2005/5/31 | 投稿者: yom_sky

「東京おしゃれ探偵」の主人公、島津山ゴウは探偵をするかたわら、大学でセンセイをやっています(大学には探偵をしていることは内緒です)。はじめから両立してたわけではなく、探偵をはじめたのはそんなに昔のことではありません。歴史を教えています。専門は日本史、特に文化史。民俗学的な分野もテリトリーだと考えていると思われます。
で、これまでの1〜3話には冒頭に必ず島津山センセイの講議のシーンがありまして、ここでセンセイが講議している内容がその回のストーリーとリンクするような形をとっております。
第一話はとある企業の研究室から新開発の商品が箱ごと盗まれるのだが実はその箱自体が新開発の商品だった、というお話で講議は「浦島太郎の玉手箱は玉手箱自体に意味がある」という内容。箱つながりです。
2話では「トロイの木馬」3話では「覆水盆に帰らず」にまつわる講議をしています。シナリオを書くにあたり、ここで一つ問題が出て来ました。
トロイの木馬はギリシャの話で、覆水盆に帰ららずは中国の故事で島津山ゴウは日本史の先生だという事です。
と、いうわけで元の題材に少しアレンジを加えて、日本史の内容にする、という作業をくわえました。どんなものかというと・・・それはネタバレになるのでまた後日という事で。

本日は休館日。
明日20時21時の回を見に行くつもりです。どなたか御一緒にどうですか?
0

2005/5/30 | 投稿者: yom_sky

「東京おしゃれ探偵シマヅヤマゴウGO!」二話三話ロードショー始まりました。

ということで日記を日曜まで毎日更新したいとおもいます!できるかぎり。

今回は2話と3話のロードショーということで「1話見てないから話の展開がわからないのでは?」という声を知人から聞いたりするのですが、一応「1話完結」「どの回から見ても理解できるストーリー」を念頭にお話をつくっております。
特に2話と3話はその順番がかわっても問題ない、たとえば「ウルトラマン」でいえばベムラーとゼットンをのぞくいずれかの回、というイメージです。わかりにくいですね。たとえをかえて水戸黄門でいうと水戸を出発する回と帰ってくる回をのぞくいずれかの回のようなもの、と考えていただくとうん。わかりやすいかと思います。
「東京おしゃれ探偵」という作品の本来の味を味わっていただくのにオススメの2本となっているんじゃないかと自負するところです。
二の足を踏んでいる方はぜひ劇場で確認してみてくださいませませ。

第一回目はなんだか宣伝になってしまいました。
またあしたお会いします。
 
0

2005/5/24 | 投稿者: yom_sky

@LIVINGというネット放送(http://www.at-living.com/program/0516.shtml)あり、その中の「笑いのおかず」という番組にゲストとして5/1はSparksの横沢さん、5/15はDear My Friendの本多さん。5/22は島津山3話に出てもらったり、ウチの公演のお手伝いをしてもらったりしている大塚さんだったりして、きせずして知人が顔をならべております(実際ならべているわけではない)。
ああいうのって緊張したりしてなかなか上手くしゃべれなかったりするんでしょうがさすが役者の皆さん。きっちり自分の個性をだしてました。
横沢さんは自然にいつもどおりに見えましたし、
本多さんはいつもどおりパワフルでしたし、
大塚さんはいつもどうりあたふたしてました。

ほっといてもキャラってでるなぁ。
0

2005/5/20 | 投稿者: yom_sky

そして、私はその用紙にサインをした。
「これでいいんだろ?」
「事務的なのね」
「そうだよ。いけないかい?」
「だってあなた、嘘をついているもの」
「嘘?俺が?」
「そうよ。何も気にしてない、こんなことよくある事さ、そんな顔しているつもりになっているでしょう?だめよ。ちゃんと顔に出てる」
「なにが出てる?」
「悲しみ、怒り、そして、恨み」
「………」
「怒ればいいじゃない?わめき散らせば。どうしてあなたは取り繕うの?」
「そういうのはがらじゃない」
「言葉にしなければ気持ちはつたわらないわ」
「言葉なんて不確定だ」
「そうね、でも不確定な手段の中ではとびぬけてまともなツールじゃなくて?」
「気持ちを伝えてどうなるのさ」
「気が晴れるじゃない?もしかしたらなにかがかわるかもしれない」
「いつ切れるかもしれない蜘蛛の糸に群がって必死でもがくなんて、したくないんだ」
「結果よりプライドが大事なんてバカな男ね」

今日の出来事

仕事中、車をレッカー移動された。
3万円支払う。
0

2005/5/15 | 投稿者: Kota

Stardas.21
『KAN-KAN男』

2005年6月2日(木)〜6月5日(日)
スターダス・21 アトリエ

◆作:佃典彦
◆演出:藤井ごう(R-vive)

◆京王キャスト
金庭政男/清水敬一郎/川西こずえ/黒栁直人
阿部早苗/島崎征知/棚橋明希/竹下好幸

◆小田急キャスト
横田和宏/村上公宏/高橋さおり/坂井憲尚
小森叔子/島崎征知/棚橋明希/竹下好幸

◆スタッフ
演出助手:柴田美雪
舞台監督・舞台美術:染谷樹(ソマリエ工房)
照明:佐久間秋一(LOY)
音響・作曲:大西玲央(atelier KINO.co)
宣伝美術:atelier KINO.co
演出部:弦巻武之/弥吉洋輝
制作:緒方佐月/片山愉香
製作:(有)スターダス・21

◆日程:2005年6月2日(木)〜6月5日(日)
6/2(Thu.) 19:00〜(京王)
6/3(Fri.) 19:00〜(小田急)
6/4(Sat.) 14:00〜(小田急)/18:00〜(京王)
6/5(Sun.) 14:00〜(京王)/18:00〜(小田急)

◆チケット
前売・当日:2,000円

スターダス・21公式サイト
http://www.stardas21.com
0

2005/5/14 | 投稿者: yom_sky

西武の西口選手がノーヒットノーランを9回2アウトまで続けてて最後にうたれて達成ならず。西口選手これでニ度目だそうです9回2アウトでノーヒットノーランを逃すのは。
自分の母校出身の唯一のプロ野球選手なので応援しています。高校生向けのキャンパス案内パンフには彼と21世紀の裕次郎の人がよく載っています。それぐらいしかいないようです。

交流戦、なかなか面白いです(当方は横浜ベイスターズファンです)。
楽天が勝てない理由の一つもわかりました。
楽天には負けられないというプレッシャーがある事を知りました。つまり楽天に負ける、ということは「あいつのび太と喧嘩してまけてやんの」なわけで、相手チームが簡単に勝たせてくれないんだなぁ。と。
伊集院さん(光さん)が『プロ野球スピリッツ2』という野球ゲームの選手育成モードを楽天でやっているとコラムで書いていたが「15勝できるピッチャーふたりに、155キロ投げるリリーフをひとり、50本打てるホームランバッターをひとり入れると、楽天は優勝できる」そうです。
ここ、つっこむ所です。
0

2005/5/13 | 投稿者: yom_sky

どこにもリンクをはらずに(自分では)やって来ましたみそだれ日記がSky CINEMAのサイト(http://skycinema.fc2web.com/)からリンクされ、公開してゆくことになりました。初めての方、こんばんわ。みそだれのみそは脳みそのみそです。白みそです。
0

2005/5/8 | 投稿者: Kota

地人会特別公演
『浅草・花岡写真館』

2005年5月7日(土)〜7月5日(火)
地方公演
2005年7月7日(木)〜7月9日(日)
かめありリリオホール

◆作:山田太一
◆演出:木村光一

◆キャスト
木場勝己/竹下景子/田中壮太郎/佐古真弓
鈴木慎平/鈴木健介/大原やまと/上田裕之

◆スタッフ
装置:松井るみ
照明:室伏生大
音楽:福井崚
衣裳:渡辺園子
効果:山崎純一
舞台監督:井川学
演出助手:浅沼一彦
制作担当:和泉将朗
制作総務:渡辺江美

◆日程:2005年7月7日(木)〜7月9日(土)
7/7(Thu.) 19:00〜
7/8(Fri.) 19:00〜
7/9(Sat.) 14:00〜

◆チケット
4,800円(全席指定)

演劇制作体「地人会」公式サイト
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/%7ECJK/
参照
初日です(@やまとBOX)
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ