road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2010
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「共に生きる」という思想

本日、大須観音「節分会」に参加した。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの豆まきでは、「鬼は外」とは決して言わない。
ただひたすらに「福は内」をくりかえす。

この観音さまのご慈愛に照らされる地域では、
「鬼」は排除の対象ではなくともに生きる愛すべき存在なのだ。
そこに、ブッシュ流の「敵か味方か」の二項対立はない。
自分とは異なる存在を受容する文化が、昔からこの地域には育まれていたのである。

それは、映画「おとうと」に共通する思想。
僕がこの映画にいたく感動するわけもこのあたりにある。
一見誰にも役立たず、社会にも利益をもたらさず、
トラブルばかりをもたらす「鉄郎」・・
その存在をまるごとあたたかく包み込み、
人間として尊重しようとする義理の兄の人間観。
その亡き夫の言葉に教えられ、その鉄郎を受容するがゆえに悩みもがく姉。
しかし、その姉が苦悩のすえに「おとうと」から得たものの巨大さ。
誠実に生き、苦悩をつきぬけて得た感動。

「幸せ」とは何か・・
山田監督がこだわり続けてきたテーマのひとつの結論が、そこにあるように思う。


2
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ