| 投稿者: hiro

▼画像(1)▼↓


▼830▼↓

▼文字ツールバー↓
▲AutoCADの活用


▼【ツールバー】を利用すると文字の各種の設定ができます。↓

a)文字スタイルコントロール・・・リストからスタイルを選び、選択図形/編集文字のスタイルを変更できます。↓
b)画層・・・リストから画層を選び、選択図形/編集文字の画層の変更ができます。↓
c)【プロパティ】ツールバー・・・リストから設定を選び、文字の色/線の太さの変更ができます。↓
d)【文字ツールバー】・・・ツールボタンで文字の各種設定ができます。↓
1)マルチテキスト・・複数行の文字や装飾文字↓
2)一行文字・・簡易文字入力/一行のみの編集↓
3)文字編集・・MText/Text/グループ化文字の編集↓
4)文字の検索と置換・・図面の文字を探す/まとめて変更する↓
5)文字スタイル・・文字書式設定のダイアログ表示↓
6)文字尺度変更・・文字のサイズを変更する↓
7)文字の位置合わせ・・・基点の位置↓


▼AutoCADの活用・・・HPへリンクできます。

上記リンクで、【AutoCADの活用】のブログの内容をホームページにまとめてみました。皆さんの参考になれば幸いです。↓
▲830▲↓
0
タグ: CAD AR_CAD

  | 投稿者: hiro

▼831▼↓

▼HPへ投稿↓
▲AutoCADの活用


AutoCADは大変便利なCADソフトです。AutoCADの利用法をまとめてみました。↓

▼AutoCADの活用・・・HPへリンクできます。

【AutoCADの活用】のブログの内容をホームページにまとめてみました。皆さんの参考になれば幸いです。↓
▲831▲↓
0
タグ: エクセル ワード CAD

  | 投稿者: hiro

画像(1)▼↓



▼0830▼atc↓

▼プロパティ設定(文字)↓
▲AutoCADの活用


【プロパティ】設定を利用すると、既設の図形の書式の変更/修正ができます。各項目をPD▼のリスト選択や数値入力で、図形の書式に反映されます。文字の【プロパティ】では、次のような設定ができます。↓

文字の【プロパティ】設定(PD▼はプルダウンリスト)↓
●一般↓
1)色の書式設定ができます。PD▼から選択でき、パレットを使うと利用できる色の種類が増えます。選択した色はカラー番号で管理すると便利です。↓
2)PD▼から画層を選ぶことができます。選択図形は選択された画層に移動します。↓
3)PD▼から線の太さの設定ができます。(フォントの種類で異なります。)↓
●文字↓
1)内容・・・内容を書き換えることで文字図形に反映されます。↓
2)PD▼から文字スタイルを選択し、変更できます。↓
3)文字の基点の位置合わせができます。(左/中心/右など)↓
4)文字の高さを変更することで文字サイズを変えることができます。よく使う操作なので活用できます。↓
5)回転角度を指定することで文字を、傾けることができます。角度の指定は、30d20'22"のように「度d分'秒"」形式を利用すると便利です。回転方向は左回りです。↓
6)傾斜角度で、指定した角度に文字の斜体表示ができます。↓
●その他↓
1)上下逆 / 2)前後を逆 などの設定ができます。はい/いいえの選択でON/OFFの切り替えができます。↓

文字の【プロパティ】設定を利用すると、修正が簡単にできます。範囲指定して複数図形の文字のみの設定を変更することもできます。但し。AutoCAD間でのデーターのやり取りでは書式が反映できますが、DXF形式に変換したり、他のソフトとの互換性を考慮する場合は書式が変更でないものもあるので注意してください。↓

▲0830▲atc↓
0
タグ: CAD AR_CAD

  | 投稿者: hiro

▼0829▼Jm


【UVERworld 恋いしくて】邦楽検索




▼You Tubeで【UVERworld 恋いしくて】の動画を検索してみよう。


【UVERworld 恋いしくて】のPV(You Tubeより)


※リンク切れの場合は、【】内をコピーして検索欄へ貼り付けてください。



▼歌詞と演奏コードの検索


【J-Total Music】無料歌詞検索


▲【J-Total Music】のアイウエオ順の「ウ」の検索一覧表です。アーティスト名をクリックしてください。歌詞とコード譜と、ギターダイヤグラムを表示できます。



アーティストについて詳しく調べたい。

▼「UVERworld」について検索したい方はこちらへ【Yahoo! music】ヘリンク



▼「UVERworld」についてさらに詳しく、検索したい方はこちらへ【Wikipedia】ヘリンク


※「UVERworld」の一ファンより・・・皆さんの参考になれば幸いです。

▲0829▲




▼演奏コード(ウクレレ)一覧表





0
タグ: 音楽 邦楽 演奏

  | 投稿者: hiro

▼Am▼Re↓

▼入力規則/セル分割↓
▲エクセルの活用


【入力規則】・・・プルダウンリストから項目を選択して入力したい。↓
1)エクセルでは、入力規則設定でセル入力の値をプルダウンリスト(略PDリスト)から選択入力ができます。例えば、リスト設定されたセルをクリック→(▼)ボタンでPDリストの表示→値を選択して入力できます。そのためには、次の作業設定を行います。↓

2)[データ]→【入力規則】→[ダイアログ]表示の[設定]タグ→[入力値の種類]→▼[リスト]→[元の値]→セル範囲を選択してください。PDリストの値は参照セルの内容と一致します。↓
3)これで、プルダウンリストから選択した項目が、セルに入力表示されます。↓

【区切り位置】 ・・・(,)カンマやスペース区切りのデータを列各セルに分割できます。↓
1)※A【テキスト形式&カンマ(スペース)形式】データ(例:●No.10,20,40→カンマ ●No.10  10 20 40 →スペース)をエクセルでデータ利用できます。↓
例えば測量座標のSima形式(カンマ区切)やテキスト形式(スペース区切)の座標データーを複数の列セルに分割→エクセルのデーター(点名/X/Y/Z)として利用できます。↓
2)【Gio Line】(フリー測量計算ソフト)や、多くのソフトではSima形式データーへ変換できるものがあるので、この座標ファイルから、エクセル用の座標データを作成できます。(点名/X座標/Y座標形式)他の、カンマやスペースで区切られデーターをセル分割すると、エクセルデーターとしての応用範囲が広がります。↓

3)分割するデータを範囲選択→[データ]→【区切り位置】→[位置指定ウィザード]→[次へ]Bt→区切り文字(カンマ、スペース)をチェック指定する。→[次へ]Bt→[完了]Bt→データがセル分割されます。(Bt:ボタン)
4)ワード(メモ帳)の※A【テキスト&区切り文字】データをエクセルで利用することもできます。さらに、ウェブページ上のテキストデータも利用可能です。↓

=text()関数で表示形式を変えることができます。

1)=text(F25,"##,###")→カンマ区切りの数値となる。200,300↓
2)=text(F26,"###.###")→小数3位までの数字。1123.4→123.4↓
3)=text(F27,"000.000")→小数3位までの数字。1123.4→123.400↓
4)=text(F28,"???.???") →小数3位までの数字。1123.4→123.4__(最後に空白x2入る)↓
5)=text(H30,+0.00;-0.00;±0;""""") →●"正;負;0:文字”の表示形式↓
6)=(H34,"+A;-B;零;@") →値が正の数なら+A;負の数ならーB;0なら零:文字ならそのまま表示する。↓

=text()を利用すると多様な、表示形式ができます。↓

▲Am▲Re↓

▲画像(1)▲


クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: CAD AR_CAD




AutoPage最新お知らせ