ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
別所温泉・あいそめの湯  長野県の温泉

2009年11月に立ち寄り湯しました。

上田から11キロ、上田電鉄別所線で約30分の場所にある、日本三大随筆「枕草子」に登場する「ななくりの湯」が、別所温泉であるとされるほどの歴史ある温泉地です。

現在も多くの旅館があり、訪れる人も多い温泉地です。
老舗の高級旅館が、大型ホテル化せず、和風旅館として上品に健在している、いい雰囲気がある温泉街です。

上田電鉄別所線別所温泉駅前に、2008年にオープンした日帰り施設です。

別所温泉駅のすぐそばに2009年5月にオープンしたセンター系の入浴施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場も建物も浴室も(露天風呂も)広くして、多くの人が別所温泉のお湯を楽しめるようにということで作られたのでしょうが、お湯は循環の、案の定ひどいお湯でした。

別所温泉で立ち寄り湯するならやはり共同浴場に限ると思います。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/sys/20091103000001254.html
【泉質】 単純硫黄泉    
【PH・泉温】 PH8.9  50.9℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜22:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆
【備考】 


(おまけ)上田電鉄 別所温泉駅

上田駅から別所温泉駅の11.6kmを約30分で結ぶローカル私鉄の終着駅です。

駅の造りは、大正時代から昭和初期に流行した造りだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

駅のそばには、「丸窓電車」として昭和50年代まで走っていた電車が保存されています。丸い窓は、大正時代のカフェなどで流行し、その影響を受けているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

往年の「丸窓電車」をモチーフに、東急線で走っていた車両を改造して「まるまどドリーム号」が走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

別所温泉に行くときは、できれば乗ってあげてください。
2
タグ: 温泉

共同浴場  温泉雑記帳

隔月刊の雑誌「自遊人」は温泉メインのときは購入します。

2008年11月号は、「湯街へ、共同湯へ。」が特集さていて読み返すことが多い号です。

クリックすると元のサイズで表示します

土日に埼玉「華」日帰り施設に行き、どちらもお湯は良かったのですが、何か物足りないなあと感じながら読んでいたら、風情、情感が足りなかったのかということに気がつきました。

共同浴場は施設は簡素ですが、お湯が良い上、地域に溶け込んだ場所ごとの風情があります。

このあといくつか共同浴場をアップしていこうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 温泉

埼玉県和銅鉱泉・ゆの宿わどう  その他関東の温泉

2008年9月に昼食付き日帰りで行ってきました。

西暦708年、武蔵国秩父郡(現在の埼玉県秩父市黒谷)から自然銅が発見され、これを喜んだ朝廷は日本初の貨幣「和同開珎」を発行しましたと歴史の教科書で習った場所に湧く鉱泉の宿です。

和銅鉱泉は、武田信玄公が和銅金山を開始した当時より開業したと秩父七湯のうちで最も古い歴史を有しているそうです。

最寄駅は、秩父鉄道和銅黒谷駅です。
ホームには、「和同開珎」をかたどったモニュメントがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰りなのに妙に贅沢をして、

露天風呂付客室(2時間)7350円/人(2人)+3150円定食

にしました。

値段が高いだけあって、駅送迎付きです。

部屋は、和室(6畳+6畳)+テラス(露天風呂)です 。
宿泊は、21000円〜となっているのでもしかすると立ち寄りのほうが割高なのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の露天風呂は温泉(鉱泉)ではなく、水道水の沸かし湯です。行くまで知らず、大失敗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

これなら普通の日帰り入浴840円にすればよかったと後悔しながら大浴場に行きます。
鉱泉の加温循環湯です。お湯はコメントするまでもありませんが、露天併設のお風呂はいい雰囲気でした。

クリックすると元のサイズで表示します

川沿いの露天風呂の風情には満足しました。

クリックすると元のサイズで表示します

食事は前もって希望時間を聞かれて、部屋に持ってきてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気、接客は良かったのですが、2時間と時間が短いので、値段が割高に感じられました。

私的には、お湯に不満があるので宿泊はしないと思いますが、休日に行ったのにすいていましたので秩父の立ち寄り湯の穴場になるとは思います。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.wadoh.co.jp/
【泉質】 冷鉱泉  
【PH・泉温】 PH不明  泉温不明
【立ち寄り営業時間】 11:00〜(要問合せ)
【立ち寄り料金】 840円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】お湯の評価を抜きで、施設の雰囲気で
0

50か所アップしました  徒然記

5月16日に「越谷ゆの華」紹介時点で50か所を紹介したことに気付きました。

極私的☆☆☆☆☆的温泉
10本 9か所

北海道・東北の温泉
4本 4か所

関東の温泉
7本 7か所

中部の温泉
17本 19か所

唯今、旅行中
17本 2か所
(旅行中より上のカテゴリーで4か所ダブリ)

海外の温泉
9本 9か所

今年2010年訪問は、52か所あるのですが、そのうち24か所アップしました。

過去分では写真がない(ちゃんと撮れていない)所もあるし、紹介したくない所もあるので行った場所すべてを紹介できるとは思っていませんが、改めてこつこつアップしていこうと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
2

月曜日が始まりました。  徒然記

土日は、華の湯とゆの華に立ち寄り湯しました。どちらも埼玉県の日帰り施設でしたが、重曹泉系のぬるすべ感のあるいいお湯でした。

今週末はそんな日帰り施設にも行けそうもなく。仕事もまあ忙しいので気分の重い一週間になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 温泉




AutoPage最新お知らせ