2008/7/21 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

段取り付け、続く。本日はB班の稽古。

深度は一段階すすんだか?な。
ユキオ氏発案で稽古後飲みに行くことになったが、美術さん舞台監督さんとの打ち合わせのため稽古後池袋に。
0

2008/7/21 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

ダウナーMAXの日。
記念として記す。

事務所近くの「どさん子大将」の味噌ラーメンが最高。
最高にどさん子の味。癒されました。

20世紀最後の大発明(だと勝手に思っている)「冷えぴた」と
21世紀最初の大発明(だと勝手に思っている)「めぐリズム」を併用して
仮眠したりする日々。
0

2008/7/21 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

少し間があいてしまいました。
あいたものとして間は書かずに近況とすべきかいなか。

まあとりあえず10日ころのことを。
今年の半期で一番、年間でもおそらく一番切羽詰ってた週。
そのさなかなこのころ新感線の「五右衛門ロック」観に行きました。
とても楽しかった!
白波五人男よろしくの見得きりの中島かずき節によっまってました!って感じでした。
カーテンコールはスタンディングオベーションでしたよ。
今回はコマ劇場でのお祭り=ロック的なお芝居でしたがそれがまた劇場にあっていて素敵でした。劇シネになったらまた見るでしょうが生でもう一度観たいものです。29日までか。
0

2008/7/15 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

お脳味噌は現実逃避の日々。

旅行に行きたいですね。
四国の金比羅様に行きたい。
高橋由一の「豆腐」があるから。
http://www.konpira.or.jp/museum/yuichi/works/tohu.html
見たいなぁ。
0

2008/7/12 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

最近のゲーム。
DS「大合奏!バンドブラザーズDX」をやっています。

ビートマニアとかポップンミュージックとかのリズムゲームの類ですが
特徴は1曲が8つの楽器のパートに別れていて最大8人まで一緒にセッションできるという点。「俺はギターやる」、「じゃベース」、「じゃサックスで」「ドラムは私」みたいなことができるのです。

DXはシリーズ2作目で今回より加わったインターネットダウンロードが楽しいです。
1作目から自分で楽譜を起こして曲を作れる機能がついてはいたのですがこっち系の才能がからっきしの自分には持ち腐れな機能でありました。
が、今回はそうやって作った曲を任天堂のサイトに(オリジナルではなくメジャータイトルで、おそらく任天堂が著作権をクリアにしたものを)投稿することが出来、自分のような人間はそのなかから自分のパーソナルな思い出の曲なんかを見つけてダウンロードして遊ぶことができる機能がつきました。最近のNET事情(無名の職人たちの技をたたえ恩恵にあずかる)を上手く取り入れた進化に感心します。
チャゲ&アスの「YHA YHA YHA」とかミスチルの「イノセントワールド」とか
「エキセントリック少年BOYのテーマ」だとか最近のリズムゲームには入っていないような曲を見つけてはダウンロードしてカスタマイズしております。

今はどなたかがくるりの「ワンダーフォーゲル」を投稿してくれないかなと期待しております。
0

2008/7/8 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

はてさて。

あ、七夕ですね。
窓の外に手がとどきますか?
0

2008/7/6 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

今回の芝居に出てくれる大原やまと君と栗田和美君(男子なので君にした。わざと)が出演している舞台を見にアイピット目白に。
「ピクニック」
作 ウィリアム・インジ
脚本はもう半世紀も前の赤毛(翻訳)モノ。演出補もやっているというやまと君が「和訳も古くて大変です」なんて言ってたのでどんなもんかと見に行ったわけでしたがすこぶる面白かった。好みであった。事件になるほんの数%の特異な家族の話ではなく90%以上の一般の普通の家族とそして人間の青臭さのお話。あのころのアメリカの片田舎、翻訳モノ、という距離がちょうど良かった。半世紀をへてなお普遍性をもち、触れたこちら(観客)の「歳」によっても感想は変わってくるだろう作品。作家と登場人物たちとの距離もべったりでなく、また好み。人の一生。人生の何かの一部を抜き出して作品に昇華することの出来る能力を手に入れた脚本家だったのだろう。
ウィリアム・インジという脚本家は存じていなかったが1961年に「草原の輝き」という映画でアカデミー脚本賞を受賞している。ビリー・ワイルダーが「アパートの鍵貸します」で同賞を取った翌年だ。そして、その10年ほど後、60歳で自殺してこの世を去ったそうだ。
人生を掴んだとさえ思える作家が自殺して果てる。現実はより複雑なのか、いや単純なのかも。さて。

ヒロイン役を橋口まゆみさんが演じてらした。
初演(空間製作社版より前)の四方田版「ホームカミング」でリエコを演じてくれた方。
また世間の狭さを感じました。

皆様お疲れ様でした。大原君、栗田君、火曜からはウチの方をよろしくです。
0

2008/7/6 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

午後から夜まで稽古。
本日はA班の段取り付け。
今回は再演で台本が最後まで稽古始からあるので感情の前に動きをつけてしまいましょう。という方針でやっております(もともと読みは少な目の集団ではあります)。
ここでこのタイミングで出て。
彼がこうしたらそれを振り払って。
そこかぶってるからこっちへ。

作業的な稽古ですが。ここでやっとくと後につながる。と信じてしばらくがつがつとやってゆきます。
0

2008/7/6 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

考え事の日。
良い考えは、たまにパッと突然思いついたりもするものですが大概は机に座ってうんうんとうなりながらこれでいけるんじゃないか?という落としどころを探すものだったりします。大事なのは自分なりの落としどころを持っているというところでしょう。

会議などで出席者も落としどころを求めるのでなく、「早く終わらないかな」という気持ちで臨んでいる、そんな場に出くわすこともあるかと思います。
つまりはそういう無駄をしててもやりくりできる余裕がある。ということなんでしょう。ずるずると慣習を引きずっているのでなければですが。
0

2008/7/5 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

シリーズ「僕とドラゴンクエスト」
その1 ドラクエ1の思い出

1986年5月27日発売。
発売日に買ってもらいました。
小学校高学年でした。誕生日は7月なのでどうして発売日に買ってもらえたかは憶えておりません。お年玉の貯金で、という可能性もあります。
周りの友人で発売日に買ったのは自分だけだったと思います。
「これは買わねば!」と思ったのは自分は少年ジャンプっ子だったからです。堀井雄二さんは元々ジャンプにも関係するライターさんだったようでドラクエの情報の扱いはジャンプが一番大きかったように思えます。
このドラクエ1、容量は512kビット(64Kバイト)だそうですよ。MバイトじゃなくてKバイト。今や携帯画像1枚とれません。
なので容量をできるだけ切り詰めるためにカタカナは50音全部使えなかったそうです。頻度の少ない語は切り捨てたようです。
そのせいか発売前情報ではかっこいいカタカナの名前だった敵が「あくまのきし」みたいなひらがな名に変わっててちょっとショックだったりしました。
なかなかレベルが上がらなくてねぇ。お金もたまりにくくて。
挫折しながらも「死の首飾り」が何回かに一度出てくるあの洞窟で稼いだりしました。
ゴールドマンに妖精の笛を吹いて「何にもおきないじゃないか!」と思ったりしてました。定番ですが「太陽の石ここにあんのかよ!」とかね。
クリアは近所の夏祭りの日でしたから7月20日ごろですね(憶えているものだなぁ)約2ヶ月かかりました。Lvは19だったはず。
それなりに楽しく遊んだのですが当時の自分の評価は年上のいとこが持ってた「ゼルダの伝説」の方が上でした。横向けたからかもしれません。
ちなみに誕生日には「ワルキューレの冒険」を買ってもらったはず。評価はドラクエの方がすげえ。だったと思います。横向けたけど。

不定期でつづく。
0

2008/7/4 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

空間製作社さんと共同で借りている稽古場兼事務所。
環七沿いにあるためか周りにはこれでもかとラーメン屋。がある。
本屋もファーストフード店もないがラーメン屋は6軒も7軒もある。
その中の一軒、気になっていたんだけど行った事のなかった店に今日は行ってみた。
「どさん子」という名がついたラーメン屋に入ったのはいつ振りだろうか。
カウンターのみの古いが掃除の行き届いた店内。カウンターにはマスターと女将さん。サッポロ大瓶450円。常連さんと思われるお客さんがマスターとプロ野球の話。マンガゴラクとマンガサンデー。
あれ。完璧じゃないか。完璧ですよここ。パーフェクトサークル。
チャーハンとギョーザを注文。
あーこれこれ。このチャーハンだよ。
ラーメン専門店が主流になった昨今の弊害はこの味のチャーハンを出す旧来のお店を駆逐してしまったことだなぁ。なんて。
仕事があったので飲まなかったけどチャーハン、ギョーザ、瓶ビールで一五〇〇円でおつりが来る。いい店だ。自分好みの。しまったもっと早くに行っとけば良かった。

映画「たんぽぽ」の1シーンとか
大学時代によく行ってた「つけ麺大王」のチャーハンを思い出した。このチャーハンの塩加減が日によって全く異なるのだけど何回かにいっぺんものすごくばっちりな日があってはずれもあるとわかりつつつい頼んでたりしてたことを。

しまった。もっと早くに行っとけば良かった。
0

2008/7/2 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

相変わらず、お脳のウインドウが複数立ち上がっていると処理能力が格段に落ちる。なんとかしたい。最近風に言うならば、どぎゃんせんといかん。
あれとこれとそれをやらなければと思っていると結局何もしない。時間がただすぎてゆくそういうことのことでありまして、やらなければいけないことの重要度の大小にかかわらずウインドウの重さは変わらないというのがやっかいです。
「トイレの電球が切れてた。買ってこなきゃ」とかそれだけでなんだか頭がもやっとしている。そういうことってありますでしょう。
「今やることはこれ。これだけやる」と割り切れる人、いい意味で忘れ上手な人のことを処理能力の高い人というのでしょうね。
0

2008/7/1 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

新郎新婦ならびにご家族の皆様おめでとうございます。
ジューンブライト駆け込みセーフ。なのね、そういえば。
延々飲んで騒いで祝いたい気分でした。閉会時間が恨めしかったですよ。
 

一夜明けて今日も稽古。
稽古終了後、予定通り配役決定をいたしました。
合同の稽古は今日まで。これからしばらくはチームごとの稽古になります。
よく言うことなのですが作家も演出もスタッフもそしてお客さんも芝居全体を見渡すことは出来ますが役者は自分の演じる登場人物の視点から芝居にかかわることの出来る唯一の存在です。愛して、は大仰か、まあ楽しんでくれたらうれしいと思います。
登場人物は作者の分身というか子供のようなものですが公演が終わるまでの約3ヶ月あなたに貸します。気に入ってくれたら、欲しかったらあげます。そしたらプロフィールの主な出演作に「ガンガンいこうぜ ○○役」って書いてね。
0

2008/6/29 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

本日は恵比寿の某ハワイアンなダイニングで、我らが劇団の座付き音響女史の結婚披露パーティがありました。
僕たちもアロハ着て、パーティに参加。
いや〜、めでたい。
新郎も芝居関係の俳優さんなので、新郎自らが司会を務める、という変則的なパーティでしたが。
ともあれ、おめでとう!

ちなみに「モンスターハンターポータブル2nd G」は僕もちょっと前から始めてます。
ようやく村の下位クエストも終盤に入ってきたところ、かな?
0

2008/6/29 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

仕事が忙しく、まだ一度も稽古場に行けていないミヤウチです。
早く新生「ガンガンいこうぜ」が観たい!!

モンスターハンターにはまり中です。全然つよくなりません…
0




AutoPage最新お知らせ