road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

怒りと悲しみの後期高齢者医療制度

新聞への投稿から、怒りの声を拾い集めてみた。

87歳になられるご近所にお住まいの女性の方が、私の家にやって来ました。
「私のところにも、後期高齢者保険証が届きました」と知らせてくれたのですが、お顔を拝見すると、目が涙でぬれているではありませんか。そして声を震わせながら「わたしゃ悲しいよ。怒りを通り越して、情けなくて悲しくて仕方ないんだ。もう用はないよ。死んでもいいんだよ、と通告されてるような気がして」と語ります・・・私も涙が出てきました。絶対に許せないと思いました・・・


(小池質問を75歳の母とテレビで見ていて)
なんだか母がかわいそうで、テレビを消したくなりました。後期とか終末期医療とか、死を待つための年齢のように聞こえてきて・・・

八十歳の母に後期高齢者医療被保険者証が届きました。「後期高齢者医療特別徴収開始通知書」というものもきました。保険料として母の老齢基礎年金から二ヶ月分の二千円が差し引かれるという通知です。「不服申し立ておよび取り消し訴訟について」とあって小さな文字で、まるで「不服があるなら裁判所へ」というような文言です。
八十、九十歳のお年寄りがいちいち弁護士に相談したり裁判に訴えたり、できるものか!
母は認知症もなく元気ですが、この先不安です。私と母の収入は、私の障害年金と母の老齢基礎年金の二つだけ。二人で月々十三万円ちょっとです。少ない年金から介護保険まで差し引かれれば、もう生活はギリギリです・・・


こうしてその声を拾い集め書き込んでいると、人々の無念や怒りと悲しみの思いが心に染みわたってきて、同じ思いをしているこの僕の胸をつかれ、思わず涙をこぼしそうになる。
いったいなぜ?
あの戦争で苦しんだ母親たちの世代を、今また再び泣かそうとするのか?
いったいなぜ?
わざわざこんな制度を創るまでして、いたぶり苦しめようとするのか?

こんな制度を許しておいて、「人権の尊さ」なぞ決して語れはしない。
我々が、どんな「この国のあり方」をのぞむのか。
いったい政治はどうあるべきなのか?
その根本に対して我々の持つその目ん玉を、しかと見据えたいものである。
0
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
 うれしいニュースです。先ほど届いた「九条の会メルマガ44号」で知りました。
 改憲の世論づくりの先頭に立ってきた読売新聞の世論調査で、1993年以来つねに、憲法改正派が反対派を上回ってきたものが、今回、わずかな差とはいえ逆転したそうです。
 読売新聞は
AutoPage最新お知らせ