フレンダ−へんしん。

2004/5/2 | 投稿者: yom_sky

 「CASSHERN」見た。フレンダーはバイクにならなかった。かえり血で赤く染まるワイシャツのエリっていいなとか秀治とか汽車とか良かった。でっかい汽車っていいよね。キリヤ監督には是非、草ナギ琢仁のマンガ「上海丐人賊」の映画化をお願いしたいと思う。
 監督は「キャシャーン」は好きなんだろうけどアニメやヒーローモノのオタクではないんだろうなぁと、思った。戦う理由。はヒーロー物を書くにあたって避けては通れね設題であり。ここ数十年でいろいろな試行錯誤がなされては来ているもののやはり制作者を多く悩ませている問題であると思う。ゆえ、それなりにラインや方向性や流行があると思うのだが、今回はそれをあまり感じなかった。それが長所としてでてれば良かったのだろうけど。
 唐沢演ずるラスボスの正体は「555」とは反対だった。どうでもいいことだけど。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ