road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2008
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

批評家ではなく実践の人たらん

哲学者たちは世界をたださまざまに解釈してきただけである。
肝腎なのはそれを変えることである。

カール・マルクス「フォイエルバッハにかんするテーゼ」第11テーゼより

クリックすると元のサイズで表示します

マルクスが「フォイエルバッハにかんするテーゼ」において、
フォイエルバッハをはじめとするそれまでの唯物論者の世界観があまりに客体的・観照的であったことを批判して、対象や現実を実践的かつ主体的に把握する必要性を説いたことばである。

この言葉とはじめて出会ったのは19才のころだった。
当時の私は、この言葉をそれこそ「客体的」かつ「観照的」にながめ、そして読み流していた。
しかしその後の人生経験の中で、私のこころのなかでこの言葉の意味するところのことが次第に重みを増していった。

明日でイラクへの侵略戦争開戦から5年を迎える。
ちょうど5年前の3月20日の夜のことだ。
アメリカの侵略と小泉政権のそれへの追随に猛烈に抗議して、寒空の下、ハンガーストライキをしていた人々のことを私は決して忘れない。
何らかの抗議行動をしたいと切望していた私は、その人々とともに座りこむことにした。教会の牧師さん、教会につどう人々、その教会に命を救われたホームレスの人々。
だれもかれもが真剣だった。通行人に戦争を止めようと訴え、これから殺されてゆこうとするイラクの子ども達のために懸命に祈っていた。
彼らの姿に、「世界は解釈したり批評するものではなく変えるものである」という言葉を思い浮かべた。マルクスは無神論者であるから、皮肉なことではあるけれど・・・

昨日たったひとりで役所に出かけ、地方議会の事務局に陳情を行った。その他大勢としての陳情ではなく自らが主体となって行った陳情としては、人生初めての体験であった。
その内容は、地元の公共施設の管理を民間委託しようとする自治体への苦言である。
「民間活力の導入」という名のもとに公共サービスが解体されようとしていることについては、これまでさまざまな人に対して論を主張してきたが、行政当局を「変える」ための具体的行動はこれが初めてのこととなった。

ただ世界を解釈するのではなく世界を変えるための行動を。
これからも自らに課していこうと思う。


0
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ