| 投稿者: ひろくん

▼1028A▼

F中ウクレレソロ/イムジン河

画像(1)Bg青▼クリックで画像の拡大ができます。画像はエクセル2007で作図しました。↓


今日の一言
今回は、「イムジン河」のソロ演奏の楽譜を作成しました。ストロークは1から3弦を軽く弾きおろして、アルペジオを加えながらメロディ演奏すると、アルトウクレレでの演奏も可能です。音域の調整で「ハイコード」では、M-C/M-Dm/M-B♭を利用しました。最初は、スローテンポで演奏して、慣れたら徐々に速度を上げてください。皆さんも、ソロ演奏に挑戦してみてください。アルペジオ部分を修正すれば、パーソナルな演奏も可能です。↓
※音符は、Low-Gで、4弦に1オクターブ低い弦を張って演奏します。↓
矢印は、ストロークで親指で軽く弾き下ろします。基本的なコード(和音)音符は表記を省略していますが、ポイントになるものは和音の音符も表記しました。(灰色○や×は省略可能です。)↓
(1)は1番弦、 (2)は2番弦などの番号の弦を弾きます。○番号は、フレット番号(位置)を表しています。赤い音符(アルペジオ)で、メロディをつなぎます。↓

○で囲まれた音符は、コード以外の音を押さえ、()番号内は弦番号で、○番号はフレット位置です。文字様式のコード一覧表も追加しました。↓
● M- は、ハイコードコードの中音域(5フレットポジション付近で押さえる)を、H- は、ハイコードの高音域(7フレットポジション付近で押さえる)のコードです。↓
メロディの音域によって、コードを使い分けました。これによって、アルトウクレレでも5から7フレット付近でもコードとメロディーを演奏できます。但し、アルトウクレレの場合は、7から12フレットは、幅が狭くてコードが押さえにくくなります。この場合、4番弦を省略して、1から3番弦でコードを弾いてみてください。↓

●ダウンロード(1)
音階利用したコード表は、次のページからダウンロードできます。↓
リンク▲エクセルでウクレレコード一覧(複合型)
リンク▲エクセルでウクレレコード一覧
●ダウンロード(2)
「SkyDrive」の「03_doc_all 」フォルダ内>データ名が【ukl_Code_1023A7X.zip】のZIP圧縮データのクリックでフォルダアイコンの上に【ダウンロード】メニューボタンが表示されます。ボタンのクリックでダウンロード用のダイアログボックスが開いて、「ファイルを開くか、または保存しますか?」とファイル名、種類などが表示されます。下部の【開く】、【保存】、【キャンセル】のボタンが利用できますが、一般的に【保存】ボタンを押してダウンロードしてください。↓
リンク▲【ukl_Code_1023A7X.zip】がダウンロードできるウェブページ

●ウクレレコードについては、次の記事を参考にしてください。↓
リンク▲ウクレレ(7)C/AmKeyコードの応用

関連記事の紹介
2009年/09月01日現在のウクレレのソロ演奏楽譜の投稿記事をホームぺージにまとめてみました。【目次】の音楽名をクリックすると、各記事にジャンプできます。↓
リンク▲ウクレレ♪ソロ演奏・・・isweb(daisenxx1/aozora_hiro_001)ホームページ
楽譜様式は、投稿時期によって修正したので、様式にバラツキがありますが、基本的な演奏全体の流れは、直感的に理解できると思います。投稿初期は、アルペジオ部分を弦番号(○の数字)で表現しましたが、後半は、音符に修正しました。童謡の短い作品は、初心者向きです。↓

リンク▲【ウクレレ】タグの記事・・・Operaブログ(知恵の森)より

●その他↓
リンク▲ウクレレサイトの紹介(2)動画

▲1028A▲↓
0

  | 投稿者: ひろくん


【翻訳ガジェット】↓
1)クリックでGoogle翻訳のホームページへリンクできます。↓
2)▼ボタンで言語を選択すると、ウェブページを別の言語の翻訳ページに変換できます。↓
▼【翻訳ガジェット】・・・Please select the language./言語を選択してください。↓




▼0818A▼

ウクレレ/ゆうやけこやけ

画像(1)Bgkx2▼クリックで画像の拡大ができます。↓


今回は、エクセルで「ゆうやけこやけ」のソロ演奏の楽譜を作成しました。皆さんも、ソロ演奏に挑戦してみてください。↓
※音符は、Low-Gで、4弦に1オクターブ低い弦を張って演奏します。↓
矢印は、ストロークで親指で軽く弾き下ろします。↓
円の中の(1)は1番弦、 (2)は2番弦など番号の弦を弾きます。↓
赤い音符(アルペジオ)で、メロディをつなぎます。↓
○で囲まれた音符()は、コード以外の音を押さえます。()内は弦番号↓
● L- は、ロー(Low)コード(低いフレットポジションで押さえるコード)↓
H- は、ハイ(High)コード(高いフレットポジションで押さえるコード)↓
●高い音域のメロディには、ハイコードを利用します。(M-は中音域)↓
メロディの音域によって、コード(L,M,H)を使い分けてください。これによって、アルトウクレレでも5から7フレット付近でもコードとメロディーを演奏できます。但し、アルトウクレレの場合は、7から12フレットは、幅が狭くてコードが押さえにくくなります。この場合、4番弦を省略して、1から3番弦でコードを弾いてみてください。↓

●音階利用したコード表は、次のページからダウンロードできます。↓
リンク▲エクセルでウクレレコード一覧(複合型)
リンク▲エクセルでウクレレコード一覧
リンク▲ウクレレサイトの紹介(2)動画

関連記事の紹介
リンク▲ラベル【ウクレレ】の分類記事・・・Googleブログ(BgSx1)より

▲0818A▲↓
0

  | 投稿者: ひろくん


▼【翻訳ガジェット】・・・Please select the language./言語を選択してください。↓



▼0817A▼

ウクレレ/ふるさと

画像(1)Bgkx2▼クリックで画像の拡大ができます。↓


今回は、エクセルで「ふるさと」のソロ演奏の楽譜を作成しました。皆さんも、ソロ演奏に挑戦してみてください。↓
※音符は、Low-Gで、4弦に1オクターブ低い弦を張って演奏します。↓
矢印は、ストロークで親指で軽く弾き下ろします。↓
円の中の(1)は1番弦、 (2)は2番弦など番号の弦を弾きます。↓
赤い音符(アルペジオ)で、メロディをつなぎます。↓
○で囲まれた音符()は、コード以外の音を押さえます。()内は弦番号↓
● L- は、ロー(Low)コード(低いフレットポジションで押さえるコード)↓
H- は、ハイ(High)コード(高いフレットポジションで押さえるコード)↓
●高い音域のメロディには、ハイコードを利用します。(M-は中音域)↓
メロディの音域によって、コード(L,M,H)を使い分けてください。これによって、アルトウクレレでも5から7フレット付近でもコードとメロディーを演奏できます。但し、アルトウクレレの場合は、7から12フレットは、幅が狭くてコードが押さえにくくなります。この場合、4番弦を省略して、1から3番弦でコードを弾いてみてください。↓

●音階利用したコード表は、次のページからダウンロードできます。↓
リンク▲エクセルでウクレレコード一覧(複合型)
リンク▲エクセルでウクレレコード一覧
リンク▲ウクレレサイトの紹介(2)動画

関連記事の紹介
リンク▲ラベル【ウクレレ】の分類記事・・・Googleブログ(BgSx1)より

▲0817A▲↓

0

  | 投稿者: ひろくん

▼画像(1)▼画像のクリックで画像の拡大ができます。↓


▼0125A▼ギター↓

歌詞コードの作成


エクセルでギターコード付きの歌詞カードの作成する方法を紹介します。まず次のサイトとソフトを利用します。↓

※1)【エクセル】(Excel)・・・一般的にPC購入時に付属しているソフトです。↓

※2)【ClipDesk】(画面キャプチャーソフト/フリーソフト)・・・次のサイトで無料でダウンロードできます。簡単な操作で画面全体から子ウインドウまで取り込めるスクリーンキャプチャーツールです。↓

リンク▲【ClipDesk】のDLサイト


※3)ギターコードスコアの作成ができるサイトです。↓

リンク▲【ギターコード スコアメーカー】
ギターコードスコアの作成ができます。↓

※4)アーティスト別にギターコード付きの歌詞カードが検索できます。↓

リンク▲【アーティスト別検索】・・・【J-Total Music】


以上の素材を基に、投稿画像のような独自の歌詞カードを作成できます。但し、著作権上の問題もあるので個人で楽しむ範囲内で利用してください。↓

【ClipDesk】で画面キャプチャーして、※3サイトのギターコードスコアと※4サイトの歌詞カードの画像の必要な部分を選択して名前を付けて保存します。データーサイズの小さいGIF形式の画像データーで保存しました。エクセルを開いて、メニュー【挿入】→【図】→【ファイルから】で先の画像データーを指定して、エクセル上に貼り付けて編集しました。皆さんも試してみてください。↓

コードの転調・・・コードの転調(キーの変更)をしたい場合は、次のサイトを参考にしてください。↓

リンク▲【コードの転調】



▲0125A▲↓
0




AutoPage最新お知らせ