2004/5/30 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

『あなたのことはすべて〜長針は時を進めない〜』の反省会でした。
公演から一ヶ月が経過し、別の劇団さんの公演の稽古をしている者もいる状態ですが、やはり反省会があってこそ、締め括られるもの、ですな。

決算報告と、アンケート集計結果と、次回作の展望、出演者たちの今後の予定、などを確認。
夏にかけてSky CINEMAの第二作目の上映、および第一作目のロードショウというイベントが控えていますが、もちろん次の公演の予定もたってます。
小屋ももう決まってます。
近々、正式に告知しますので、少々お待ちくださいね。

反省会の後は恒例の飲み会……でしたが、僕は仕事。
ビール一杯だけ飲んで帰ってきました。淋しい……。
0

2004/5/23 | 投稿者: yom_sky

 昨日はあっちゃんの出ているアプラオスの芝居を見たのち飲みにいって酔っぱらってKotaさんともども(´ω`) 君ちに泊めてもらった。フォーメーションZをやらせてもらった。小学校時代友人からかりてぶっ壊した苦い思い出のある懐かしゲームだ。ファミコン初の変型ロボットシューティングだったと思う。今やると正直つまらない。BGMねえし。
 (´ω`) 君はこの春に一人暮らしを始めたばかりでようやく一人暮らしにも慣れて来たようで「なれると実家にはもどれないですねぇ」などといっていた。そうだよね。家をでたらもどっちゃ駄目よね基本はね。
 バイトに出かける(´ω`) 君と共に新宿に向かい(´ω`) 君を見送って映画を見に。なぜか三日くらい前に急に見る気満々になったキューティーハニ−を見るつもりだったが来週公開だった。ので、今週末まででロードショーが終わってしまう「ロード・オブ・ザ・リング王の帰還」を見ることに、てかむしろこれ見ておかねばなナイスタイミング。
 チケットセンターで「ロード・オブ・ザ・リングください」といったら「ドーン・オブ・ザ・デッド」のチケットが出て来る微笑ましい小ネタもありつつ映画館へ。長丁場は覚悟完了しているので水分控えめ、きっちりトイレ。ガム持参。
 予告も含めて3時間40分。
 確かに長いけどとても良かった。良かった完結して。良かった愛しいしと。良かったサム。サム良かった。サムばんざい。信頼のお話なんだよな。信念のお話なんだよな。ファンタジーというかおとぎ話というか冒険譚の基本はこれだよなと思う。
 指輪を火山に投げ込んで使命をはたしてからの後日談がゆっくりと語られたのも良かった。サム良かった。サムばんざい。
 そんでラストはそう。そうでなくては。冒険から帰った主人公はもとの暮らしには戻れない。冒険譚とはそういうものなのだと思う(原作は未読なだったので)。成長の話なのだと思う。家をでたらもどっちゃ駄目よね基本はね。
 ドラえもんの映画も冒険譚だけれどものび太は家に帰って来るなぁなんて思う。F先生、そのジレンマみたいなものもあったのでしょうか?などと。
0

2004/5/23 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

5歳になったいちはかわいさパワーアップしてました。
0

2004/5/19 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

こっそり壁紙追加。
0

2004/5/17 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

パソコンで御覧の方はすぐわかると思いますが、「さるさる日記」がバージョンアップしましたね。
左側にカレンダーがついたり、RSS配信に対応したり。
そのうちトラックバックにも対応するらしいですよ(意味のわからない人、ごめんなさい。最近、流行りのブログについて調べるとわかりますよ)。
RSSリーダを使ってる人は、左下の「GET XML」っていうところから、RSSを取得してくださいね。

近況:仕事に終われてて死にそうです。
0

2004/5/16 | 投稿者: yom_sky

 午前中に起きて飯食って二度寝して起きたら3時で起きた瞬間「三時!?夜(朝)かよ!?ええ!?1ン日寝てたの!?」とかおもったら15時でした。なんか本気で午前三時だと思っていたらしく(自分のことだが)笑った。

 オーストラリア南部にあるカンガルー島ではコアラが増え過ぎてしまい、ユーカリが食荒らされ環境破壊がすすんでいるらしい。で、二万頭ほど駆除した方がいいんちゃうん?みたいな案もでているそうで・・・そんなコアラを駆除する町のお話はどうか?とか思いつく。タイトルは「コアラの町(まーち)」ショートストーリー5本だてくらいで。コアラ狩りのハンターの話とかどうにかしてコアラのステーキで一山あてたいレストランの店長たちの話だとかそういうの。保健所の職員の話とかもいいかな。ともかくコアラを狩る町の話。いいんじゃないか(だめでしょ)。
0

2004/5/15 | 投稿者: yom_sky

 なんだか「かいけつゾロリ」をよく見かけた気がする日。
ゾロリのミュージカルのポスターを見かけ、ロッテリアの子供向けおもちゃセットのおまけで見、電器屋でPS2のゲームの画面を見たりした。児童向けコミック誌「ブンブン」のカオとして必ず本屋でも見かける。世はまさにゾロリブーム!
 なのか? 
 その実体をイマイチつかみ切れていないので、どなたか「検証ゾロリ人気の秘密」とか「今ゾロリフリークがゾロゾロ急増中」みたいな記事を読みたいので書いて下さい。「アエラ」とか「ヨミウリウイークリー」とかで。

 次回公演予定の劇場に行き契約をして来た。またはじまる。です。

 池袋に芝居を観に行く。宮内の友人、あづささんが出ている「6番シード」の公演。ヒロインでしたよ。前回公演の時チャキチャキのお姉ちゃん(なんか死語っぽい)の役でしたが、今回はどちらかといえばモノ静なイメージ(イメージね)をうける役でした。「はばがある」というのはウリですよね。「みぎにでない」というのもありますけどね。役の話。
0

2004/5/11 | 投稿者: yom_sky

 知人の試合があり、後楽園ホールに。仕事後。ボクシングを見に。
 1ラウンドめでダウンをとった時は今日は楽勝?とか思ったが4ラウンドまでもつれ、判定で負けてしまった。いつものようにハラハラしてしまった。最終ラウンド、息があがってパンチを出すことすらままならないような試合を彼は良くやる。顔に何発ももらって、今のはヤバい、ダウンか?と思うようなパンチを喰らっても立って判定に持込むような試合を良くやる。倒れたらアカンで!とか叫びたくなったり、なんであんなに殴られて気力でたってて。何がそうさせるのだろう、始まりはなんだったのだろなどと思いを巡らしたりココロ動かされながら試合を見ているのだが、そろそろ、そんなこと考えるまもなくさっくり勝つ試合も見てみたいものであります。がんばってほしい。

 かえりにKotaさんに用あり会う。
 ゲーセンで「モンスターワールド」をクリア。1987年稼動のアクションRPG。懐かしゲー。今考えるとかなり「リンクの冒険」の影響を感じられる。いや逆なのか?
0

2004/5/8 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

「あなたのことはすべて2」、写真館ができあがりましたね。(こうたさん、お疲れ様です!)
芝居の写真を見ると、色々なことを思い出す。このシーンの自分はこんなことを感じていたなとか、この場面は裏で小道具を準備してたなとか。今となっては楽しい思い出のオンパレード。もう2週間くらい経つのかなぁ。芝居をやっている時の自分とやっていない時の自分、何かが違うんだよね。
0

2004/5/5 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

公演終了から十日…
現実処理能力は戻って来つつあるものの、未だ槌屋英一郎の幻影に悩まされています(苦笑)
自分の好きなインディーズのアーティストのcheriという人が「痛々しいラブ」って歌を歌っているんですが、

胸のあたりのムカつきが 喉を突き上げ 攻めてくる 責めてくる
別れの言葉を受けたあたしは そっと自爆装置に手をかけて
最後にあなたに微笑いかけた。
背を向けたあなたに 気付かれないように 音をたてず
どうか この後 振り向かないでね、
あたしはバラバラだから。
別につらくて逃げたかった訳じゃなく
封印をしたかった この想いを。
懸命にあなたを愛してる 純粋な気持ちと自分をそのまま。
憎しみに変わるその前に。

ココロカラ アナタノ シアワセヲ ネガッテイルワ
イママデ ホントニ アリガ…

最後にピアノの叩きつける音と肉片のボトボトと落ちるような音でこの曲は終わります。
女子中高生のナルシズムな落書きの詩にも似たこの歌ですが、
どうも自分には英一郎の想いと重なる所が見えて仕方ありません。

「心中立て」という言葉があります。
「指きり」の語源にもなったこの行為、江戸時代の遊女は、自分が本当に愛した男にその想いを示す為に指を詰めたり、刺青を入れたり、生爪を剥いだりしたそうです。

想いを伝える事はとても難しく、更にその対象が愛情が無ければ解りあえる事など決して無い。
争いや悲劇のほとんどはそこから生まれてきていると言っても、あながちオーバーではない気がするのは自分だけでしょうか。。。
0

2004/5/4 | 投稿者: yom_sky

鈴木朋のライブに行きました。四谷天窓のお隣に天窓.comffortという、ピアノ常駐(だと思う)のライブハウスができててそこでのライブ。単独ライブはひさびさで良かった。CD化されてない曲も増えて来ているしどこかレコード会社の方アルバムをだしていただきたい。ぜひ。お願いします。
 ライブ後、天窓近くに新しくできた関西風のうどんやでごはん。昔の日本家屋風のつくりで土壁、土間風。内装手作り風。でも関西系のチェーン店みたい。ざるうどんが250円くらい+一せいろすると150円まし、とかでこのシステムはちょっと新鮮。15枚以上食べると同額のお食事券をもらえるとか。大木とかをつれていきたい。いや、いきたくない。などと思う。

 昨日からなぜか「CASSHERN」のことを考え続けている「CASSHERN」というよりはヒーローとラスボスについて、だが。で「寄生獣」のことを思い出したりした。ブライキングボスってつまりパラサイト市長、広川だよな。と、考えると・・・長くなりそうなので今日はこのへんで。アテブレーベ・オブリガード。
0

2004/5/2 | 投稿者: yom_sky

 「CASSHERN」見た。フレンダーはバイクにならなかった。かえり血で赤く染まるワイシャツのエリっていいなとか秀治とか汽車とか良かった。でっかい汽車っていいよね。キリヤ監督には是非、草ナギ琢仁のマンガ「上海丐人賊」の映画化をお願いしたいと思う。
 監督は「キャシャーン」は好きなんだろうけどアニメやヒーローモノのオタクではないんだろうなぁと、思った。戦う理由。はヒーロー物を書くにあたって避けては通れね設題であり。ここ数十年でいろいろな試行錯誤がなされては来ているもののやはり制作者を多く悩ませている問題であると思う。ゆえ、それなりにラインや方向性や流行があると思うのだが、今回はそれをあまり感じなかった。それが長所としてでてれば良かったのだろうけど。
 唐沢演ずるラスボスの正体は「555」とは反対だった。どうでもいいことだけど。
0

2004/5/2 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

本日は、扁桃腺で倒れているらしいひえぽんを除いてのSky Theater Project会議でした。次の舞台の話などしつつ、、、四方田さんが最近まれにみる酔っ払いぶりで、実際はただの飲み会でした(笑)。ホント、まじ笑えた。ウーロンハイを自分のうえにこぼしてるのに気づいてなかったり、恥ずかしいところにシミを付けていたり。この6年間、年々オヤジ化していくヨモさんを見てきたけど、来るとこまできちゃった、、、って感じです。あの人が「あなたのことはすべて」を書いたなんて、誰が信じられるんでしょう。。。
でも好きです、ヨモさん。あ、告っちゃった。ぽっ。
0




AutoPage最新お知らせ