ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
和歌山県湯の峰温泉・旅館あづまや  近畿地方の温泉

2011年10月に立ち寄り湯しました。

湯の峰温泉の代表的な温泉旅館で、日本秘湯を守る会会員宿でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると一昔前の旅館の風情です。

クリックすると元のサイズで表示します

帳場で入浴料を支払い、浴室に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは内湯に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

木がふんだんに使われた浴室の雰囲気は、最高です。

浴槽は2つあります。

大きめな浴槽は90℃くらいある源泉に加水して温度調整がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

一方小さな浴槽は、湯量の調整で温度調整された「さまし湯」です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室の雰囲気も相まって、どちらのも素晴らしいのですがこの時の私には「さまし湯」の方が、香り、感触がより良く感じられました。

と自信がないのは翌朝入った同じ源泉を使用している共同浴場でも同じような2種類のお風呂があったのですが、その時は加水された浴槽の方が良く感じたからです。

内湯とはつながっていませんが露天風呂もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも入浴しましたが、眺望があるわけでもなく、浴室内に漂う湯の香りもなく、私としては内湯だけで大満足という感じでした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.adumaya.co.jp/index.html
【泉質】 含硫黄ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉    
【PH・泉温】 PH7.8  89.6℃
【立ち寄り営業時間】 13:00〜15:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】


0
タグ: 温泉



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ