road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2020
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

高校の教え子たち、9年ぶりの再会(^_^)v

9年前のたった一年の間だった。
週に2時間だけ「現代社会」という授業を受け持った教え子が、
今日、結婚披露宴の席に僕を招いてくれた。

新婦は中国の女性だった。
高校時代から、何事にも真面目で真剣で、(だが何かに縛られるわけでもなく自分の想いに正直に)一所懸命に取り組んでいたその教え子は、
今や世界をまたにかけて活躍する企業人。

国籍の違いを超えた国際結婚。
きっと様々な障害があったことだろう。それを乗り越えて結ばれたふたりの姿は実に
微笑ましく、世界の未来にほのかな明かりを見た思いがした。

当時、僕はギター同好会の顧問をしていた。
もちろん、非常勤講師としての勤務をこえたボランティアだった。
あの頃、そこに集っていた教え子何人かと今日同席した。

その高校を解雇されたこと。僕の活動、ギター同好会の正式結成の動きを好ましく思っていなかった先生が何人かいたことなど、約10年の時を越えた真実を語り伝えると、
彼らは口々にこう話してくれた。

「僕らにとっては、ギターの集まりは本当にうれしかった。
あの頃は本当に充実していた。あの集まりがあったから、
今の自分がある。そういってもいいくらいだ。」
そのうちの一人は、当時の活動をきっかけにバンドをはじめ、今もバンドを続けているという。
「先生との出会いがあって今の自分がある」
 
こんな言葉を聞くと、本当に教師という仕事がやめられなくなる。



1
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ