road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「東京家族」

山田洋次監督の映画「東京家族」を観た。

一番早く入場して座席に座っていると、
老夫婦がやってきて「座席はここか?」
「いやこっちだぞ」と大声でやりとりしている。
どうやら暗くてわからないようだ。
昔の映画館なら案内人のような人がいたと思ったのだが・・
シネコンは老人に冷たいようだ。
これは、近くに行って助けてあげなくっちゃ・・と思って立ち上がると、
すでに中年の女性がお二人のサポートをしていた。
さすが山田映画を見にきている人だけあると、ひとりごちた。
(ちなみに、その時映画館内にいたのはその中年女性のカップルと自分だけだった)
そして後から知るのだが、その年老いたご夫婦は半世紀前に「東京物語」を見ており、
あの感動をもう一度との思いから、シネコンに初めて足を運ばれたのだった。
このようなご老人の方々を映画館に集客できる監督を山田監督以外に僕はしらない。

さて映画は、とある家族の日常を淡々と描く事から始まる。
日常的でない事といえば、田舎から親が上京してきたことくらいのことで、
映画としては、とても静かな描写が積み重ねられる。
そのあたりが小津安二郎的なものを意識したところなのだろうか?

ところがこれが、ボディブローのようにきいてくるというか、
中盤のある場面からは、ずっと涙がながれてとまらなくなってしまった。
作家の石田ゆり子さんもこう言っている。

「何気ない日常シーンなのに涙があふれてくるのです。
 なんて優しい美しい映画でしょうか。」

涙が止まらない。悲しいからなのではない。
そこに登場するひとの、人としての美しさとやさしさに泣けてくる。

ラストシーンにもういちど涙がどーっとあふれる。
エンディングをむかえる。そーっと席をたつ。
感情も少し落ち着いている。
ホールを出て、出口までの暗い廊下を歩く。
そこで、またなぜだか大泣きしていた。歩きながら顔をくしゃくしゃにして泣いていた。
なぜなのか?自分でも未だによくわからない。
何かこれが自分の本当の思いなんだというものを探り当てられたような感覚。
日常は押さえ込んで平気な顔をしているが、
そこに触れられると堰をきって次から次からあふれ出してくる自分の感情に気づく。

「魂の浄化」と表現できるのだろうか。
面白い映画はごまんとある。
いい映画も、感動できる映画もある。
だが、魂を浄化してくれる映画に出会えることは滅多にない。
山田監督を初め、制作スタッフ・出演者等々、
この映画を僕の心に届けて下さったみなさんに、心からの感謝をしたい。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:eudaimonia

映画「おとうと」

今日、久しぶりに映画を見た。山田洋次監督の「おとうと」。

基本にあるスタイルはまるっきり「寅さん」だった。
兄妹(寅〜さくら)にかわって、姉弟愛が中心に描かれている。
寅やにかわって、下町の薬局が弟の「ふるさと」。
甥のみつおにかわって姪の「小春」。

ただ、大きく違う点もある。
その時代性と社会性をどこまで作品に描きこむかという点だ。

この「おとうと」という作品はその点で、「男はつらいよ」に代表される喜劇人情ものと、「故郷」・「同胞」・・以来「学校」シリーズへとつらなる社会派作品との両方を統合したような作品であるという印象を受けた。
ヘーゲル的な見事なアウフヘーベンだ。

さびれゆく商店街の人々の想いや絆を描き出し、
社会から見放され野たれ死んでゆく人々へ温かい眼差しを向け、
彼らへの理解を深めるべく丁寧に重ねられたリアルな描写、
献身的に孤独な人間に救いをあたえる人々の存在を希望として描きだす。

序盤に布石を打った上でのあのラストシーン。
お見事、山田監督!!
見事にマルチチュードの<共>を歌い上げる映画でした。

クリックすると元のサイズで表示します
5
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ