road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2010
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

人間疎外の時代に

17歳の高校生らが、83歳のお年寄りの体に何発も花火を打ち当てて大やけどさせたというニュースをみる。
どうにもこの事実、そこはかとなく暗く、そして限りなくおぞましい。
暗澹たる気持ちを抱えたまま私は思考する。

いまや哲学は、こんな現実に対しても顔をそむけずに面と向かいその意味を解き明かす力をもたなければ、存在意味すら持たぬ時代となったように思う。

考えるためのヒントをK・マルクスの「人間論」・「疎外論」が与えてくれているようにずっと思ってきた。
以下、私ながらの解釈。

人間は、労働することによって、労働の対象に、その完成した姿に人間性の豊かさをあらわしてきた。
それは「人間力の外化」ともいえるものであり、人間という類の本質とも関わる人間の営みである。
人間はその力を、外化することによってしか発展させることはできなかったのだ。
しかし、外化された人間の本質は独自に発展をとげる。
そして、当の人間の圧倒的多数が労働者として、外化されたちから(=資本)に支配されるまでに展開されるにいたる。

これが人間の疎外だ。
そもそも人間の本性が発現したものによって人間が支配され空虚にされていくのだ。

現代は、人間が根底から徹底的に疎外された状態にいたった時代ともいえるのだろう。
精神的に空虚になり、人間的な力と人間性の本質を失った存在としての人間。
この国では特にいっそう鮮烈に現象化しているのではないだろうか。

どのようにしてこの矛盾は展開されるのだろうか?
人間の外の世界において対象として展開された富の豊かさ。
それに対して外部の世界が豊かになるほど進む、人間の内部の世界(精神)の空っぽさ。

やはり人間が、対象的に展開しますます豊かになった富を、再び自らのものとすることにしか矛盾が止揚される場所はない。
その時のために人間の疎外はあったのだ。

疎外されてからっぽとなり、お互いがきり離された人間たちが、ぎりぎりのところで再び手を結びあい、外にあった世界を自分の豊かさとして取り込むこと。
自分のために、自分のものとして所有するという一面性を超えて、ただ単に人間として豊かになるために享受すること。

10代の子どもに何かを要求する前に、まず自らが率先して行動すべし。
10代の若者の心の問題として現れて進行している事態の本質を深くうけとめ、生き方を問い直す大人たちが増えること。
それこそが歴史の要請なのだろうと思う。
0
タグ: マルクス 疎外 哲学
投稿者:eudaimonia

高円寺散策〜最終回

行列が出来ていた肉屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

あれこれとまちづくりについて考えながら歩く。

すると・・・
街の駅を発見。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら朝早くだったので中に入れなかったけれど、
たまたま建物の前にいた方にお話をうかがった。

「若い人もいればお年よりもいる。それがこの街の魅力だ」

そんな話をしていただいた。

三浦展「ファスト風土化する日本」の以下の一節を思い浮かべた。

「吉祥寺・下北沢・高円寺といった街には、ロック少年もいればサラリーマンもいる。
商店街のおばあちゃんもいればアーティストもいる。・・・金持ちもいれば貧乏人もいる。年齢、職業、価値観、生き方などが多様なのである。
こうした異質な物、人の混在した状況は、一億総中流の均質な家庭や郊外化した地域、画一的な教育のなかで育った若者にとっては非常に新鮮に見えるし、それだけでなく、同調圧力の強い郊外のなかで感じていたストレスを解消する効果がある。
高円寺に来て、「こここそが私の街だ!」と直感して引っ越してきたという郊外や地方出身の若者に、私は何度も会ったことがある。」

「・・いま若者のなかに職住が一致した商店街を好む傾向が強まっている。
畳屋とか豆腐屋とか、働く人の姿が見えて、しかもそれが生活の場でもある、まさに生業(なりわい)の風景が若い世代の心を引きつけている。・・
「高円寺は普通のおばあちゃんが街でお豆腐を買っていたりするから好き」と、
ある郊外住宅地出身の女性は私に話してくれた。彼女の実家付近には、普通のおばあちゃんがいないのだろうか?
畳屋の隣に雑貨屋ができ、豆腐屋の隣にレコード屋、カフェができる。
都市の隙間に若者が入り込める、関与する余地がある。
そして、そこに若者の新しい生活ができてゆくのだ。
それこそがコミュニティーを促進する街だといえる。」


そういえば、古くからの店の並ぶ隙間の空き店舗に、新しく個性的なタイプの居酒屋の新装工事がやられていたのを思い出した。
2
投稿者:eudaimonia

高円寺散策〜その2


人気のパン屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

元気な八百屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧の通り、道幅が狭く歩行者がゆったりと歩ける道が長く続く。
自動車にとっては不便このうえない。
だが、そこに商店街が今も元気な訳があるのではないだろうか?

三浦展氏は魅力ある街のポイントのひとつとして、「歩けること」をあげている。
彼の言葉を借りよう。

「吉祥寺・下北沢・高円寺といった街には車があまり通らない。
車の多い幹線道路は街の中心から外れている。代官山・自由が丘もそうだ。
道は概して狭く、街路が入り組んでいるので、あたかも梅の枝のように微妙に曲がり、
分岐しながら、ラビリンス的な魅力を生み出している。
こういう魅力は、郊外のロードサイド空間にはまったくないものだ。
道が広くてまっすぐでなければならないというのは、コルビュジェ以来の近代主義的都市計画の陥った誤りだ。コルビュジェは「まっすぐな道は仕事の道だ」と言った。
たしかにまっすぐな道のほうが仕事ははかどる。生産的で効率的である。
だが、コルビュジェも言っているように、曲がった道のほうが絵画的であり、休息に適している。
その意味で、広い道をつくって、その沿道に大きなショッピングセンターをつくるのが都会的だと思うのは間違いである。・・・自動車という交通手段は街をつくらない。
人々は道から道へ移動し、道沿いの店に立ち寄るだけだから、店と店が有機的に結びついて、ひとつの街を形成するということにならないのだ。だから、郊外には茫洋と広がる空間しか生まれない。」


高円寺の魅力とそのわけ。次回につづく・・


2
投稿者:eudaimonia

高円寺散策〜その1

8月7日、東京杉並区を散策した。

まずは高円寺。

この街のことは、三浦展さんの「ファスト風土化する日本」を読んで知った。
若者に人気がある大変に魅力的な街だと紹介されており、
常々歩いてみたいと思っていた場所である。

駅を降りるとさっそく商店街のアーケードが見つかった。

クリックすると元のサイズで表示します

「純情商店街」という名前が素敵だ。

土曜日の朝だというのに沢山の人が商店街を歩いていた。
歩いている人が多いから街に活気を感じる。
店もシャッターを閉じたままのところはなく、
ほとんどの店が活き活きと動いている。
人の生活の息遣いを感じる街だ。

クリックすると元のサイズで表示します

本で読んだ通りだった。
わが町とは、ずいぶんと様子のちがうものだ。

この街の元気の秘密を探るべく、もう少しこの街を歩いてみた。

(つづく)
3
投稿者:eudaimonia

日本の常識、世界の非常識

「日本の大企業は内部留保をため込みすぎ。」
「設備投資をしないくせに、現金をたんまりとため込んでいる大企業が増えている。」
「この金を、従業員の賃金アップで吐き出しなさい。」
「そうすれば消費拡大につながる。」


Q、これは誰の発言でしょう?


A、まるで日本共産党の志位さんが言うようなこの発言、
  実はフランス大手金融グループのチーフエコノミストのお言葉なのです。

企業の預金残高は昨年末の時点で209兆円に達しているという。
設備投資にも使われず、遊休状態にある大金。
この有り余るほどのお金を、今こそ労働者に還元し、生活を潤し、需要を拡大し、景気拡大につなげなさい・・という至極まっとうな正論。

事実をありのままに知り、筋道をたてて考えればだれだってこの正答にいきつくはずなのだが・・
残念ながらこの国では、こんな当たり前のことが常識的な意見とならず、
「企業の国際競争力をあげるためにさらに法人税を下げてやりなさい」
が、政界・官界・マスコミの「常識」になってしまっているようだ。

「そんなことしたって、役員報酬やら株の配当やら内部留保(ため込み)が増えるだけだよ」
と、当たり前のことが言える人間は、共産党以外ではもう外国人しかいないのか?

残念なことに「王さまは裸だ」と言ったこのフランス人の指摘はごくわずかしか報じられなかった。

民主党代表選挙一辺倒の報道の裏で、報じられるべき事柄が日々葬られている。

資料:日刊ゲンダイ

0
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ