の時間調整兼昼食のついでに立ち寄り湯しました。

デパートの中は全体的に古くくたびれた感じですが、温泉だけ新しくきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

市内4つの混合泉ですが、高温のため加水していますが、源泉かけ流しです。アルカリ性単純温泉の特徴は感じられませんが、気持ちいいお湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

何人か入浴していましたので、写真は撮れませんでしたが、こじゃれていて落ち着くいいお風呂でした。

末永く続いてほしいものです。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.e-marumitsu.com/onsen/onsen.html
【泉質】 アルカリ性単純温泉 
【PH・泉温】 PH8.5  泉温58.2℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜19:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

毒沢鉱泉・宮乃湯  長野県の温泉

毒沢鉱泉には、3軒の宿があります。

神乃湯のパワーに驚いたので、残り2つにも入ろうと、夏バテ気味の2009年8月一人で立ち寄り湯しました。

神乃湯より手前、住宅街のはじに少しわかりにくい場所に立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると雑然?としたロビーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

入浴料を払おうとすると、おかみさんが一生懸命宿のなりたちなどを話します。

宿のHPにもありますが、第二代館主が特殊養護教育にたずさわった経験をいかし、
バリアフリーにも対応できる旅館にするのにご苦労されたお話でした。

10分以上おかみさんのお話を聞いた後、入浴料を払おうとすると、
「たくさん話を聞いてもらったので、100円割引させていただきます。」
とのことで、こういう経験は初めてです。

おかみさんに浴室まで案内していただくと、丁寧にお湯について説明してもらいます。

ようやく服を脱ぎ、浴槽をみると神乃湯と違い色があまりありません。

クリックすると元のサイズで表示します

温度はちょうどいいのですが、こういうものかと思っていると、突然大きな音がして、浴槽内にジェットバス状態で味噌のようなかたまりとお湯が噴き出てきました。
何事が起きたのか驚いているうちに、お湯の色がオレンジ色になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうち機械が止まり、静かなお風呂に戻ります。
???で、隅にある源泉槽は小さくて入れないので、汲んではかけたりしながら30分ほど入浴しました。

クリックすると元のサイズで表示します

神乃湯よりお湯は落ちるなあと思いながら、ロビーで休んでいると体がとてもだるくなりお湯が効いていることに気がつきました。
本当はもう一軒の沢の湯に行こうと思っていたのですが、中止しゆっくり歩いてお蕎麦屋さんに入りました。

毒沢鉱泉のすばらしいお湯を味わう穴場の宿かもしれません。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www2.ocn.ne.jp/~miyanoyu/
【泉質】 含鉄(U)−アルミニウム−硫酸塩冷鉱泉(酸性低張性冷鉱泉)    
【PH・泉温】 PH2.53  2℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜13:00(要問合せ)
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1




AutoPage最新お知らせ