road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

人は共に生きる

2013年が始まりました!

新年あけましておめでとうございます。

作年の暮れに、一つの言葉が頭から離れなかった。


「人は共に生きる」


大震災後の、この国のこと。

自分の人生の中で今感じること。


「人は共に生きる」


一生けんめいに生きているこどもたちが示してくれるもの。


「人は共に生きる」


この言葉を主題にした曲をつくりました(maista musicより)

http://www.youtube.com/watch?v=AclmYQ08Dl4
0
投稿者:eudaimonia

ピカソの心

昨日、名古屋市美術館へ行って来た。
メナード美術館保有の、印象派とエコールドパリの画家たちの作品が多数展示されていた。

最初に印象派の風景画・人物画がたくさん並べられていた。
風景の美しさを見事に感じさせる作品もあり、それなりに良いのだが、
物足りなさを感じる。そうして、ピカソの作品スペースに立ち入ると・・

まずは「裸婦」を見て、めちゃめちゃ笑わせてもらった!
こんなヌード画は初めて見たわ!!わっはっは・・っていう感じ。
次に「海辺の母子像」と出会う。こんどは、うなった。
作品に圧倒され、心を奪われた。
ピカソの感性のすごさを、改めて思い知る。
彼のこころが、その絵を通して、手にとるように伝わってくる。
それが、ひたひたと自分の心のひだに染み込んでくる。
 
二階に移動して、ユトリロの「ラ・ベル・ガブリエル」と出会う。
ここでもう一度笑わせてもらった!
そして、ついでにせつなさと感動も受け取る。
この作品も、作者の思いがビンビンと伝わってくる名作中の名作だろう。

最後に、その日そこにいった目的であったシャガールの作品と対峙して、
やっぱりこの人すごいわ・・と感嘆し、長い時間見とれた後、
もう一度、一階に戻ってピカソの「海辺の母子像」に浸りました。

ユトリロもシャガールも素敵だった。
でもやっぱり、「ピカソの心」が一番・・・

0
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ