road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2007
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「改憲国民投票法」マスコミへの要請

世間的には、そこはかとない奇妙な静けさ。
この国の報道では、すでに事の軽重が逆転し、大きく報じられもしない事象に我々の運命が託される。
そして、依然として水面下でのせめぎあいが続く。
護憲派・平和主義者であっても、ことの重大性・緊急性に気づかないでいる仲間は多いであろう。
ネットを通じて、あるいは口コミで、事態が切迫していることを知らせていきたい。

マスコミ人もきっと多様であり、批判を浴びせかけるだけでは忍びないが・・・
たとえば某公共放送局には以下のような意見を送り届けた。

報道スタッフの皆様。いつも番組を見させて頂いております。ありがとうございます。
ところで、憲法改正国民投票法案について何か掘り下げた報道、これまでありましたか?
どんな法案なのか?議論の焦点はどこなのか、あなたたちには伝える義務があるのではないでしょうか?
この国の国民にとって、ものすごく重要な法案ですよ。わかっていますか?
私には、とっても疑問です。
こんな大切なことを伝えようともせず、高い受信料をとって、おまけに不払いの者には法的手段ですか?
笑っちゃいますよ。あなたたち、良心はいたみませんか?


マスコミを動かすこと。改憲を志向する政治家の良心に何ら期待は持てないが、
マスコミ関係者の良心にはまだ期待をもっている。
0
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ