2004/9/29 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

初稽古。知ってる顔ばかりでしたね。
本日は四方さんのお話が中心。

そして半年ぶりに出したあたしのジャージはかびくさかった。。。
0

2004/9/26 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

本日は顔合わせ。
読み合わせもやっちゃいました。
確かに役者が全員集まっている訳ではないけど、
こんな顔合わせ初だったんじゃ?!

美希さん、その他役者の皆様、楽しい稽古にしましょうね。
いい舞台になることを心から願っています。
0

2004/9/21 | 投稿者: yom_sky

デアゴスティーニよりの罠が仕掛けられた→http://www.de-club.net/gdm/
初回はバインダー付きで290円。
え?2号からは590円ですか?
え?週間ですって?
え?20号分の応募券でシャアザクのポスター、以後20号ごとにシャアズゴ→シャアゲル→サザビー→百式・・・って何号出す気なの?

この一冊で止めとけよの声が・・・どこからともなく・・・
0

2004/9/16 | 投稿者: yom_sky

「ラストプレゼント〜娘と生きる最後の夏」
島津山に出演してもらっている村上さんが出演しているということで見る様になった日テレの連ドラ。今日が最終回。連ドラの最終回なんて見るのいつぶりだろう?

家庭よりも仕事に生きて来た主人公(天海祐希)が余命三ヵ月を宣告されたことをきっかけに、ないがしろにして来た家族、身内、特に娘との関係を修復させたいと思う様になる。その三ヵ月のドラマ。

オフィシャルサイトに「あなたがあと三ヵ月しか生きられないとしたらどうすごすか?」という質問掲示板が設置されている様に余命短い主人公に感情移入し、主人公視点で進められたいた物語は、中盤、主人公の病気に気づくのこされる身内の視点からもかたられるようになり、最終回一回前の第十話での主人公の別れた夫(佐々木蔵之介が泣き崩れるシーンなんかは完全に彼に感情移入するようになっていた。

で、最終回ですよ。どんな結末になるのか。力量のある脚本家さんが書いてるからまずいことにはならないだろう、などと見始めたわけですが。
結論からいくと号泣しました。
今までの10話でほとんど感情移入してこなかった登場人物にどっぷり感情移入。

後半30分泣きっぱなし。
母親が死ぬとわかった娘の視点で。

母親がガンで死ぬ話はだめなのよ。俺。
そうだだめだった。だめなのよ。あうと。

そうだ母親がガンで死ぬ話だったこのドラマ。大人側視点でばっかりみてたからすっかり失念してた。どっかで気がついてたら見るのやめてらこの設定。
ニンジン嫌いの子供がミキサーでペーストにしたニンジン入りのカレーを食べさせられた後で「それニンジンはいっているのよ」と告げられてしまった不意打ち感。

というわけでこのドラマへの冷静な分析やら感想やらができません。てか放棄します。
観れて良かったドラマでした。とだけで勘弁。
 
 
 
0

2004/9/15 | 投稿者: yom_sky

宅間守死刑囚(40)が刑を執行。
自分の人生において実感としてもっともメジャーな死刑囚の判決から約一年というスピードでの刑執行。劇的(劇なんかにはしないけど)。
当分後を引くと思う。当然という意見がありつつ。漠然とした死刑制度反対が盛り上がるかも知れないとも思う。公が(その末端としての自分が)人を殺すことへの嫌悪感みたいなものから。
殺人犯がだれかを殺す嫌悪にまさる私が殺人犯を殺す嫌悪。
日本には陪審員制度は向かないと思う。
法は真理ではないという前提をもつかもたないか。
真理だというひととどういうアプローチを取ればいいのか。
0

2004/9/4 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

昨日、大河コント桶狭間に行ってきました。とっくとぐっち出演、ぐるぐる牛ぷれぜんつなコントです。
ここんとこ皆に会う時には決まって風邪をひいてる私ですが、嘘みたいな話、また風邪。前日から熱があり、朝から薬で熱を抑えて仕事をこなし、急いで中野へ。急ぎすぎて一番乗りしちゃった位です。
ビールかお茶を貰える嬉しいサービスがあるものの、薬漬けな私は泣く泣くお茶を頂きました。ごちそうさま。
帰りに呑みに行きたかったけど、あまりにしんどくて行かずに帰りました。ごめんなさい。でも38度の熱があって、辛かったんです。
やっぱり健康というのは、大事です。季節のかわりめで寒暖の差が激しいので、皆様お身体にはお気を付け下さい。
おっ!今回はうまくまとまったかな。
0




AutoPage最新お知らせ