こうたはん

2005/9/16 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

昨日、14日は劇団☆新感線の『吉原御免状』を知り合いと観てきました。
おたかいものですよ!
今回、この『吉原御免状』の冒頭の新吉原の廓町を表現するシーンに清水敬一郎君が吉原を訪れる人々として出演しているのですよ。
まあ、僕が座ったのはS列という1Fのはるか後方だったので、どれが清水君なのか、わかりませんでしたが……(苦笑)。
でも、あのエキストラの躊躇ないほどの投入っぷりと、廻り舞台のおかげで、青山劇場にまごうことなき色街が現出しておりました……。

お芝居はとても楽しかったです。今回はいつもよりもシリアス増量で格好良かったですね。
新感線は何度か観てますが、やっぱり凄いですねぇ。特に97年に『髑髏城の七人』を観た時の衝撃(?)は忘れませんよ。

追伸:芝居の内容とは関係ないのですが、斜め後ろに、いのうえひでのり氏が座ったのでかなり緊張しました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ