四方田

2007/7/7 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

続き。

漠然とした思い出話をする。
通っていた小学校に児童に人気のある(と、私は記憶している)若い男の先生がいた。
個人的には自習のときに何度か教わったことがあるくらいの先生であったがその自習の時間にやったレクリエーションがとても面白くて、「ああ、この先生は人気があるはずだ」と思ったことを今でも覚えている。

その先生があるときいなくなってしまった。
突然失踪してしまったのだ。蒸発ってやつかな。
その最初の一報を自分はTVで知った。
当時のワイドショーで失踪人を探す番組があった。その人がいなくなった経緯を再現フィルムで語り、帰りを待つ家族や関係者がカメラに向かって「帰って来い」って語りかけるアレ。
土曜に半ドンで家に帰りテレビを見ながら昼食を食べていると見知った小学校と知ってる先生が画面に登場し、「帰ってこい」と呼びかけた。びっくりした。ああいうのはテレビの中だけの話だと思ってたから。
で、月曜日の朝会は臨時で時間を延長し校長が先生がいなくなったことについて経緯を語った。今なら「まあそういうこともあるかもなぁ」と思うところだが、当時はあんないい先生がどうしてなんて思ったはずだ。

半年ぐらいして学校に現況をしらせる葉書がとどき、それが廊下の掲示板に張り出された。
どこどこの養護施設だか養護学校で働いている、心配、迷惑をかけてすまなかった。元気にやっている。
そんな内容だったと思う。
新しいところで新しい暮らしをしているんだ。もう帰ってこないんだ。もう関係はなくなちゃうんだななんて考えたと思う。
そしていつしかその先生のこともそんな騒動があったことも思い出さなくなって数年が過ぎた。
自分は中学生になった。

その夏は今年と同じような空梅雨でウチの地方(山のほうの生まれです)にあるダムの水量もへり、ダムに沈んだ村の建物が見えるまでになったなんてニュースが報道されるほどになった。
そんなある日、その水かさが減ったダムからナンバープレートのない乗用車が発見されたというニュースが流れた。
車の中から、自殺と思われる遺体が見つかったと。わりと大きく取り上げられた。
あの先生だった。

※わ。入りきらない!もうちょっとだけ続く。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ