2003/8/15 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

久しぶりにキャラメルボックスの舞台を観てきました。
「ナツヤスミ語辞典」。12年ぶりの再演だそうです。
12年前…あたしは11歳でした。東京ラブストーリーにはまり、鈴木保奈美に生まれ変わりたいと真剣に願っていた頃でした。そんな頃からキャラメルボックスっていう団体はこんな素敵な芝居をやっていたのかぁ、としみじみ思った。本当に面白いと思った。近年のキャラメルは新しい役者さんになじめずあんまり面白くなかったのですが、今回はまじでよかった。初心に帰った気がした。大きな舞台に立って、大きな夢を与える事があたしの夢でした。今、その夢の形は少しずつ変わってきているけど、その頃の気持ちを忘れちゃいけないと思った。芝居って本当にいいものだな、って本当にまじで真剣に思った。そんな感動ってすごい。芝居ってすごい。
0




AutoPage最新お知らせ