road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2010
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

高円寺散策〜その2


人気のパン屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

元気な八百屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧の通り、道幅が狭く歩行者がゆったりと歩ける道が長く続く。
自動車にとっては不便このうえない。
だが、そこに商店街が今も元気な訳があるのではないだろうか?

三浦展氏は魅力ある街のポイントのひとつとして、「歩けること」をあげている。
彼の言葉を借りよう。

「吉祥寺・下北沢・高円寺といった街には車があまり通らない。
車の多い幹線道路は街の中心から外れている。代官山・自由が丘もそうだ。
道は概して狭く、街路が入り組んでいるので、あたかも梅の枝のように微妙に曲がり、
分岐しながら、ラビリンス的な魅力を生み出している。
こういう魅力は、郊外のロードサイド空間にはまったくないものだ。
道が広くてまっすぐでなければならないというのは、コルビュジェ以来の近代主義的都市計画の陥った誤りだ。コルビュジェは「まっすぐな道は仕事の道だ」と言った。
たしかにまっすぐな道のほうが仕事ははかどる。生産的で効率的である。
だが、コルビュジェも言っているように、曲がった道のほうが絵画的であり、休息に適している。
その意味で、広い道をつくって、その沿道に大きなショッピングセンターをつくるのが都会的だと思うのは間違いである。・・・自動車という交通手段は街をつくらない。
人々は道から道へ移動し、道沿いの店に立ち寄るだけだから、店と店が有機的に結びついて、ひとつの街を形成するということにならないのだ。だから、郊外には茫洋と広がる空間しか生まれない。」


高円寺の魅力とそのわけ。次回につづく・・


2
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ