road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

命をかけて戦争反対を貫いた党

若い人の中には知らない人も多いと思うが、たくさんの犠牲者を出したあの日本の侵略戦争に対して、たったひとつだけ反対を貫いて闘った政党があった。
今でもその政党はこの国に存在し活躍している。
いまでは当たり前になった国民主権や戦争反対だが、その当時にそれらを主張することは、とてつもない勇気が必要なことだった。
いや、勇気が必要などころか命を賭ける必要があったのだ。
なぜなら、1925年にこの国に出来た法律によって、その党は法で禁じられる存在とされ、その政党に所属することは刑罰に処せられる罪とされていたからである。
その最高刑は死刑であった。

それにも関わらず、この党を守り、党員であり続けたたくさんの人々がいた。
そのうちのあるものは獄中で何年もの間にわたって自由を奪われた。
また、あるものは警察による拷問によって殺された。

作家小林多喜二が殺されて75年目の2月を迎えた。
今、派遣労働者や大学生などの若者の間で、「まんが蟹工船」が共感をもって読まれているという。共感のわけは、時代状況が似てきたということにもよるのだろう。
多喜二がその灯の輝きを、この未来社会に受け継いでくれたのだともいえる。
多喜二が慕った人、ヒューマニズムあふれる作品でしられる志賀直哉が語った言葉。

「彼らの意図、ものになるべし」

彼らとは、多喜二らの党に結集した人々のことである。
直哉の、時代と社会をみる洞察力のすごさ。

あの暗黒の時代に、この国の支配者がもっとも恐れた連中がいた。
その志を受け継いだ人々は、今日も「大企業とアメリカに追随した政治」と対決し闘っている。
その灯は、これからも人々によって脈々と受け継がれていくことであろう。
いっそうその輝きを増しながら・・・



0
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
それはこういうことのようだ 現実「共産党」しかないからといって そこに「反戦」思想をたくすのは おかしい 護憲派は反戦という理想を追いなさい 『共産党しかないという現実』と 折り合いをつけるなら 民主も自民も ナチス も かわりはないだろう (読み取
お前は世の中に出て行こうと望んで、自由の約束とやらを土産に、手ぶらで行こうとしている。ところが人間たちはもともと単純で、生れつき不作法なため、その約束の意味を理解することもできず、もっぱら恐れ、こわがっている始末だ。なぜなら、人間と人間社会にとって、自由.
AutoPage最新お知らせ