road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

チャレンジ

「もっと○○を出来るようになりたい」という旺盛なチャレンジ精神。
子どもたちを見ていると感動させられることが多い。

「1から19まで、一つ飛ばしで出来るだけ速く数えてみよう」と一年生達に挑戦させる。最初は言い間違えたり、30秒もかかったり・・・でも彼らは挑みかかる。
そのうち、「おうちで4時間練習したよ!」(本当?)って云う子が現れて、現実に彼女は12秒というタイムを記録する。
やがて(きっとみんな一生懸命になって負けじと練習したことだろう)、ほとんどの子が6秒以内に云えるようになり、ついには2秒で云える子達も次々と出現した。
可能性を現実性に変える、子ども達のもつエネルギーは本当にすごい・・

さて、僕も負けじと昨日「はじめてのマラソン」に挑戦した。
たった10kmのコースだったけれども、僕にとっては不安いっぱいのチャレンジだった。でも挑戦することは、わくわく・ドキドキという心地の良い緊張感を僕にくれた。
今まで1.5kmが屋外で走ったことのある最長距離だった。
3年ほど前から室内のランニングマシンで走ってきたものの、最初の頃は時速7kmの20分でグロッキー。距離にしてわずか2kmそこそこしか走れなかった・・・
たばこをやめ、週一日のランニングを続け、そしてついに昨日10kmを完走できた。
「人間は変わる。人間のもつ能力は自らの挑戦によって伸びてゆく。」
そのことを己の身をもって知らされた体験となった。

マラソン大会の参加者には70才を越える高齢の方々もいた。僕より速く走ってゴールした年上の方は何人もいた。「可能性に限度はない」っていう事を教えられた。まだまだ自分の可能性にチャレンジしていきたい。そんな気持ちに目覚めさせられた昨日の「挑戦」だった。
0
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ