road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ヤンキー母校へ帰れ

先日、教育再生会議が第一次報告を決定。
その中で「ゆとり教育を見直し」、「授業時数を10%増やす」ことが掲げられた。
まったくナンセンスだ。
これが実現されれば、夏休みの短縮・平日7時間授業・遠足や運動会など子どもにとって大切な行事の廃止または縮小・・・などの事態が予想される。そうなればますます学校や子どもの状況が悪化することは現場を知るものなら容易に予測がつく。
現在でもゆとりのない子どもや教師の実態を、いったい彼らはわかっているのだろうか?

元教師、ヤンキー義家が教育再生会議の広告塔となり、テレビに頻繁に出演している。
「ゆとり教育によって学力が低下した」とヤンキーらは主張する。
その根拠とされるのは、2003年に中学3年生を対象として実施されたOECDの学力調査である。2000年に比べて日本の順位が大きく下降したことだ。これを、ゆとり教育が原因だというのだ。

現場にいるものは「おいおい、ちょっとまてよ」と思う。
だって、ゆとり教育・教育内容の削減を打ち出した学習指導要領が完全実施されたのは、2002年からだったじゃないか!つまり、学力が低下したとされる2003年の中三生は、実は「ゆとり教育」以前の教育で育った世代なのだ。
意図的に事実をねじまげ、学力低下=ゆとり教育が元凶とねつ造し、マスコミを通じて何も知らない国民を洗脳する。「あるある」もびっくりの手口だ。

「学力向上を」というなら、何故、そのOECDの学力調査で総合世界第1位のフィンランドを手本として改革しようとしないのだろう?
現在の日本の授業時間よりさらに少ない授業時数で、真のゆとり・教師と学校の自主性の尊重・競争ではなく教えあい、助け合う教育観・高校の給食費まで無料という手厚い教育予算etc・・・が実現させた学力世界一の国から、我々が学ぶべき事はたくさんあるだろう。
(実は、フィンランドの現在の教育こそ、日本の旧教育基本法から学んだものであり、日本でその命を奪われた法の精神の現実化なのだが・・・)

ヤンキーよ!あなたが権力にすりより、彼らの広告塔に成り下がり、教育破壊に手を貸している姿を見るのがとても悲しくつらい。きっと余市の先生たちはもっと辛い思いをしていることであろう。
ヤンキーよ、母校にかえれ!


0
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
教育再生会議の第1次報告に関する社説がすべて教育基本法改正情報センターに出ています。見出しだけ転載します。

山内さんからさわやか福祉財団の提言についてお知らせいただきました。
こちらに記者会見の写真入で出ています。

以下見出しの転載です。
--------------...
AutoPage最新お知らせ