road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2010
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

悲しみの受け止め方

自分をギリギリのところに追い込んでいた頃があった。
笑うことを忘れた・・というよりも拒否していた。
人とつながりあうことを拒否していた。
自分の居場所が、この世界にはないと感じていた。
そうして僕は世界のすべてを拒絶した。

そんなころ、長渕が「RUN」というドラマの撮影現場で暴れまわっていた。
そのドラマ「RUN」のセリフのひとつひとつが胸に響いてやまなかった。
同じ頃、アルバム「キャプテンオブザシップ」を衝撃とともに聴いた。
一つ一つの歌の歌詞が、メロディーがこの胸に響いてどうしようもなかった。
たとえそれが薬の作用によってつくられたのだとしても、その事実は動かない。

あとから気づいた。剛の心が荒んでいたわけが。
「マザー」を聴けば答えはそこにあった。
結局、僕も剛も悲しみをどう受け止めてよいかわからず、必死にもがいていたんだって思う。

さっき、NHKで放映された「認知症一行詩」という番組を見て、思い出してしまった。

http://www.youtube.com/watch?v=l_sEgiOCgAE&feature=related


0
タグ: 長渕  マザー
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ