road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

イラク戦争とはいったい何だったのか?

明日、イラク侵略戦争開戦3周年の日を迎える。

今もなおたくさんのイラク国民が殺され続けている現状は、いったい誰によってもたらされたものなのか?その責任を誰がどのように負うのか?
その事をまともに追及するマスコミは、残念ながら皆無といっていいほどの情けないこの国の現状だ。

名前を呼ぶことに対してすら嫌悪感を覚えるこの国の首相は、民主党の誰それという若造のことを「ガセネタによる質問をした」とやりこめたが、「ガセネタ」によってアメリカによる侵略戦争を支持して、少なくとも3万もの罪のない人々を死に至らしめるのに手を貸したのは、他ならぬ彼であった。
「大量破壊兵器は存在する。戦争は必要である。」と、ガセネタをもとに断定し言い放った彼は、その自らの罪をいまだに認めようともしない。
彼もまた、戦争犯罪人としてブッシュやブレアとともに追及されねばなるまい。追及するのは日本の国民の、世界に対して果たさなければならない責任なのではないだろうか?
「メール問題」で内閣支持率がUP?などという事は、理性的な国においてはありえない現実だ。
自衛隊は今、イラクで何を、何のためにしているのか?それを理解している国民は皆無に近いであろう。その事を問題にするメディアも存在しないまま、税金だけが投入され続ける。アメリカが戦争するときには、日本の軍隊も参加するのだ・・・という既成事実だけが創られていく。
だが彼らにとっての障害がひとつ・・・それは、平和憲法の存在だ。ああ、憲法9条さえ骨抜きにできれば、日本の軍隊に戦わせることだって出来る。日米の財界、「死の商人」のもうけために、アメリカ人ではなく日本人に血を流してもらうことだって出来る。

今日、イラクに派兵した国を控訴するための手続き(弁護士への委任状)を終えた。
1
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ