road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

8月6日に

あなたたち
泣いても涙のでどころのない
わめいても言葉になる唇のない
もがこうにもつかむ手指の皮膚のない
あなたたち
 
血とあぶら汗と淋巴液とにまみれた四肢をばたつかせ
糸のように塞いだ眼をしろく光らせ
あおぶくれた腹にわずかに下着のゴム紐だけをとどめ
恥しいところさえはじることをできなくさせられたあなたたちが
ああみんなさきほどまでは愛らしい
女学生だったことを
たれがほんとうと思えよう
 
焼け爛れたヒロシマの
うす暗くゆらめく焔のなかから
あなたでなくなったあなたたちが
つぎつぎととび出し這い出し
この草地にたどりついて
ちりちりのラカン頭を苦悶の埃に埋める
 
何故こんな目に遭わねばならぬのか
何の為に
なんのために
そしてあなたたちは
すでに自分がどんなすがたで
にんげんから遠いものにされはてて
しまっているかを知らない
 
ただ思っている
あなたたちはおもっている
今朝がたまでの父を母を弟を妹を
(いま逢ったってたれがあなたとしりえよう)
そして眠り起きごはんをたべた家のことを
(一瞬に垣根の花はちぎれいまは灰の跡さえわからない)
 
おもっているおもっている
つぎつぎと動かなくなる同類のあいだにはさまって
おもっている
かつて娘だった
にんげんのむすめだった日を

(仮繃帯所にて・峠三吉)


つぶやきで紹介した和合亮一は、原発事故の渦中にあって涙を流しながら「行きつくところは涙」と書いた。
峠三吉は原爆詩集「仮繃帯所にて」冒頭で被爆者の状況を「泣いても涙の出所がない」と表現した。
和合さんは被曝してから、峠の詩を何度も何度も読み返しているという。
僕もまた、峠三吉の詩に、文学とか芸術を越えるものを感じ、圧倒される。

2013年、68年目の8月6日に・・
0
投稿者:eudaimonia

詩の日記

平均的でない人生について


平均的な人生を生きられない者がいる

ある時

そのことで深い痛手をおう

それはそういう人生を歩むものの常だ


またある時

自分の人生が間違っていたと

自分の生きてきたこれまでを

否、自分の存在さえ否定する


平均的人生を生きられない者がいる

目覚めよう

それにはそれの良さがある

そいつにしかない良さがあることに



平均的人生を生きられない者がいる

決して卑屈になることはない

あなたにしかわからない人生に育まれた

あなたにしか見えない大切なものがある



平均的な人生を生きてこなかった

決してはじることはない

見える人にしか見えない

そこに輝くあなたにだけ与えられた勲章がある


http://www.youtube.com/watch?v=AclmYQ08Dl4
「人は共に生きる」キャンペーン中です。どうぞご覧下さい。

0
投稿者:eudaimonia

小さなおばあさん

ファストフードモールの食堂の
右斜め前の席に
小さなおばあさん
一人でちょこんと座っている
背もたれにすっぽり体をつつまれて


小さなおばあさん
花柄のワンピースに細い黒のベルトして
丸い大きな帽子にはマスカット柄のアクセサリー
後ろ姿がとってもおしゃれ


小さなおばあちゃん
テーブルの上には大きなたこ焼き
舟形皿に山盛りだ
その隣には、エメラルドグリーンのソーダ水


小さなおばあちゃん
いすにもたれかかってお休みしてる
もうお腹いっぱいみたい
お皿のたこ焼き、二つしか減ってないけれど


小さなおばあさん
よくここに来るんでしょうか?
いつもひとりで来るんでしょうか?
たこ焼きにソーダは合いますか?
お家に帰っても、ひとりきりなんでしょうか?


長い時間がたっていた。
小さなおばあさんのこと、
ぜんぶ食べきるまで見守ってた




0
投稿者:eudaimonia

A.Uへ

あの頃の君は真っ暗な闇の中でもがいていた
うまく呼吸ができなくて
うまく立ち上がることができなくて

あの頃の君は深い海の中でおぼれていた
うまく呼吸ができるように
うまく泳ぐことができるように
僕に必死にすがろうとしたね
こんなに微かな力しかもたないこの僕に

寒さにふるえ凍えていた小さな君を
どうにかしてあたためるために
その凍てついた心をどうにかしてとかすために
君ときみの大切な家族を守るために
あの頃、僕はただただ必死だった

いつからか、あの時の君の苦しみが
君のやさしさに変わっていった
あの時の君の悲しみが
君の強さに変わっていった
君は、君の自分自身とのたたかいを
愛へと変えていった・・・

君のもっていたものの豊かさに驚かされた僕
苦しみもがいた分だけ成長してゆく君の姿は
まばゆいばかりだった
君に必要だったほんの少しの支え
与えるだけで何物をも求めない愛
今は、自分がその場所にいられたことを
ただただ喜び、そして感謝したい
未だに、こんな弱々しく、ちっぽけな自分の
生きてきたことの証をくれたのだから
2
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ