2003/7/28 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

アンダルシアの夏見て来ました。面白かったです。
ドラマ部分がおもったより淡白で(シナリオではなく演出が)もっと勢いがあるほうが好みと思いましたが、その辺は脳内で補完。
レースシーンがほんとによかった。満足。
0

2003/7/21 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」観た。
駄目続編だった。かなりがっかりした。
デミ・ムーアもいいとこなしだ。
0

2003/7/14 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

この間観たお芝居なのですがある一家の飼い猫が主人公のお話だったのですが。
死期が迫った彼が死に場所を探しにでかけるシーンがあり、そのシーンを観て
(ああ、彼は人知れず死んで行くんだな、でもって彼の飼い主達はそんなことは知らず「最近帰ってこないね、どっかで拾われてよろしくやってるのね」なんて言って彼が死んだ事を知らずに物語は終わるんだな)と思ってしまって。
彼の最後のやさしい見栄にほろりとなってしまいました。
※()内は私が勝手に脳内補完した展開で現実のストーリーとは異なります。

いつか好きだったひと。僕はもう会えないから、会わないから、君は死んでいるのも同じだけれど。どこかで生きていてほしい。しあわせに。
と、思うのは傲慢ですかね?傲慢ですね。
結局は「どうして生きているうちに会っておかなかったんだ」と後悔したくないだけ。

が、ほとんどの別れはそんなもので。そんなものを受け入れつつ受け入れられないので、自分はその辺のことを考えてお芝居を作るのであります。

前によく観に行っていた劇団、惑星ピスタチオの看板女優、平和堂(あえて)ミラノさんの訃報を知り、その後のアナウンスを聞き、またそんな事を思い出しました。
死と誰かと理解と共感と幸せと孤独。ひとり。
0




AutoPage最新お知らせ