road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2007
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

王様は裸だった

イラク戦争が間違った戦争であったことが誰の目にも明らかとなった。
少し前の事になるが、久間防衛省がブッシュ政権の開戦判断を「間違っていた」と批判したのは、「王様は裸じゃないか・・」といった子どもの発言に近いものと僕は受け取った。
つまり、素朴で正直で、真理を突いた発言ということである。
(マスコミの一部は、これを「失言だ」として柳沢発言と同一視し、「内閣のタガのゆるみの現れである。」などと言っていた。それには、ほとほと呆れてしまった。その程度の見識の記者達が記事を書く某新聞社なども、安倍内閣と同じく、タガが緩みっぱなしと思えるが・・・)

イラク戦争開戦の年、僕はある高校で講師として教壇に立っていた。
その年の冬、外務省の官僚があちこちの学校を廻って講演会を行う企画があり、
僕の勤務する学校においてもそれが催された。
やってきたエリート官僚は、全校生徒を前にして、与えられた時間のほぼすべてを使って、「イラク戦争がいかに正しく、必要な戦争であったか」その事だけを話し続けた。
「何のための講演会?」と疑問を持っていた僕であったが、その時にはっきりと悟った。
その正体は、政府による「戦争への荷担の言い訳説明会」
いやむしろ、若い世代をターゲットにした「戦争遂行肯定マインドコントロールの会」ともいえる代物だった。
それに使われた税金も、決して安いものではなかっただろう・・・

実は前日、生徒会長から相談を受けていた。
「(外務官僚に)何か質問してほしいと言われているのだけれども、どんなことを聞けばいいのだろうか?」と。
僕は「自分が一番知りたいこと、疑問に思っていることを率直に聞けばいい」とアドバイスして、授業でとりあげたイラク戦争についての生徒達の感想文を渡した。

「何の罪もない人が殺されている。どんな理由があってもそんな戦争が認められていいはずがない。」と彼女は質問に立ち、切り出した。
そして、「17才の感性」達が受け止めたイラク戦争に対しての生の言葉を紹介しはじめた。それは圧倒的に、命を否定する戦争を憎み、いまわしく思う言葉の数々だった。
壇上の外務官僚は、その言葉の力に明らかにたじろぎ、うろたえながらも、なお、
「大量破壊兵器をもった国を放置できない」「フセインはテロリストと結びついている」「世界の警察の役割をアメリカが果たした」「国連も決議したのだ」・・・
などと、当時ですらわかっていた明らかなウソを平然とついていた。(高校生達があまり知識がないことをいいことにして)
日本の税金を使ったブッシュ政権のスポークスマン・・・あまりにも惨めすぎる彼の姿だった。

あれから3年。
歴史は確かに、真理の所在・正義の所在を明らかにしつつある。
そう、最初っから王様は裸だったのだ!








0
投稿者:eudaimonia
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ