2005/7/3 | 投稿者: yom_sky

土曜日はトクオさんとりえぷーさんが出演している芝居を見に目白にいったり。
目白駅は山手線の駅舎の中でも上位に入ると思われる素敵駅舎だ。車ではよく駅前を走る目白通りを利用するが、電車で行くのは久しぶり。アイピット目白という劇場自体もとても久しぶり(開店花火のお芝居を見に行って以来かも)。
まじめなファンタジーでコメディ要素がほとんどなく、どちらかといえばコミカルな役をやることが多いお二人が笑い一切なしの芝居をしててなかなか新鮮でした。
0

2005/7/3 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

だからこそ作り手の意思を統一させる事が重要になってくると思います。

それはさておき、身体を動かしているお陰で、毎晩よく眠れるひえぽんです。それでなくても、よく眠れますけどね。
本番まであと一ヶ月となり、毎日お稽古です。サムライさんのお芝居は、基本的にテンションの高さがスカイシアターとは別次元にあるので、そこへもっていくのに一苦労しております。で、一旦上がったテンションはそう簡単には下がらず、帰りの電車で一人気分が高揚しているのをひたかくしにしてるわけです。

役者たるもの、どんな状況にあっても感情をコントロール出来なければならないと思うのですが、なかなかそう重い通りにはいかないもんですね。あんな芝居をしたあとに、普通の顔して電車に乗ってる他の役者さん達は本当にすごいなと思った一日でした。
0

2005/7/3 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

「ラーメン二郎」は池袋店派。モヤシたっぷり。

二郎のラーメンは個性派のラーメン。うどんのような太い麺。しょっぱいぐらいのスープ。トッピングで野菜を頼めば山のように盛り付けられる。おそらく、100人たべたら60人は二度といらないと言うと思う店だがのこりの40%のリピーターで常に行列ができている。

お客さんの100%に満足してもらうモノを作ることなんてまず不可能だ。7割に「好きだ」と言ってもらえるモノを目指すか、4割に「愛している」と言ってもらえるものを目指すか、はたまた、極端な場合、ただ一人に「誰にも渡さない」と言われることが目的なんて場合もあるだろう。

自分の作っているものがどのような支持を受けるものなのか、把握する、もしくは方向性を示す、というのは重要なことだと思う。
0




AutoPage最新お知らせ