2008/9/17 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

赤ちゃんは元気でちっちょかったです。

さてさて、ここ数日は稽古場を三鷹の某所にうつし、実際にセットを組んで通し稽古の毎日でした。
これからゲネプロを経て、本番になるわけです。
明日はいよいよ小屋入り。皆、頑張れ。

さてさて、一回休んでしまったドラクエ話。
そう、あれは『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』の時の話です。
『ドラクエIII』は、これまでのドラクエにはなかった職業の概念を持ち込みWIZライクにキャラメイクできることがウリの話題のソフトでした。
物語自体もI、IIと続いてきたアレフガルドとその周辺世界のルーツを示すロト伝説の最終章でもあります。

僕は、いや僕ら兄弟は、発売日に『ドラクエIII』を手に入れることができませんでした(多分、そんな人は五万といるはず。いや、五万じゃ済まないか)。
となると一番やっかいなのは、発売日に手に入れてネタバレをしてくるヤツ。
こっちは雑誌の情報すら一切見ないできたのに、いろいろと話してくるんですわ。泣けるほどに。
今では当たり前のことでも、当時はまだ情報解禁されてなかったので、いろいろ予想はしてたんです。
IIIの勇者が、実は○○だってことも、発売前には予想してました。
でもさ、予想はしててもプレイする前に「それが正解だ」と言われたら萎えるじゃん?
いや、そう言われたわけじゃないですよ。実際には「○○の剣って実は○○○○○○でできてたんだね」って言われたんです(あえて伏字)。
それだけで、いろんなことがわかってしまうわけです。
僕が憤慨したら、本人はネタバレじゃないって逆ギレしてましたけど。哀しかったなぁ。

でも、哀しいことはそれだけじゃなかったんです。
『ドラクエIII』発売当時、僕は高校1年。部活動や試験勉強に忙しく、家でも3人兄弟のため「ゲームは1人2時間まで」などと決められていました。
そんな中、物語は順調に進んでいきました。バラモスを倒し、アレフガルドに到達、そしてゾーマの城にたどり着くまでに何日かかったのか、僕は覚えていません。
でも、城にたどり着いて、動く石像を倒したあと、この先は長丁場になるだろうと予想し、引き返してセーブしたのは覚えてます。

翌日。
運動部(僕は器械体操部でした)のキツい練習から帰ってくると、6歳下の弟が大泣きしていました。
(つづく)
0

2008/9/11 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

結局ほとんど顔を出せていなかった稽古場に2日続けて行って来ました。
パレスサイドとダンジョンサイドを両方見学。

初演と今回の2つの冒険の物語。同じ登場人物の同じ時間のお話
            …なはずなのに、こんなに違う世界になるなんて!
一人ひとりの個性が違うから、一つの役を演じていても違う色で、、
更にその様々な色と色が合わさるから、全然違う絵が描かれてて、、
でも、そのキャンバスである台本の素材は3つとも失われていなくて、、
面白いじゃん!

そして。
2008年9月10日。
Sky Theater PROJECTを産休中のともともが、ついにともママになりました☆
ちっちゃな体で、よく頑張ったぞ!
早く会いに行くからね。
ともベイビーが中学生になる頃には、「ファミコン」とか「ドラクエ」とか、化石みたいに語られてるのかなぁ。。
0

2008/9/4 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

9月になっちゃいましたね。
公演まであとわずかとなってまいりました。

ちなみに、今回のダブルキャストには「王宮サイド」「迷宮サイド」という名前がついています。
当初は普通に「Aチーム、Bチーム」とか「Aキャスト、Bキャスト」などと呼んでいたのですが、それでは味気ないということで名前をつけることになったのです。
王宮と迷宮……どちらも「ドラクエ」にはなくてはならないものですし、字面的にも対になっているように見える……ということでこの二つが採用されました。
王宮は秩序を連想させ、迷宮は混沌を連想させる単語です。
「ということは王宮は王道的な演出で、迷宮はノリ重視の演出なのだろうか?」
などと予想しながら観に来るのも楽しいかも知れません。

さらに、英語で表記するとPalace Side(パレスサイド)、Dungeon Side(ダンジョンサイド)となります。
略すとPS、DS。
『ドラクエIV』にはリメイク作品としてPS版とDS版が存在する、というのを暗示している気がしなくもないです。

というわけで、初演版をあえて「First Contact」と呼ぼうと思う今日この頃なのでした。

【追伸】
パルプンテサイドとドラゴラムサイドでも良かったかなぁ……?
0

2008/8/21 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

不定期シリーズ「僕とドラゴンクエスト」
その2 ドラクエ2の思い出(前編)
1987年1月26日発売。1メガビットロムカセット。

まだ小学生でした。買うためにお年玉を取っておいたはず。でも買えませんでした。
予約しないと買えないソフトがある。という現実を知る。そんなゲーム。
手には入らなかったけれどそれでも発売日からほぼリアルタイムでゲームを進めた記憶があります。手に入らなかったのに?話はさらに少し昔にシフトいたします。
1987年をさかのぼること数年前の夏。父方の祖父が突然「パソコンを買おうと思う」と言い出しました。「なにができるかよくわからないがこれからはパソコンだろう。そいつをウチにおいて孫どもが集まって使えるようにしたらいいんじゃねぇか?」。親たちは眉をひそめたのかもしれませんが孫どもの多くは狂喜いたしました。そしてそれは有言実行され本家の一室にパソコンが鎮座することになり、近所に住む分家の孫でした自分らは本家にちょくちょく顔を出すようになります。まだ小学校低学年だった自分に当時のパソコンは、のめりこむにはハードルが高く、カセットテープに入った付属のゲームなどでお茶を濁しておりましたが当時中学生だったいとこなどは結構はまっていたように思います。
そのパソコンを形見にでもするようにその年の冬に祖父が亡くなり、パソコンの性能も日進月歩。年上のいとこは自分でパソコンを購入したり。祖父のパソコンは形見という意味しか存在理由がない代物になって行きましたが「本家に孫たちが集まる」という習慣は続いておりました。

1987年1月27日。放課後。いつものように本家を訪れると前出の年上のいとこも来ておりました。ファミコンをするいとこたち。いつもの光景。でもTVに映っているのはその年上のいとこが購入した「ドラゴンクエスト2」。
今回のドラクエの主人公には仲間がいる。
みんなで冒険をするのだ。

(つづく)
0

2008/8/18 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

今日の稽古前に出演者の木村さんから帰省みやげをいただきました。
「なんでこの時期に帰省?」と思いましたがお盆でしたね今。すっかり季節にも取り残されていて連日長袖を着て稽古場に行っておりました。見ている身としては稽古場、冷房が効きすぎていて寒いのです。今日は外のほうが寒かったですね。夏も終わりですかね。夏らしいこと何一つしてないけれど。
0

2008/8/15 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

宣伝です。

演劇の情報サイト
お薦めステージ紹介ポータル「CoRich舞台芸術!」に
ウチの公演の情報もUPされております。
http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=2683

まださびしい限りです。
ぜひアクセスしてみてください。
0

2008/8/14 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

はてさて、8月に入りましたね。
無事にチラシも完成しましたので、近日中に皆様のお手元へお届けできるかと思います。
ちなみに、今回の『ガンガンいこうぜ』はダブルキャストでの公演ですので、稽古も同時進行。
オープニング映像の撮影も二回。いろいろ二倍です。
内容もちょっと違うので、両方観るのも楽しいかも知れません。

さてさて、ドラクエの話でしたね。
『ドラクエIII』の悲劇を語る前に、やっぱり『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』の話もしておいた方がいいでしょう。
すでにPCでRPGを体験していた生意気な中学生だった僕にとって、パーティを組めるドラクエIIは待ちに待ったものでした。
IやIIIでいろいろと憂き目にあっている僕にとって、『ドラクエII』は一時の心の清涼剤のようなものであったと、今になって思えます。
巷では、「IIはバランス調整をあまりしていなかったため、難度が高かった」などと言われていますが、僕にとってはIIはドラクエの中でも最高の作品でした。
だって、ゲームを最後までプレイすることができたんだもの。
3人兄弟の中で最初にクリアすることができたのも多分、IIだけです。

もちろん、あの3人組も好きですよ。特にサマルトリアの王子が好きです。弱いけど。
PS2のいたストSpecialでサマルトリアの王子を使うくらい好きです。弱いけど。
アトラスの集中攻撃をひたすら防御して、ひきつけておくのが役目。
桜玉吉のあのパロディ3人組も連載当時から好きでした。

ドラクエのリメイク版は何ひとつプレイしていない僕ですが、それでも『ドラクエII』は好きなゲームの一つだと胸を張って言えちゃいますね。
多分、皆、「心のドラクエ」がどれかと聞かれたら、違うものをあげるんだろうなぁ……。

結構、話が逸れましたね。
閑話休題。次こそ、ドラクエIIIの悲劇を書きます。ではでは。
0

2008/8/13 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

忙しさにかまけて更新なまけておりました。
オリンピックも高校野球もペナントレースも観戦レースから脱落しております。

そんななか本日は稽古も仕事もお休み。
純粋な「休日」は公演が終わるまでもうないような。そんな気が。

あれもしようこれもしようと思っているうちに一日が終わってしまいそうな気も。。。
0

2008/7/31 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

昨日はひどい夕立でしたね。電車が止まったり。
ちょうど稽古終わりにそれがあたり、傘なしチームはしばしその場で
雨宿り。その間携帯ゲーム機で時間をつぶしたり。といか、みんな持ってるんだなぁゲーム機。当然持っているツールの一つなんだと改めて実感。
これだけ普及させた要因の一つは赤外線通信の発達だなぁ。携帯でメアドなどを送るあの技術。あれのおかげで携帯ゲーム機同士を有線のケーブルでつながずとも対戦や協力が簡単にできるようになった。これはかなり大きなことなんだなぁと思う次第。
0

2008/7/26 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

『ガンガンいこうぜ』を語る上で欠かせないのが「ドラゴンクエスト」の話です。
僕は「ドラゴンクエスト」がリリースされた頃にはすでに中学生で、パソコンでの「アドベンチャーゲームブーム」の後の「RPGブーム」をすでに体験していた身だったので、当時の感想としては「へ〜、ファミコンでもついにRPGが出るんだ〜。パーティは組めないのか〜。コミカルな絵柄で人気出るかもな〜」くらいの認識でした。
ついでに言えば、堀井雄二が「ラブマッチテニス」、中村光一が「ドアドア」で賞を取っていたということも、ドラクエ発売数年前の週刊少年ジャンプで読んで知っていた世代です。

そんな僕ですが、実は『ドラクエI』をちゃんとクリアしていません。
ゲーム自体は弟が買ってきたので、普通にプレイしていたんですが、エンディングまでたどり着けませんでした。
……何故か?
答えは簡単です。

途中でプレイを辞めてしまったわけではないのです。
実は兄弟の中でも僕の進行スピードはなかなかのものでした。
先へ進もう、先へ進もうとしていたため、レベルがまだ高くないうちから虹の橋を渡り、竜王の城へ赴きロトの剣を手に入れてしまったのです。
しかし、僕の勇者が竜王を倒すことはありませんでした。

当時のファミコンには、途中経過をセーブしておくという機能はなく、「復活の呪文」と呼ばれるパスワードを入力することで、続きからプレイすることができました。
そのパスワードを書きとめておいた紙を衣類に入れておいたのですが、こともあろうに、僕の衣類はそのまま洗濯されてしまったのです。
大渦の中に勇者は消え、二度と世界を救うことはありませんでした。

後に育ちきったパスワードでエンディングを見ましたが、それは僕の勇者ではありません。
いろいろとしょんぼりなドラクエライフの始まりですが、これはまだ序章に過ぎませんでした。

それから数年後、悲劇は『ドラゴンクエストIII』の頃に起こったのです(つづく)。
0

2008/7/24 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

週末にチラシの撮影などするため、衣装合わせをした日。
なんだかんだと皆似合うと思いますよ。制服。

稽古終わりに誕生日を祝っていただいた。
ありがとうございます。
0

2008/7/24 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

また一つ歳をとりました。
0

2008/7/24 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

冷房をつけたまま布団もかけずに寝たためかなりダルい一日。
ダルビッシュの安定感はすばらしい。二枚目だし。生まれ変わるとしたらダルビッシュになりたい。
安静が必要なので休んで寝たり。こつこつ作業したり。
昔より冷房に弱くなってきている気がする。子供のころはあんなに冷房が大好きだったのに。扇風機しかない我が家をうらんだのに。家を出て盆に帰省したらクーラーが設置されていてショックだったりしたのに。今はバスなどの冷房が直に噴出すあの丸いヤツとかが辛い。大人になったらファンタグレープを浴びるほど飲むんだと心に誓ったあの日の自分には帰れないのか。
0

2008/7/23 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

日記というか文章は毎日書いてないと筆が重くなる気がする。
さっくり長めの(といったって800字以内なわけですが)駄文が書けなくなる。口が軽いというけれど筆が軽いというのもあるのでしょう。
というわけでリハビリ中。
まだまだ重いな。
0

2008/7/21 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

「いまマンガは何がオススメ?」

その答えは
こうの史代「この世界の片隅に」だね。です。

「夕凪の街桜の国」の作家さんの最新作。
第二巻が出たので購入。

昭和19年に広島から呉に嫁いだ主人公の物語はこの巻で昭和20年の4月まで進んだ。後世の私たちはこの物語の転機が昭和20年の8月に訪れることを知っている。

次の巻で完結予定。
進行形である今、購入をぜひオススメいたします。
0




AutoPage最新お知らせ