road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「資本論」に再挑戦

学生時代にチャレンジしたものの、あまりにも難解すぎて
途中で挫折した。
クリックすると元のサイズで表示します
「資本論」に、およそ四半世紀ぶりの再チャレンジを試みた。

とりあえず第一部、第一編、第一章「商品」を読了。
なんと!あの頃何度読んでもチンプンカンプンだった箇所がすらすら理解できる。
何よりも、この章の位置づけ及び全体像が掴めたことがうれしい。
なにしろ、
「資本論は、なぜ資本ではなく商品の分析から出発するのか???」
この問いはあのころの初歩的にしてかつ根本的な疑問だったから。

自分は、この四半世紀の間に少しは知的に成長できたのかも・・・と、しばし喜びに浸っていた。

商品に内在する矛盾の自己展開過程の解明。
「人と人との関係」が「ものとものとの関係」としてあらわれる、商品の物神的性格とその秘密の暴露。 
現象にとらわれその本質が見えなかった当時の経済学者に対する、極めて辛辣で完膚無きまでの批判。
人間の歴史的成長過程をその経済的基礎から明らかにする記述の見事さ。
そのどれについても舌をまいた。
その内容の奥深さをしるとともに、論理展開法のテキストとしても充分すぎる著作である事を知った。

四半世紀ぶり。
自分なりに理解できたことはうれしいが、これに科学的批判を試みようとなると、少なくともあと四半世紀以上の歳月は必要だろう。

とりあえず、再読が何部何編何章までいけるやら・・・






0
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ